HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2016/04/17

Raspberry Pi 3 Model Bに HDMI接続の 800x480 5インチ TFT液晶を接続して使用する方法 Raspberry Pi 3 Model Bに HDMI接続の 800x480 5インチ TFT液晶を接続して使用する方法

(ラズパイ3に 5インチ HDMI液晶を接続してタッチパネル機能を有効にする方法、ダウンスケーリングして擬似的に広くする方法。)

Tags: [Raspberry Pi 3], [電子工作]






● Raspberry Pi 3 Model B

 Raspberry Pi3 Model B RPI2 RPI3

 大人気の CPUボードの Raspberry Piに WiFiと Bluetoothが搭載されたモデルが新発売となりました。
 以前から Raspberry Pi 2を買おうかどうか迷っていましたが、Raspberry Pi 3 Model Bの発売を機に購入を決意してラズベリアンになる事にしました。

 ※ ラズパイの OS Raspbianはバージョンが上がる毎に過去の版と OSの内部の作りが変わり、過去に書かれた製作記事(例えば Raspbian Wheezyの時代の記事)がそのままではエラーが出たりして動かない事が有ります。
 ※ 当方のホームページのラズパイ記事は全て Raspberry Pi 3 Model Bと Raspbian Jessieの組み合わせで動作確認をしております。


● 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ(感圧式タッチパネル搭載 XPT2046 SPI接続)

 5inch HDMI LCD V2 800X480 Pixel XPT2046 Touch Controller
 AA1031-5 5.0インチ 4線式抵抗膜タッチスクリーンデジタイザ
 XPT2046タッチパネルコントローラ(SPI接続, PENIRQ=GPIO25, CE1=GPIO7)
 バックライト消費電流 30mA



cocopar Raspberry Pi 7インチLCD  ラズベリーパイ ディスプレイ display 800*480  TFT モニター +2AV HDMI VGA付き コントローラー ボード+リモコン+五つボタン付きスイッチ
ASIN: B00XIJWZ08

Raspberry Pi 2 Model B Quad Core for Raspberry Pi Model (B+) 5インチ タッチスクリーン 800x480 Hdmi 入力 スタンド ケース付き
ASIN: B017YPFRHO

cocopar 5 インチIPSハイビジョンLCD ディスプレイ タッチパネル
ASIN: B00WGVL4R4

cocopar Raspberry Pi (1024*600)ラズベリーパイに適応する7インチHDMI ハイビジョン LCDディスプレイ USBコンデンサータッチモニター 液晶パネル スクリーン
ASIN: B016NSV6R8


● 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ(感圧式タッチパネル搭載 XPT2046 SPI接続)

 /boot/config.txtを編集する。

$ sudo nano /boot/config.txt
# 5inch HDMI LCD with Touch Panel XPT2046
# uncomment if hdmi display is not detected and composite is being output
hdmi_force_hotplug=1

# uncomment to force a specific HDMI mode (here we are forcing 800x480!)
hdmi_group=2
hdmi_mode=87
hdmi_cvt=800 480 60 6 0 0 0

framebuffer_width=800
framebuffer_height=480

# 5inch HDMI LCD with Touch Panel XPT2046(SPI, IRQ=GPIO25, CE1)
# タッチパネル用に SPIを有効にする
dtparam=spi=on
dtoverlay=ads7846,penirq=25,speed=10000,penirq_pull=2,xohms=150
dtoverlay ads7846の詳細
# 下記の設定は無くても大丈夫っぽい
framebuffer_ignore_alpha=1
framebuffer_swap=1
disable_overscan=1
framebuffer_ignore_alphaは半透明関係の設定?
framebuffer_swapは画面の色が変な時の設定? directfbで描画が変になる時用。Windows BGR compatible
disable_overscanは??? Disable overscan? HDMI信号のタイミングに関係するのかな?

# 下記に変更すると 800x600を 800x480の領域にダウンスケーリング(間引き、圧縮)して表示する
framebuffer_width=800
framebuffer_height=600

# アスペクト比保持で横幅も圧縮されるので、相対的に画面の左右に大幅に余白が出来る。800x480の領域に 800x600を縦だけを圧縮表示する方法は不明。hdmi_timingsの設定を使えば出来るかな?
hdmi_timings=<h_active_pixels> <h_sync_polarity <h_front_porch> <h_sync_pulse> <h_back_porch> <v_active_lines> <v_sync_polarity> <v_front_porch> <v_sync_pulse> <v_back_porch> <v_sync_offset_a> <v_sync_offset_b> <pixel_rep> <frame_rate> <interlaced> <pixel_freq> <aspect_ratio>
# 下記に変更すると 1280x768を 800x480の領域にダウンスケーリングして全画面に表示する
framebuffer_width=1280
framebuffer_height=768
/boot/config.txtの指定解像度ダウンスケーリング
(間引き、圧縮)
全画面表示スケーリング率
framebuffer_width=800
framebuffer_height=480
800 x 480無し1
framebuffer_width=960
framebuffer_height=576
960 x 576有り1.2
framebuffer_width=800
framebuffer_height=600
800 x 600有り×
左右に大幅に余白領域
1.25
framebuffer_width=1000
framebuffer_height=600
1000 x 600有り1.25
framebuffer_width=1120
framebuffer_height=672
1120 x 672有り1.4
framebuffer_width=1200
framebuffer_height=720
1200 x 720有り1.5
framebuffer_width=1280
framebuffer_height=768
1280 x 768有り1.6
framebuffer_width=1600
framebuffer_height=960
1600 x 960有り2
framebuffer_width=2400
framebuffer_height=1440
2400 x 1440有り×
左右に微妙に余白領域
3

 タッチパネルキャリブレーション(X Window System)
$ sudo mkdir /etc/X11/xorg.conf.d
$ sudo nano /etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf
Section "InputClass"
    Identifier    "calibration"
    MatchProduct    "ADS7846 Touchscreen"
    Option    "Calibration"    "141 3990 154 3971"
    Option    "SwapAxes"       "0"
EndSection
 ※上記の "Calibration" "141 3990 154 3971"は私の場合の校正値

 タッチパネルの長押しで右クリック動作にする場合は水色の行を追加する。
 ※ 750なので 0.75秒の長押しで右クリックになる。
 ※ 750を 3000にすると 3秒の長押しで右クリックになる。
Section "InputClass"
    Identifier    "calibration"
    MatchProduct    "ADS7846 Touchscreen"
    Option    "Calibration"    "141 3990 154 3971"
    Option    "SwapAxes"       "0"

   # Emulate Right click when holding down 750ms .
   Option "EmulateThirdButton" "1"
   Option "EmulateThirdButtonTimeout" "750"
   Option "EmulateThirdButtonMoveThreshold" "30"
EndSection

 ラズパイのアップデート、最新の状態にしてから、
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get -y upgrade
$ sudo apt-get -y dist-upgrade

 タッチパネル校正アプリのインストール
$ sudo apt-get -y install evtest tslib libts-bin

$ sudo evtest /dev/input/touchscreen
evtest: No such file or directory
 ※ Raspbian 2016-03-18版では上記の /dev/input/touchscreenの指定はエラーになる

 /dev/input/event2を指定する(左記は私の環境の場合、event2の数字はデバイス接続の状態により異なる)
$ sudo evtest /dev/input/event2
 または引数無しで起動するとデバイス一覧が出るので ADS7846 Touchscreenを選択する
$ sudo evtest
No device specified, trying to scan all of /dev/input/event*
Available devices:
/dev/input/event0: MOON AND
/dev/input/event1: USB2.0 PC CAMERA
/dev/input/event2: ADS7846 Touchscreen
Select the device event number [0-2]: 2
Input driver version is 1.0.1
Input device ID: bus 0x0 vendor 0x0 product 0x0 version 0x0
Input device name: "ADS7846 Touchscreen"
Supported events:
Event type 0 (EV_SYN)
Event type 1 (EV_KEY)
Event code 330 (BTN_TOUCH)
Event type 3 (EV_ABS)
Event code 0 (ABS_X)
Value 2652
Min 0
Max 4095
Event code 1 (ABS_Y)
Value 1931
Min 0
Max 4095
Event code 24 (ABS_PRESSURE)
Value 0
Min 0
Max 65535
Properties:
Testing ... (interrupt to exit)

Properties:
Testing ... (interrupt to exit)
Event: time 1460547648.276575, type 1 (EV_KEY), code 330 (BTN_TOUCH), value 1
Event: time 1460547648.276575, type 3 (EV_ABS), code 0 (ABS_X), value 2296
Event: time 1460547648.276575, type 3 (EV_ABS), code 1 (ABS_Y), value 2158
Event: time 1460547648.276575, type 3 (EV_ABS), code 24 (ABS_PRESSURE), value 65434
Event: time 1460547648.276575, -------------- EV_SYN ------------

 タッチパネルの校正
$ sudo TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/event2 ts_calibrate
xres = 800, yres = 480
Took 17 samples...
Top left : X =  397 Y =  563
Took 47 samples...
Top right : X = 3746 Y =  576
Took 54 samples...
Bot right : X = 3746 Y = 3555
Took 22 samples...
Bot left : X =  361 Y = 3563
Took 41 samples...
Center : X = 2076 Y = 2067
-31.928101 0.207891 0.001256
-22.264099 -0.000093 0.127109
Calibration constants: -2092440 13624 82 -1459100 -6 8330 65536

 タッチパネルのタッチテスト(タッチで画面に絵を描ける)
$ sudo TSLIB_TSDEVICE=/dev/input/event2 ts_test

 タッチパネルの校正 X Window System用
$ sudo apt-get -y install xinput-calibrator

 校正ファイルを削除
$ sudo rm /etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf

 タッチパネルの校正 X Window System用
$ xinput_calibrator
 校正後にコンソール画面に出た内容を
/etc/X11/xorg.conf.d/99-calibration.conf
 にテキストファイルで保存する。
 ※前述の "Calibration" "141 3990 154 3971"は私の場合の校正値

 ラズパイのターミナルから実行する必要が有る。ターミナル接続からの起動は Unable to connect to X serverのエラーになる。
$ xinput_calibrator
Unable to connect to X server



● Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイお手軽解像度変更

 HDMI接続 液晶ディスプレイお手軽解像度変更、画面解像度切り替えスクリプト

$ nano sel.sh
$ chmod +x sel.sh
$ ./sel.sh

sel.sh
#!/bin/bash

# Raspberry Pi HDMI Display Resolution Changer
# http://www.neko.ne.jp/~freewing/
# Copyright (c) 2016 FREE WING,Y.Sakamoto

echo Now Display Resolution
CMD="grep ^framebuffer_ /boot/config.txt"
eval ${CMD}

echo Select Display Resolution
sel1=" 800 x 480"
sel2=" 960 x 578"
sel3="1000 x 600"
sel4="1120 x 672"
sel5="1200 x 720"
sel6="1280 x 768"
sel7="1600 x 960"
sel8="2400 x 1440"
sel9="Exit"

select ANS in "$sel1" "$sel2" "$sel3" "$sel4" "$sel5" "$sel6" "$sel7" "$sel8" "$sel9"
do
  if [ -z "$ANS" ]; then
    exit
  else
    break
  fi
done
echo You selected $REPLY\) $ANS

    # 分岐
    case $REPLY in
     1)
      W="800"
      H="480"
      ;;
     2)
      W="960"
      H="576"
      ;;
     3)
      W="1000"
      H="600"
      ;;
     4)
      W="1120"
      H="672"
      ;;
     5)
      W="1200"
      H="720"
      ;;
     6)
      W="1280"
      H="768"
      ;;
     7)
      W="1600"
      H="960"
      ;;
     8)
      W="2400"
      H="1440"
      ;;
     *)
      exit
      ;;
    esac

    # 解像度を設定
    CMD="sudo sed -i -e \"s/^framebuffer_width=.*/framebuffer_width=$W/g\" /boot/config.txt"
    printf "$CMD\n"
    eval ${CMD}
    CMD="sudo sed -i -e \"s/^framebuffer_height=.*/framebuffer_height=$H/g\" /boot/config.txt"
    printf "$CMD\n"
    eval ${CMD}
    # 再起動
    CMD="sudo reboot"
    printf "$CMD\n"
    eval ${CMD}

動作例:
$ ./sel.sh
Select Display Resolution
1) 800 x 480 3) 1000 x 600 5) 1200 x 720 7) 1600 x 960 9) Exit
2) 960 x 578 4) 1120 x 672 6) 1280 x 768 8) 2400 x 1440
#? 6
You selected 6) 1280 x 768
sudo sed -i -e "s/^framebuffer_width=.*/framebuffer_width=1280/g" /boot/config.txt
sudo sed -i -e "s/^framebuffer_height=.*/framebuffer_height=768/g" /boot/config.txt
sudo reboot



● Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ(感圧式タッチパネル搭載 XPT2046 SPI接続)

・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



● hdmi_groupの設定値
 hdmi_group=1を設定した時(ドット表示が汚くなる)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046


 hdmi_group=2を設定した時(ドット表示がクッキリ綺麗になる)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



●タッチパネルのタッチ座標の校正

・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正


・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046の校正



●ダウンスケール表示
 800x480表示(ダウンスケール率 1)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 960x576表示(ダウンスケール率 1.2)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 1000x600表示(ダウンスケール率 1.25)実用上はこの辺が限界か。
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 1120x672表示(ダウンスケール率 1.4)実用上はこの辺が限界か。
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 1200x720表示(ダウンスケール率 1.5)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 1280x768表示(ダウンスケール率 1.6)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 1600x960表示(ダウンスケール率 2)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046



 2400x1440表示(ダウンスケール率 3)
・Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046
Raspberry Pi 5インチ HDMI接続 液晶ディスプレイ、感圧式タッチパネル XPT2046





 仮想キーボード(スクリーンキーボード)xvkbd編

xvkbd ― X Window System 用仮想キーボード

$ sudo apt-get -y install xvkbd

$ xvkbd -version
xvkbd v3.3

 デスクトップにショートカットを作成
$ nano ~/Desktop/xvkbd.desktop
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=xvkbd
Exec=/usr/bin/xvkbd -compact
Icon=/usr/share/icons/gnome/32x32/devices/keyboard.png
Type=Application
Comment=Virtual, graphical keyboard for X Window System
Terminal=false
Categories=Utility;

 メニューにショートカットを作成(上記のファイルをコピーする)
$ sudo cp ~/Desktop/xvkbd.desktop /usr/share/applications/xvkbd.desktop

 タスクバーにショートカットを作成
$ nano -w ~/.config/lxpanel/LXDE-pi/panels/panel

Plugin {
type = launchbar
Config {
 の中に
Button {
id=~/Desktop/xvkbd.desktop
}
 を追加する。


 トグル動作(起動済みの場合はキーボードを終了して閉じる動作にする)
※下記方法では奇妙な感じで動く?(Matchbox Keyboardと同様にマウスカーソルにグルグルが出たままになる)
$ sudo nano -w /usr/bin/toggle-xvkbd.sh
#!/bin/bash

# This script toggle the virtual keyboard
PID=`pidof xvkbd`
if [ ! -e $PID ]; then
  killall xvkbd
else
  /usr/bin/xvkbd -compact
fi

$ sudo chmod +x /usr/bin/toggle-xvkbd.sh

$ nano ~/Desktop/xvkbd.desktop
 で
Exec=/usr/bin/xvkbd -compact
 を
Exec=toggle-xvkbd.sh
 に書き換える。



 仮想キーボード(スクリーンキーボード)Matchbox Keyboard編

Virtual Keyboard for the Raspberry Pi
GitHub mwilliams03/matchbox-keyboard

※下記方法では正常に動きません。

$ sudo apt-get -y install matchbox-keyboard

$ matchbox-keyboard --h
matchbox-keyboard 0.1
Copyright (C) 2007 OpenedHand Ltd.

 デスクトップにショートカットを作成
$ nano ~/Desktop/matchbox.desktop
 メニューにショートカットを作成
$ sudo nano /usr/share/applications/matchbox.desktop
[Desktop Entry]
Encoding=UTF-8
Name=Matchbox Keyboard
Comment=Matchbox Keyboard
Exec=/usr/bin/matchbox-keyboard &
Type=Application
Icon=matchbox-keyboard.png
Categories=Panel;Utility;MB
X-MB-INPUT-MECHANSIM=True


● Matchbox Keyboardをコンパイルでインストールする方法

※下記方法では奇妙な感じで動く?(マウスカーソルにグルグルが出たままになる)

$ sudo apt-get -y install libfakekey-dev libpng-dev libxft-dev libtool autoconf
$ git clone https://github.com/mwilliams03/matchbox-keyboard.git
$ cd matchbox-keyboard
$ ./autogen.sh
$ make
$ sudo make install
$ cd
$ sudo apt-get -y install libmatchbox1
$ sudo nano -w /usr/bin/toggle-matchbox-keyboard.sh
#!/bin/bash

# This script toggle the virtual keyboard
PID=`pidof matchbox-keyboard`
if [ ! -e $PID ]; then
  killall matchbox-keyboard
else
  matchbox-keyboard -s 40 &
fi
$ sudo chmod +x /usr/bin/toggle-matchbox-keyboard.sh

 デスクトップにショートカットを作成
$ nano ~/Desktop/toggle-matchbox-keyboard.desktop
[Desktop Entry]
Name=Toggle Matchbox Keyboard
Comment=Toggle Matchbox Keyboard
Exec=toggle-matchbox-keyboard.sh
Type=Application
Icon=matchbox-keyboard.png
Categories=Panel;Utility;MB
X-MB-INPUT-MECHANSIM=True

 タスクバーにショートカットを作成
$ nano -w ~/.config/lxpanel/LXDE-pi/panels/panel

Plugin {
type = launchbar
Config {
 の中に
Button {
id=~/Desktop/toggle-matchbox-keyboard.desktop
}
 を追加する。



Tags: [Raspberry Pi 3], [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

大人気の CPUボード、Raspberry Pi 3 Model Bで作ってみよう
大人気の CPUボード、Raspberry Pi 3 Model Bで作ってみよう

  Raspberry Piの開発環境の構築やタッチパネル付き液晶ディスプレイや各種センサーの使い方まとめ

Raspberry Pi3で安定して使える相性の無い microSDカードのまとめ
Raspberry Pi3で安定して使える相性の無い microSDカードのまとめ

  ラズパイ3で安定して使える microSDカードを購入する Teamと SanDiskは絶対に買わない

Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳
Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳

  ラズパイ公式フォーラムの「The Raspberry Pi 3 Model B Q&A thread」の日本語訳

Raspberry Pi 3 Model Bの Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ
Raspberry Pi 3 Model Bの Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ

  ラズパイの Raspbian OSのコマンドラインで使用する便利コマンド、負荷試験や CPUシリアル番号の確認方法等も

Raspberry Pi 3 Model Bをシャットダウンした時に電源が切れたかを簡単に確認する方法
Raspberry Pi 3 Model Bをシャットダウンした時に電源が切れたかを簡単に確認する方法

  ラズパイをシャットダウン操作した時に電源が切れたかを簡単に確認する方法

Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに LEDとスイッチを接続して Lチカする方法
Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに LEDとスイッチを接続して Lチカする方法

  ラズパイ3の GPIOに LEDとスイッチを取り付けて Lチカ実験する方法

Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに LEDとスイッチを接続してシャットダウンボタンを実装する方法
Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに LEDとスイッチを接続してシャットダウンボタンを実装する方法

  ラズパイ3の GPIOにボタンを取り付けて再起動&シャットダウン機能を作成する方法

Raspberry Pi 3 Model Bで Bluetoothを生かしつつシリアル通信を有効にする方法(コンソール通信でログイン可能)
Raspberry Pi 3 Model Bで Bluetoothを生かしつつシリアル通信を有効にする方法(コンソール通信でログイン可能)

  ラズパイ3で Bluetoothと UART通信の両方を使える様にする設定方法のまとめ。

Raspberry Pi 3 Model Bで日本語音声を合成して喋らせる方法(Open JTalk編)
Raspberry Pi 3 Model Bで日本語音声を合成して喋らせる方法(Open JTalk編)

  ラズパイ3で 音声合成システム Open JTalkをコンパイルして、お手軽に日本語の文章を喋らせる方法

Raspberry Pi 3 Model Bに USB Micを接続して日本語の音声認識をする方法(Julius編)
Raspberry Pi 3 Model Bに USB Micを接続して日本語の音声認識をする方法(Julius編)

  ラズパイ3で汎用大語彙連続音声認識エンジン Juliusをコンパイルして使用する方法

Raspberry Pi 3 Model Bで音声合成して喋らせる方法(英語、中国語編)
Raspberry Pi 3 Model Bで音声合成して喋らせる方法(英語、中国語編)

  ラズパイ3で 音声合成アプリを使用してお手軽に英語と中国語の文章を喋らせる方法

Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに 1-Wire通信方式の温度センサー DS18B20を接続する方法
Raspberry Pi 3 Model Bの GPIOに 1-Wire通信方式の温度センサー DS18B20を接続する方法

  ラズパイ3で 1-Wire接続の温度センサー DS18B20を使用する方法

Raspberry Pi 3 Model Bで赤外線受信センサーと赤外線 LEDでリモコン信号を送受信する方法
Raspberry Pi 3 Model Bで赤外線受信センサーと赤外線 LEDでリモコン信号を送受信する方法

  ラズパイ3の LIRC機能を使って赤外線学習リモコン、赤外線リモコン送信で外部機器を制御をする方法

Raspberry Pi 3 Model Bに SPI通信方式の NFCリーダライタ RFID-RC522を接続して NFCタグを読む方法
Raspberry Pi 3 Model Bに SPI通信方式の NFCリーダライタ RFID-RC522を接続して NFCタグを読む方法

  ラズパイ3に NXP MFRC522 RFIDリーダライタを接続して非接触で NFCカードを読み込む方法

Raspberry Pi 3 Model Bに RC-S380 PaSoRiを接続して FeliCaカードを読み込む方法
Raspberry Pi 3 Model Bに RC-S380 PaSoRiを接続して FeliCaカードを読み込む方法

  ラズパイ3に Sony RC-S380 NFCリーダを接続して nfcpyで Suicaを読む方法

Raspberry Pi 3 Model Bの Bluetoothで ブルテザで通信する方法(Bluetooth編)
Raspberry Pi 3 Model Bの Bluetoothで ブルテザで通信する方法(Bluetooth編)

  ラズパイ3に内蔵の Bluetoothで Bluetooth Tetheringを使用して通信環境を設定する方法


[NEW] 2016/09/02
Raspberry Pi 3を無線LANアクセスポイント化 hostapd + isc-dhcp-server編
Raspberry Pi 3を無線LANアクセスポイント化 hostapd + isc-dhcp-server編

  ラズパイを無線LANアクセスポイントにする方法(詐欺サイト+アダルトサイトブロック機能付き)
Raspberry Pi 3 Model Bに形態素解析エンジン MeCabをインストールして形態素解析をする方法
Raspberry Pi 3 Model Bに形態素解析エンジン MeCabをインストールして形態素解析をする方法

  ラズパイ3で オープンソースの形態素解析エンジン MeCabをコンパイルして使用する方法まとめ

Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュールを接続する方法
Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュールを接続する方法

  ラズパイに専用カメラモジュールを接続して Raspbianで写真の静止画撮影や動画を録画する方法

Raspberry Pi 3 Model Bでネットワーク ライブカメラを構築する方法 Motion編
Raspberry Pi 3 Model Bでネットワーク ライブカメラを構築する方法 Motion編

  ラズパイのカメラで遠隔監視カメラ(ネットワークカメラ、ライブカメラ)

Raspberry Pi 3 Model Bで動画処理アプリ FFmpegをコンパイルする方法
Raspberry Pi 3 Model Bで動画処理アプリ FFmpegをコンパイルする方法

  ラズパイ3で FFmpegをセルフコンパイルしてインストールする方法

Raspberry Pi 3 Model Bで動画処理アプリ libavをコンパイルする方法
Raspberry Pi 3 Model Bで動画処理アプリ libavをコンパイルする方法

  ラズパイ3で libavをセルフコンパイルしてインストールする方法

Raspberry Pi 3 Model Bで CMSフレームワーク WordPressをセットアップする方法
Raspberry Pi 3 Model Bで CMSフレームワーク WordPressをセットアップする方法

  ラズパイ3で WordPressをインストールする方法

Raspberry Pi 3 Model Bで画像処理ライブラリ OpenCVをコンパイルして顔認識する方法
Raspberry Pi 3 Model Bで画像処理ライブラリ OpenCVをコンパイルして顔認識する方法

  ラズパイ専用カメラで OpenCVを使用する方法とかも、USBカメラはそのままで大丈夫

Raspberry Pi 3 Model Bに日本語 OCR Tesseractをインストールして OCR文字認識をする方法
Raspberry Pi 3 Model Bに日本語 OCR Tesseractをインストールして OCR文字認識をする方法

  ラズパイ3で オープンソースの OCRエンジン Tesseractをインストールして使用する方法まとめ

Raspberry Pi 3 Model Bに SPI接続の 480x320 3.5インチ TFT液晶を接続して使用する方法
Raspberry Pi 3 Model Bに SPI接続の 480x320 3.5インチ TFT液晶を接続して使用する方法

  ラズパイ3に KeDei 3.5インチ液晶 V5.0を接続して使用する方法。(KeDei公式パッチを適用)

Raspberry Pi 3 Model Bで SPI接続の 2.8インチ TFT液晶を X Windowやコンソールの画面として使用する方法
Raspberry Pi 3 Model Bで SPI接続の 2.8インチ TFT液晶を X Windowやコンソールの画面として使用する方法

  ラズパイ3に 320x240 ILI9341 2.8インチ TFT LCDを FBTFTで X-Windowの表示画面として使用する方法。

Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板
Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板

  Espressif ESP8266 ESP-12-E NodeMCU V1 ESP12 CP2102

BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)
BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)

  レーザー彫刻機、カラー液晶の DIYオシロ、Arduinoや Raspberry Pi用の小型カラー液晶


● Raspberry Pi 3の I2Cに各種センサーを繋げて使用する方法は下記の記事をご覧下さい。
 3軸 加速度センサ、3軸 地磁気センサ、3軸 ジャイロセンサ、秋月キャラクタ液晶、湿度センサ、AD/DA変換、リアルタイムクロック、I2Cメモリ、気圧センサ

[NEW] 2016/03/26
Raspberry Pi 3 Model Bで GPIO端子の I2C機能を有効化する方法
Raspberry Pi 3 Model Bで GPIO端子の I2C機能を有効化する方法

  ラズパイ3の GPIO端子の I2C機能を有効にして各種センサーを繋げる方法まとめ

● センサデバイスの I2Cアドレス一覧 IICアドレス一覧と使用方法
加速度センサMMA7455L0x1D(W:0x32 R:0x33)MMA7455
AQM0802Aと一緒に使えない相性?
使い方の説明
地磁気センサHMC5883L0x1E(W:0x3C R:0x3D)CJ-M49使い方の説明
RFID NFCリーダライタNXP PN5320x24(W:0x48 R:0x49)ELECHOUSE NFC MODULE V3使い方の説明
キャラクタ液晶
8文字x2行
秋月 AQM0802A
ST7032
0x3E(W:0x7E R:0x7F)秋月の AQM0802液晶はラズパイ側の回路が原因の癖が有ります。
MMA7455と一緒に使えない相性?
使い方の説明
湿度センサHTU21D0x40(W:0x80 R:0x81)GY-21使い方の説明
AD/DA変換PCF85910x48(W:0x90 R:0x91)YL-40使い方の説明
温度センサLM75A0x4F
A0-A2=H
(W:0x9E R:0x9F)A0~A2を "H"に設定
デフォルト 0x48
使い方の説明
3軸加速度センサADXL3450x53(W:0xA6 R:0xA7)GY-291使い方の説明
RTC
リアルタイムクロック
DS32310x68(W:0xD0 R:0xD1)ZS-042使い方の説明
I2CメモリAT24C32
(4KBメモリ
0x57(W:0xAE R:0xAF)ZS-042
6軸 ジャイロ+加速度センサMPU-60500x68
ADO=L
(W:0xD0 R:0xD1)GY-521、
AD0端子 プルアップ時=0x69、
AD0端子 プルダウン時=0x68
使い方の説明
9軸 ジャイロ+加速度+地磁気センサMPU-91500x69(W:0xD0 R:0xD1)MPU-6050に地磁気センサーを追加した最強センサー
9軸 ジャイロ+加速度+地磁気センサMPU-92500x69(W:0xD0 R:0xD1)MPU-9150の改良型
気圧センサBMP1800x77(W:0xEE R:0xEF)BMP085の改良型
気圧センサBMP2800x76
SDO=L
(W:0xEC R:0xED)BMP180の改良型、
SDO端子 プルアップ時=0x77、
SDO端子 プルダウン時=0x76
使い方の説明
照度、近接センサAPDS-99300x39(W:0x72 R:0x73)使い方の説明
RGB色センサ、ジェスチャー、照度、近接センサAPDS-99600x39(W:0x72 R:0x73)使い方の説明
RGB色センサTCS347250x29(W:0x52 R:0x53)使い方の説明
12点 静電タッチセンサMPR1210x5A(W:0xB4 R:0xB5)使い方の説明
有機LEDモジュールSSD13060x3C(W:0x78 R:0x79)DC='L'で 0x3C、DC='H'で 0x3D使い方の説明

 センサー類は必要な GPIOピンが 2本で済む I2C通信方式のデバイスで揃えました。
 また、全てのデバイスの信号電圧レベルは +3.3Vです。
 制御アドレスが全て異なるので全部のセンサーモジュールをラズパイに接続して使用する事が出来ます。

 ※ MMA7455と一緒に使用すると ST7032iコントローラが認識されない。I2Cデバイス間の相性? I2C配線の引き回し?

 ※ ST7032iには STARTコンディションの前に、バス調停のSCLパルスがあると、誤動作してACKを返さないバグが有るそうです。
ストロベリー・リナックス ST7032 低電圧I2C液晶モジュール アプリケーションノート
 ごみが直前にあるとその後正しいシーケンスで通信しても ST7032は通信に失敗します。

 ※ AQM0802A液晶モジュール使用時のI2Cバスのプルアップ抵抗は10kΩを推奨いたします。(ラズパイ側で 1.8kΩでプルアップされているのが問題)
 ※ Raspberry Pi 全シリーズに共通する仕様の制約から、AQMシリーズの液晶を接続する場合にはバッファ(I2Cバスリピーター、例:PCA9515AD)を介して接続してください。
I2C接続小型LCDモジュール(8x2行)ピッチ変換キットの質問と回答



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外はweb構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2016 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_3_tft_lcd_5inch_hdmi_touch_xpt2046/