HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2016/09/20

Raspberry Piに人感センサーを繋げて侵入警報装置を IFTTTで作る Raspberry Piに人感センサーを繋げて侵入警報装置を IFTTTで作る

(ラズパイで IFTTTと PIRセンサーを使用した侵入通知ツイートアプリの作成)

Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]






● Raspberry Pi 3 Model B

 Raspberry Pi3 Model B RPI2 RPI3

 大人気の CPUボードの Raspberry Piに WiFiと Bluetoothが搭載されたモデルが新発売となりました。
 以前から Raspberry Pi 2を買おうかどうか迷っていましたが、Raspberry Pi 3 Model Bの発売を機に購入を決意してラズベリアンになる事にしました。

 ※ ラズパイの OS Raspbianはバージョンが上がる毎に過去の版と OSの内部の作りが変わり、過去に書かれた製作記事(例えば Raspbian Wheezyの時代の記事)がそのままではエラーが出たりして動かない事が有ります。
 ※ 当方のホームページのラズパイ記事は全て Raspberry Pi 3 Model Bと Raspbian Jessieの組み合わせで動作確認をしております。
(ただし、将来的に新しい Raspbian OSが出た場合に、当方の Raspbian Jessieを基にした内容がそのままでは動かない可能性が有ります。)


● Raspberry Piに人感センサーを繋げて侵入警報装置を IFTTTで作る

 IoTの題材としてありがちですが、Raspberry Piの GPIOに RIPの赤外線センサーを人感センサーとして繋げ、侵入を検知したら IFTTTにトリガを発砲して Twitterにツイートを送信する装置を作ります。

 IoTサービスとして IFTTTを使用します。


● PIRセンサー HC-SR505 赤外線モーションセンサモジュール

 PIRセンサーとして HC-SR505モジュールを使用します。
 このセンサーは電源電圧は +5V必要ですが、センサー出力は +3.3Vなのでラズパイの GPIO端子にそのまま接続出来ます。
 ※ モジュール基板上の +3.3Vレギュレータとダイオードを取り除き、+3.3V電源での直接駆動の改造を試みましたが、センサー検知の出力が安定せず出来ませんでした。 → 元に戻しても動かなくなったので破壊したかも
 ※ 基板上に NPNチップトランジスタを実装する事でセンサー出力をオープンコレクタのトランジスタ駆動に出来ます。

 赤外線モーションを検出すると 8秒間 出力端子が 'H'になります。
 8秒間の検出期間中に継続して動きを検出すると、その分、'H'の出力期間が延長されます。
 HC-SR501の継続検知モード(Retrigerrableモード)に相当します。

● Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する

 Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する
 HC-SR505モジュールの +を +5V
 HC-SR505モジュールの OUTを GPIO 27
 HC-SR505モジュールの -を GND
 に接続します。

・Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する
Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する


・Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する
Raspberry Piの GPIOに PIRセンサー HC-SR505を接続する



● PIRセンサー HC-SR505の動作確認

 ラズパイ側の GPIOの制御は pigpioライブラリを使用します。
 pigpioライブラリは Raspbianの 2016-05-10のアップデートで含まれる様になりました。
 ラズパイ公式のライブラリとして今後は更に広く使われていくと思います。

The pigpio library

# 最初に pigpioライブラリを使用した PIRセンサーを用いた Python用のサンプルアプリ
$ sudo nano pir_sensor_test.py
import pigpio
import time

# pigpioを使用開始する(sudo pigpiodしていないとエラーになる)
pi = pigpio.pi()

# pigpioに接続出来ない時は終了
if not pi.connected:
   exit()

# GPIO27を入力に設定する
pi.set_mode(27, pigpio.INPUT)

# どれが適切なんだろうか?
# 単純にプルアップ設定でも良いが、センサーの出力がアクティブHなので未接続の時に「検出有り」となってしまう。
# pi.set_pull_up_down(27, pigpio.PUD_OFF)
# pi.set_pull_up_down(27, pigpio.PUD_UP)
# pi.set_pull_up_down(27, pigpio.PUD_DOWN)

# 単純にプルアップ設定
pi.set_pull_up_down(27, pigpio.PUD_UP)

# 1秒間隔で 60回、センサーの出力値を画面に表示する
for i in range(60):
    # 0は検出無し、1は検出有り
    print(pi.read(27))
    time.sleep(1.0)

# pigpioを停止する
pi.stop()

# 終了
exit()


# 最初に pigpio用のデーモン pigpiodを動かします
$ sudo pigpiod

$ python pir_sensor_test.py
0
0
0
0
0
1 (ここでセンサーに手をかざす)
1
1
1
1
1
1
1 約 8秒間センサー出力が 'H'になる
0
0
0
0
1 (ここでセンサーに手をかざす)
1
1
1
1
1
1 (センサーの前で手を動かし続ける)
1
1
1
1
1
1
1
1
1
1 センサーが検知している場合はセンサーの出力時間が延びる(継続モードの動作)
0
0
0
~ 略 ~


● IFTTT側の設定

 PIRセンサー単体での動作確認が出来たので IFTTTの設定を行ないます。

 IFTTTにアカウントを作る。

● IFTTTでレシピ(イベント)を作成する方法

 Create a Recipeで新しいレシピを作る。
 if Maker then Twitterで作成する。

 if this then thatの this
 step 1 Choose Trigger Channel thisに Makerを選択して、
 step 2 Choose a Triggerで Receive a web requestを選択して、
 step 3 Complete Trigger Fieldsの Event Nameに detect_pir_sensorを入力して、
 Create Triggerを押す。

 if this then thatの that
 step 4 Choose Action Channelに Twitterを選択して、
 ※ ツイッター側で IFTTTの承認確認が出るのでアプリ連携を承認します。
 step 5 Choose an Actionで Post a tweetを選択して、
 step 6 Complete Action Fieldsの Tweet textに任意で入力する。
 今回は全部の入力値を確認出来るように、
The event named "{{EventName}}" occurred on the Maker Channel {{Value1}} {{Value2}} {{Value3}} {{OccurredAt}}
 としました。
 Create Actionを押す。

 step 7 Create and connectで最後、
 Create Recipeを押して作成完了。

● IFTTTのトリガ条件の thisについて余談

 IFTTTのトリガ条件として Maker Channelが作られる前は、thisとして GMailの受信等を設定して、ラズパイからは GMail送信をしてトリガ条件を満たすと言う実装が必要でした。
IFTTT Maker Channel

 それが、Maker Channelが作られたお陰で GETないし POSTで IFTTTの URLにアクセスするだけでトリガ条件を満たせる様になりました。

 Maker Channelって言葉から意味が判り難いですが、単に「IFTTTの URLにアクセスする」が thisとしての条件の名称となります。


● IFTTTでレシピ(イベント)の動作の確認方法

 とりあえずの確認方法。

 まず、自分のシークレットキー(IFTTTで使用する APIキー)を確認します。
https://ifttt.com/channels Connect the Channels Below with Recipes
 にアクセスして、検索欄に Makerと入力します。
 Developer Toolsに Maker CONNECTEDと出るのでクリックします。
IFTTT Maker Channel

 Your key is: 1234567890abcdefghijkl
 と出て確認出来ます。

 下記の {event}{ifttt_api_key}を設定します。
https://maker.ifttt.com/trigger/{event}/with/key/{ifttt_api_key}

 POST送信で JSON形式で任意の値を送信出来ます。
{ "value1" : "", "value2" : "", "value3" : "" }

# コマンドラインから curlコマンドで確認
$ curl -i -X POST https://maker.ifttt.com/trigger/detect_pir_sensor/with/key/1234567890abcdefghijkl -H "Content-Type: application/json" -d "{ \"value1\": \"送信値1\", \"value2\": \"送信値2\", \"value3\": \"送信値3\"}"
# HTTP/1.1 200 OK
# Congratulations! You've fired the detect_pir_sensor event

# 下記の内容で Twitterにツイートされます。
The event named "detect_pir_sensor" occurred on the Maker Channel 送信値1 送信値2 送信値3 September 20, 2016 at 06:20PM

・Raspberry Piで IFTTTに接続して TWITTERにツイートをする
Raspberry Piで IFTTTに接続して TWITTERにツイートをする




● IFTTTを使った侵入ったーアプリの作成

 ここまで準備と動作確認が出来たらアプリの作成に入ります。
 それぞれの単体での動作は確認しているので問題が発生した場合、問題の切り分けが簡単に出来ます。

$ nano detect_pir_sensor_ifttt.py

detect_pir_sensor_ifttt.py
# coding: utf-8
import pprint
import requests
import pigpio
import time

IFTTT_EVENT = "detect_pir_sensor"
IFTTT_SECRET_KEY = "{IFTTTの Maker APIキーに書き換える}"

print("開始します")
# POST, JSON
response = requests.post(
    'https://maker.ifttt.com/trigger/'+ IFTTT_EVENT +'/with/key/'+ IFTTT_SECRET_KEY,
    {'value1': '開始します'})
# Response
pprint.pprint(response)

pi = pigpio.pi()

if not pi.connected:
   exit()

# GPIO27を入力に設定する
pi.set_mode(27, pigpio.INPUT)

# 単純にプルアップ設定
pi.set_pull_up_down(27, pigpio.PUD_UP)

# 無限ループ
while True:
    # センサーの値を取得する
    pir = pi.read(27)
    if pir == 1:
        print("侵入を検出しました")
        # POST, JSON
        response = requests.post(
            'https://maker.ifttt.com/trigger/'+ IFTTT_EVENT +'/with/key/'+ IFTTT_SECRET_KEY,
            {'value1': '侵入を検出しました'})
        # Response
        pprint.pprint(response)
        # 5秒待つ
        time.sleep(5)
        # 検出後はセンサー出力がオフになるまで待つ
        # この検出判定ロジックはサンプル実装なので各自で調整する必要が有ります
        while pir == 1:
            pir = pi.read(27)

pi.stop()

exit()


$ sudo pigpiod

$ python detect_pir_sensor_ifttt.py
開始します
<Response [200]>
侵入を検出しました (センサーに手をかざす)
<Response [200]>
侵入を検出しました (センサーに手をかざす)



Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Raspberry Pi Zero Wを海外通販の Pimoroni等での購入方法、購入出来る通販ショップ一覧まとめ
Raspberry Pi Zero Wを海外通販の Pimoroni等での購入方法、購入出来る通販ショップ一覧まとめ

  ラズパイゼロW Pi Zero Wirelessモデルを海外通販で先行して購入し、サクッと入手する方法

Raspberry Pi3で安定して使える相性の無い microSDカードのまとめ
Raspberry Pi3で安定して使える相性の無い microSDカードのまとめ

  ラズパイ3で安定して使える microSDカードを購入する Teamと SanDiskは絶対に買わない

Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュールを接続する方法
Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュールを接続する方法

  ラズパイに専用カメラモジュールを接続して Raspbianで写真の静止画撮影や動画を録画する方法

Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ
Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ

  ラズパイの Raspbian OSのコマンドラインで使用する便利コマンド、負荷試験や CPUシリアル番号の確認方法等も

Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳
Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳

  ラズパイ公式フォーラムの「The Raspberry Pi 3 Model B Q&A thread」の日本語訳

Raspberry Pi 3で GPIO端子の I2C機能を有効化する方法
Raspberry Pi 3で GPIO端子の I2C機能を有効化する方法

  ラズパイ3の GPIO端子の I2C機能を有効にして各種センサーを繋げる方法まとめ

大人気の CPUボード、Raspberry Pi 3 Model Bで作ってみよう
大人気の CPUボード、Raspberry Pi 3 Model Bで作ってみよう

  Raspberry Piの開発環境の構築やタッチパネル付き液晶ディスプレイや各種センサーの使い方まとめ


Raspberry Pi 3、シングルボードコンピュータ ラズパイ3 Raspberry Pi関連はこちらへまとめました
 下記以外にも多数のラズパイ関係の記事が有ります。
 (I2C制御、GPIO制御、1-Wire制御、シリアル通信、日本語音声合成、日本語音声認識、中国語音声合成、MeCab 形態素解析エンジン、赤外線リモコン制御、秋月 I2C液晶モジュール、KeDei 3.5インチ液晶、HDMI 5インチ液晶、NFCカードリーダ、コマンドライン操作方法等)
Raspberry Pi 3に HDMI接続の 800x480 5インチ TFT液晶を接続して使用する方法
Raspberry Pi 3 Jessieで LIRC機能を使って学習リモコン、赤外線リモコンを送受信する方法
Raspberry Pi 3の WiFiを広告ブロック機能付きの無線LANアクセスポイント化 hostapd + dnsmasq編
Raspberry Pi 3の Bluetoothで ブルテザで通信する方法(Bluetooth編)
Raspberry Pi 3で日本語音声を合成して喋らせる方法(Open JTalk編)
Raspberry Pi 3に USB Micを接続して日本語の音声認識をする方法(Julius編)
Raspberry Pi 3の GPIOに LEDとスイッチを接続して Lチカする方法
Raspberry Pi 3の GPIOに LEDとスイッチを接続してシャットダウンボタンを実装する方法
Raspberry Pi 3で GPIO端子の I2C機能を有効化する方法
Raspberry Pi 3の GPIOに I2C通信方式の気圧計 BMP280を接続する方法
Raspberry Pi 3に I2C通信方式の NFCリーダライタ PN532を接続して NFC FeliCaカードを読む方法
Raspberry Pi 3でネットワーク ライブカメラを構築する方法 Motion編
Raspberry Pi 3でネットワーク ライブカメラを構築する方法 MJPG-streamer編
Raspberry Pi 3 Model Bで動画処理アプリ FFmpegをコンパイルする方法
Raspberry Pi3の X-Window Systemに Windowsのリモートデスクトップから接続する方法
Raspberry Pi3に WebRTCの STUN/TRUNサーバと PeerJSサーバをインストールする方法


Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板
Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板

  Espressif ESP8266 ESP-12-E NodeMCU V1 ESP12 CP2102

BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)
BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)

  レーザー彫刻機、カラー液晶の DIYオシロ、Arduinoや Raspberry Pi用の小型カラー液晶



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外はweb構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2016 FREE WING, Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_3_iot_cloud_service_ifttt/