HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[UPDATE] 2019/08/02

Visual Studio 2019 Professional v16.2を無人インストールする方法、完全自動でインストール Visual Studio 2019 Professional v16.2を無人インストールする方法、完全自動でインストール

(VS2019 v16.2を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする)

Tags: [Windows], [無人インストール]





● Microsoft Visual Studio 2019 16.1を全自動でインストールする方法

 下記にまとめました。

[UPDATE] 2019/06/05
Visual Studio 2019 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2019 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2019を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする


● Microsoft Visual Studio 2019 16.2を全自動でインストールする方法

 Microsoft Visual Studio 2019 16.2を無人インストールする方法

 Visual Studio 2019 Professionalを無人インストール&オフラインインストール

 Visual Studio 2019はオンデマンドインストールの場合、20GBをダウンロードします。

Visual Studio 2019 あらゆる開発者向けの優れたツール
 Visual Studio 2019 製品版 2019/04/02

Visual Studio Icon Visual Studio 2019 リリース ノート

Visual Studio 95 = Ver. 5.0
Visual Studio 98 SP6 = Ver. 6.0
Visual Studio 2005 = 8
Visual Studio 2008 = 9
Visual Studio 2010 = 10
Visual Studio 2012 = 11
Visual Studio 2013 Update 5 = 12
Visual Studio 2015 Update 3 = 14
Visual Studio 2017 Update 15.9(最終版) = 15
Visual Studio 2019 = 16 ★
Visual Studio 2019 16.0.28729.10 2019/04/02
Visual Studio 2019 16.1 2019/05/21
Visual Studio 2019 16.1.1 2019/05/24
Visual Studio 2019 16.1.2 2019/06/04
Visual Studio 2019 16.2 2019/07/24 NEW


● Visual Studioシリーズのシステム要件

Visual Studio 2019 製品ファミリのシステム要件
Visual Studio 2017 製品ファミリのシステム要件
Visual Studio 2015 のシステム要件
Visual Studio 2013 のシステム要件

Visual StudioシリーズVisual Studio 2019Visual Studio 2017Visual Studio 2015Visual Studio 2013Visual Studio 2012
WindowsバージョンWindows 10 バージョン 1703 以降
Windows 7 SP1
Windows 10 バージョン 1507 以降
Windows 7 SP1
Windows 10
Windows 7 SP 1
Windows 7 SP1 (x86 および x64)記載無し
プロセッサ1.8 GHz 以上1.8 GHz 以上1.6 GHz 以上の高速プロセッサ1.6 GHz 以上の高速プロセッサ1.6 GHz 以上のプロセッサ
(推奨)クアッド コア以上を推奨デュアル コア以上を推奨
メモリ容量2 GB の RAM2 GB の RAM1 GB の RAM1 GB の RAM1 GB の RAM
(推奨)8 GB の RAM を推奨4 GB の RAM を推奨
ハード ディスク容量最小 800MB、最大 210 GB の空き領域
(一般的なインストールでは、20 から 50 GB の空き領域)
最大 130 GB の空き領域
(一般的なインストールでは、20 から 50 GB の空き領域)
10 GB の空き容量20 GB の空き容量1 GB の空き容量


●必要な物

 ・Microsoft Visual Studio 2019 Professional等の Webインストーラ EXE
vs_community.exe
vs_professional.exe


● Microsoft Visual Studio 2019のインストーラのダウンロード

Visual Studio 2019 ダウンロード
 Visual Studio 2019 ダウンロード
 Android、iOS、Windows、Web、クラウド向けのフル機能の統合開発環境 (IDE)
 ・コミュニティ:学生、オープンソース貢献者、個人向けの無料で強力な IDE
 ・Professional:小規模なチームに最適な Professional IDE
 ・エンタープライズ:あらゆる規模のチーム向けのスケーラブルなエンドツーエンド ソリューション


● Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法

 この方法を参考にして、必要最小限のオフラインファイルのダウンロードで完全オフライン、全自動無人インストールができました。

Visual Studio のオフライン インストールを作成する
 別のコンピューターに転送する目的のオフライン キャッシュを作成するために "全部ダウンロードしてからインストールする" 機能を使わないでください。
 これは、そのように動作するようには設計されていません。
 「全部ダウンロードしてからインストールする」はオフラインインストーラの作成とは無関係!!

 別のコンピューターに Visual Studio をインストールするためにオフライン キャッシュを作成したい場合、ローカル キャッシュを作成する方法について詳しくは、下記のこれ。
コマンドラインを使用してローカル キャッシュを作成する
 「ローカル キャッシュを作成する」がオフラインインストーラの作成と関係が有る!!

・ステップ 1 - Visual Studio ブートストラップをダウンロードする
 Visual Studio コミュニティ vs_community.exe

・ステップ 2 - ローカル インストール キャッシュを作成する
 C++ デスクトップ開発の場合、次を実行します。
vs_community.exe --layout c:\vslayout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop --includeRecommended --lang ja-JP

Visual Studio Community のコンポーネント ディレクトリ

 .NET デスクトップ開発
 ID: Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop

 C++ によるデスクトップ開発
 ID: Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop

 ユニバーサル Windows プラットフォーム開発
 ID: Microsoft.VisualStudio.Workload.Universal

 関連付けられていないコンポーネント
 ID: Microsoft.VisualStudio.Component.WinXP
 VS 2017 (v141) ツールの C++ Windows XP サポート [非推奨]

・ステップ 3 - ローカル キャッシュから Visual Studio をインストールする
vs_community.exe --layout c:\vslayout --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --add Component.GitHub.VisualStudio --includeOptional --lang en-US

c:\vslayout\vs_community.exe --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb --add Component.GitHub.VisualStudio --includeOptional

 見易く複数行に分割してコマンドラインで実行する場合。
 ※ Windowsのコマンドラインで長い1行を複数行に分割して実行する場合は ^を使って記述します。
vs_community.exe ^
 --layout c:\vslayout ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop ^
 --includeRecommended ^
 --lang ja-JP

c:\vslayout\vs_community.exe ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NetWeb ^
 --add Component.GitHub.VisualStudio ^
 --includeOptional


● Visual Studio 2019 16.2 完全オフライン、全自動無人インストーラの作成方法

 下記の方法で目的とする「必要なコンポーネントだけのオフラインインストール用のファイルのダウンロード状態」での「Visual Studio 2019 完全オフライン、全自動無人インストール」ができました。
 オフラインインストール用のファイルの必要最小限の 4.33GBで済みます。

 1) 最初に普通に手動でインストールする。今回は下記の 3個を選択した。
  ・.NET デスクトップ開発
  ・C++ によるデスクトップ開発
  ・ユニバーサル Windows プラットフォーム開発
  ※ 最初の1回だけ普通に手動でインストールを行ないます。
 2) インストール完了後に vsconfigファイルを作成する。(インストールした内容を exportする)
 3) vsconfigファイルの中の componentsの行を抜き出してバッチファイルを作成する。
 4) 完全オフラインインストール用のファイルをダウンロードする。(4.33GB)
 5) 全自動インストーラでインストールする。
 6) 全自動インストーラでインストールした内容を exportする。
 7) (2)と (6)の vsconfigファイルの内容が同じ事を確認する。

 Visual Studio 2019 16.2.0 16.2.290.48383
 VS2019_16_2.vsconfig

 vsconfigファイルの中身
{
  "version": "1.0",
  "components": [
    "Microsoft.VisualStudio.Component.CoreEditor",
    "Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.NuGet",
    "Microsoft.Net.Component.4.6.1.TargetingPack",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.Roslyn.Compiler",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.Roslyn.LanguageServices",
    "Microsoft.Net.Core.Component.SDK.2.1",
    "Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.WebToolsExtensions",
    "Microsoft.Net.Component.4.7.2.SDK",
    "Microsoft.Net.Component.4.7.2.TargetingPack",
    "Microsoft.Net.ComponentGroup.DevelopmentPrerequisites",
    "Microsoft.Component.MSBuild",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.TextTemplating",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.SQL.CLR",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Core",
    "Microsoft.Net.Component.4.5.2.TargetingPack",
    "Microsoft.Net.Component.4.5.TargetingPack",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.IntelliCode",
    "Microsoft.Net.Component.4.TargetingPack",
    "Microsoft.Net.Component.4.5.1.TargetingPack",
    "Microsoft.Net.Component.4.6.TargetingPack",
    "Microsoft.Net.ComponentGroup.TargetingPacks.Common",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.DiagnosticTools",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.AppInsights.Tools",
    "Microsoft.Net.Component.4.6.1.SDK",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CoreIde",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Tools.x86.x64",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.18362",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Prerequisites",
    "Microsoft.ComponentGroup.Blend",
    "Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Redist.14.Latest",
    "Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.NativeDesktop.Core",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CMake.Project",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATL",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATLMFC",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CLI.Support",
    "Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop",
    "Microsoft.Component.NetFX.Native",
    "Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.NetCoreAndStandard",
    "Microsoft.VisualStudio.Component.Graphics",
    "Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.Xamarin",
    "Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.Support",
    "Microsoft.VisualStudio.Workload.Universal"
  ]
}


● Visual Studio 2019 16.2 完全オフラインインストール用ファイルのダウンロードのバッチファイル

 完全オフラインインストール用ファイルのダウンロードのバッチファイル。
 4.54 GB (4882964944 バイト)

 vsconfigファイルの中の componentsの行を抜き出してバッチファイルを作成する。
@echo off
echo Download VS 2019 16.2
pause
vs_professional.exe ^
 --layout E:\VS_2019_16_2 ^
 --lang ja-JP ^
 --add Microsoft.Component.MSBuild ^
 --add Microsoft.Component.NetFX.Native ^
 --add Microsoft.ComponentGroup.Blend ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.5.1.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.5.2.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.5.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.6.1.SDK ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.6.1.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.6.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.7.2.SDK ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.7.2.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.Component.4.TargetingPack ^
 --add Microsoft.Net.ComponentGroup.DevelopmentPrerequisites ^
 --add Microsoft.Net.ComponentGroup.TargetingPacks.Common ^
 --add Microsoft.Net.Core.Component.SDK.2.1 ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.AppInsights.Tools ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.CoreEditor ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.DiagnosticTools ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.Graphics ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.IntelliCode ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Core ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.ManagedDesktop.Prerequisites ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.NuGet ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.Roslyn.Compiler ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.Roslyn.LanguageServices ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.SQL.CLR ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.TextTemplating ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATL ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.ATLMFC ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CLI.Support ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CMake.Project ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.CoreIde ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Redist.14.Latest ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.VC.Tools.x86.x64 ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Component.Windows10SDK.18362 ^
 --add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.NativeDesktop.Core ^
 --add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.NetCoreAndStandard ^
 --add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.Support ^
 --add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.UWP.Xamarin ^
 --add Microsoft.VisualStudio.ComponentGroup.WebToolsExtensions ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.CoreEditor ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.ManagedDesktop ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.NativeDesktop ^
 --add Microsoft.VisualStudio.Workload.Universal


● Visual Studio 2019 16.2 完全オフラインインストールの全自動インストールのバッチファイル

 上記でダウンロードしたディレクトリ(E:\VS_2019_16_2)で実行します。

 完全オフラインインストールの全自動インストールのバッチファイル。
 「管理者権限」での実行が必要。
@echo off
echo Install VS 2019 16.2

echo Check Admin Plivilege
rem net session > nul 2>&1
whoami /groups | find "S-1-16-12288" > nul
if %ErrorLevel% == 0 goto GO_INSTALL

echo =
echo require Admin Plivilege
echo =
pause
exit

:GO_INSTALL
cd /d E:\VS_2019_16_2
pause

vs_professional.exe ^
 --noWeb ^
 --norestart --passive --wait ^
 --nocache ^
 --productKey xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

echo 全自動インストーラでインストールした内容を exportする
vs_professional.exe export --config %UserProfile%\Documents\vs2019_auto_offline_install.vsconfig --passive

echo Visual Studio 2019 disable CEIP VSCEIP 16.2
REG ADD HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VSCommon\16.0\SQM /v OptIn /t REG_DWORD /d 0 /f


● Visual Studio 2019 16.2 全自動ダウンロード&インストールのバッチファイル

 全自動ダウンロード&インストールのバッチファイル。
 全自動でダウンロードしながらインストールします。
 「管理者権限」での実行が必要。
@echo off
echo Install VS 2019 16.2 Ondemand Download
echo %~dp0

echo Check Admin Plivilege
rem net session > nul 2>&1
whoami /groups | find "S-1-16-12288" > nul
if %ErrorLevel% == 0 goto GO_INSTALL

echo =
echo require Admin Plivilege
echo =
pause
exit

:GO_INSTALL
pause

cd /d %~dp0
set CurDir=%~dp0
vs_professional.exe ^
 --config %CurDir%VS2019_16_2.vsconfig ^
 --norestart --passive --wait ^
 --nocache ^
 --productKey xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx-xxxxx

echo 全自動インストーラでインストールした内容を exportする
vs_professional.exe export --config %UserProfile%\Documents\vs2019_auto_offline_install.vsconfig --passive

echo Visual Studio 2019 disable CEIP VSCEIP 16.2
REG ADD HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\Microsoft\VSCommon\16.0\SQM /v OptIn /t REG_DWORD /d 0 /f

pause


● Microsoft Visual Studio 2019 16.2 下記の内容でインストールしました

・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
 C++/CLI サポートは .NETから C++ MFCの DLLを呼び出す時とかのラッパー関数を作る時に使った気がした。

・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法


・Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法
Microsoft Visual Studio 2019のオフラインインストーラの作成方法




● Mac版の Visual Studio完全オフライン、全自動無人インストーラの作成方法

 導入されるまで待て。

Visual Studio for Mac のオフライン インストーラーを作成する

 重要:オフライン インストーラー機能は将来のバージョンの Visual Studio for Mac で導入される予定です。



Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Microsoft Visual C++ ランタイムライブラリ 再頒布可能パッケージのまとめ 2019年版 2005~2019まで
Microsoft Visual C++ ランタイムライブラリ 再頒布可能パッケージのまとめ 2019年版 2005~2019まで

  Microsoft Visual C++ 2005、2008、2010、2012、2013、2015、2017、2019の各バージョンの最新版 MSVC Runtime librariesのまとめ

Visual Studioの C#で開発した .Netアプリの難読化をする方法
Visual Studioの C#で開発した .Netアプリの難読化をする方法

  C#で開発した .Netアプリの難読化は必須事項です、素の状態では簡単に内部を解析されます

Visual Studioの C#で開発した .Netアプリを逆コンパイルして、中身の実装を覗き見る方法
Visual Studioの C#で開発した .Netアプリを逆コンパイルして、中身の実装を覗き見る方法

  C#で開発した .Netアプリは比較的簡単に元のソースコードに戻せます

Visual Studio 2019 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2019 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2019を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする

Visual Studio 2017 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2017 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2017を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする

Visual Studio 2015 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2015 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2015を Update 3適用済みとコンポーネント選択の事前設定でインストール時の手間を省く

Visual Studio 2013 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2013 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2013を Update 5適用済みとコンポーネント選択の事前設定でインストール時の手間を省く

Visual Studio 2005 Professionalに Service Pack 1を統合して無人インストールする方法
Visual Studio 2005 Professionalに Service Pack 1を統合して無人インストールする方法

  VS2005に SP1を統合 & 完全自動でインストール、SP1の適用とコンポーネントの事前設定でインストールの手間を省く

Visual Studio 98を無人インストール(自動インストール)する方法
Visual Studio 98を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントも事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます

Visual Studio Communityのまとめ Professional と同等機能が無償
Visual Studio Communityのまとめ Professional と同等機能が無償

  Visual Studio Communityの 2013 Update 5、2015 Update 3、2017 version 15.6のまとめ

C#で ZIPファイル解凍ツール UnZipをソースリスト 1行で自作する方法、Windows .NET専用
C#で ZIPファイル解凍ツール UnZipをソースリスト 1行で自作する方法、Windows .NET専用

  Visual Studio 2013の C# .NET 4.5で ZipFile.ExtractToDirectoryを使い、UnZip解凍ツールを作成

Visual Studio 2013に Windows 10 SDK + UwpDesktopで UWPの機能を素の Windowsアプリから使用
Visual Studio 2013に Windows 10 SDK + UwpDesktopで UWPの機能を素の Windowsアプリから使用

  VS2013に Win 10 SDKをインストールして Uwp Desktopで UWPの機能を従来の Windowsアプリで動かす

Visual Studio 2013の C#で 日本語対応の OCR文字認識アプリを自作する方法
Visual Studio 2013の C#で 日本語対応の OCR文字認識アプリを自作する方法

  オフライン環境で動作可能な 世界各国語対応の OCR文字認識アプリを作成、MS製 OCRライブラリを使用

Visual Studio 2013の C#で日本語対応の手書き文字認識アプリを自作する方法
Visual Studio 2013の C#で日本語対応の手書き文字認識アプリを自作する方法

  オフライン環境で動作する世界各国語対応の手書き文字認識アプリを作成、MS製 手書き認識ライブラリを使用

Open XML SDKを使用して Officeのファイルを C#で自在に操る方法
Open XML SDKを使用して Officeのファイルを C#で自在に操る方法

  Microsoft Officeのファイルをプログラムで生成したり直接中身の読み取りができます

Visual Studioの各バージョンと開発できる .NET Frameworkの各バージョンのまとめ
Visual Studioの各バージョンと開発できる .NET Frameworkの各バージョンのまとめ

  .Microsoft.NET Framework Developer Packの各バージョンのダウンロードまとめ。言語パック等

Windows 10対応 Microsoft Speech使用の音声認識アプリ
Windows 10対応 Microsoft Speech使用の音声認識アプリ

  SpeechRecognizeApp 音声認識エンジンを使用してマイク入力の音声を認識します

Windows 10の音声合成エンジンを使用して入力した文字列を喋る & Waveファイル書き出し
Windows 10の音声合成エンジンを使用して入力した文字列を喋る & Waveファイル書き出し

  SpeechApp Windows 10用 Speech 音声合成 Text-to-Speech TTSのアプリ

Visual Studioの C#や MFC C++用のサンプルアプリのリンク集
Visual Studioの C#や MFC C++用のサンプルアプリのリンク集

  Visual Studioの C#や MFC C++でアプリを作る時の参考資料として

Windowsの Input Method Manager IMEや TSF Text Services Frameworkの公式情報源のまとめ
Windowsの Input Method Manager IMEや TSF Text Services Frameworkの公式情報源のまとめ

  Windowsで IME Input Method Manager関連のアプリを作成する時の情報 ImeTrayもこの辺を必死に読んだ

Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2016

Windows 10を全自動で最後まで手間要らずでインストールする方法
Windows 10を全自動で最後まで手間要らずでインストールする方法

  autounattend.xmlの応答ファイルを使用して Windows 10を無人インストールする。大量展開時に便利

Adobe Acrobat Reader関係のまとめ 2018年版、自動インストール、無人インストール方法
Adobe Acrobat Reader関係のまとめ 2018年版、自動インストール、無人インストール方法

  アップデート手順など、Adobe Reader XI、X、Acrobat Reader 9、Acrobat Reader 8



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2019 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/visual_studio_2019_unattend_auto_install_16_2/