HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2017/09/14

Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法 Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法

(インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽に出来ます MSオフィス 2016)

Tags: [Windows], [無人インストール]





● Microsoft Office 2016を全自動でインストールする方法

 Microsoft Office 2016を無人インストールする方法

Office 2003 = OFFICE11
Office 2007 = OFFICE12
Office 2010 = OFFICE14
Office 2013 = OFFICE15
Office 2016 = OFFICE16 ★


●必要な物

 ・Office 2016 Deployment Tool
Office 2016 Deployment Tool
officedeploymenttool_8311.3600.exe 今回使用した版
officedeploymenttool_8529.3600.exe 最新版

 Office 2016の場合は Office 2016の本体ファイルが不要で C2R(Click-to-Run、公式の日本語訳は「クイック実行」)方式でのインストールが可能です。

クイック実行の概要
 クイック実行 は、Microsoft のストリーミングおよび仮想化のテクノロジであり、Office をインストールするための時間を短縮し、複数のバージョンの Office を同じコンピューター上で実行できるように支援します。

 ※ C2R方式は Office 2010から導入されました。
Office 2010 用の Microsoft Office クイック実行の概要
 Office クイック実行は、ブロードバンドのお客様が Microsoft Office を入手したり、Office 2010 を更新したりする新しい手段です。

New Ways to Try and Buy Microsoft Office 2010
 Click-To-Run technology for downloading trial and purchasing Office 2010


● Microsoft Office 2016のカスタマイズ方法

 上記の Click-to-Runアプリ officedeploymenttool_8311.3600.exeを実行し、解凍します。
 下記の 2個のファイルが作成されます。
setup.exe(2017年6月12日、9:39:54、Ver. 16.0.8311.3600)
configuration.xml

 configuration.xmlを必要に応じて書き換えて、setup.exeを実行します。

素の状態の configuration.xmlの中身
<!-- Office 365 client configuration file sample. To be used for Office 365 ProPlus 2016 apps,
     Office 365 Business 2016 apps, Project Pro for Office 365 and Visio Pro for Office 365.

     For detailed information regarding configuration options visit: http://aka.ms/ODT.
     To use the configuration file be sure to remove the comments

     For Office 365 client apps (verion 2013) you will need to use the 2013 version of the
     Office Deployment Tool which can be downloaded from http://aka.ms/ODT2013

     The following sample allows you to download and install Office 365 ProPlus 2016 apps
     and Visio Pro for Office 365 directly from the Office CDN using the Current Channel
     settings  -->



<Configuration>

  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Current">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
    <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
  </Add>

  <!--  <Updates Enabled="TRUE" Channel="Current" /> -->

  <!--  <Display Level="None" AcceptEULA="TRUE" />  -->

  <!--  <Property Name="AUTOACTIVATE" Value="1" />  -->

</Configuration>

 カスタマイズ方法は下記のサイトを頑張って総合的に読み込めば理解が可能。
Office 2013 の Config.xml ファイル参照
Office 2013 のカスタム構成を作成する
Office 2013 のサイレント インストールを構成する
Office 2013 のセットアップ コマンド ライン オプション リファレンス
Office 2016 展開ツールの構成オプション
クイック実行のカスタマイズの概要
クイック実行用の Office 展開ツールでサポートされる製品 ID


●編集後の configuration.xmlの中身

 C:\C2R\2016_ProR_32\ ディレクトリに 32bit版の Microsoft Office 2016 Professionalのインストールファイルをダウンロードします。
 インストールする場合は同じ場所からファイルを読み込みます。

<Configuration>

  <Add SourcePath="C:\C2R\2016_ProR_32\" OfficeClientEdition="32" >
    <Product ID="ProfessionalRetail">

      <Language ID="ja-jp" />

      <ExcludeApp ID="Access" />
      <!-- <ExcludeApp ID="Excel" /> -->
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="InfoPath" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
      <!-- <ExcludeApp ID="PowerPoint" /> -->
      <ExcludeApp ID="Project" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="SharePointDesigner" />
      <ExcludeApp ID="Visio" />
      <!-- <ExcludeApp ID="Word" /> -->

    </Product>
  </Add>

  <Display Level="Full" AcceptEULA="TRUE" />

  <PIDKEY Value="AAAAABBBBBCCCCCDDDDDEEEEE" />

  <Setting Id="AUTO_ACTIVATE" Value="1" />

</Configuration>
Product ID="ProfessionalRetail"
 の所を、"ProPlusRetail"にすると Professional Plus版になります。

ExcludeAppで不要な製品を記述します。
 上記の場合は、Excel、PowerPoint、Word以外はインストールしません。(該当のエディションに元々存在しない物が書いてあってもエラーにならないので大丈夫)

Windows Answer File Generator - Office 2016
 は、マウス操作で無人インストール用の応答ファイル config.xmlを生成出来ます。

 下記の設定値でユーザー名や会社名の設定も可能。
  <USERNAME Value="Username" />
  <USERINITIALS Value="I" />
  <COMPANYNAME Value="Company Name" />

 設定例:
<Configuration>

  <Add SourcePath="C:\C2R\2016_ProR_32\" OfficeClientEdition="32" >
    <Product ID="ProfessionalRetail">

      <Language ID="ja-jp" />

      <ExcludeApp ID="Access" />
      <!-- <ExcludeApp ID="Excel" /> -->
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="InfoPath" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
      <!-- <ExcludeApp ID="PowerPoint" /> -->
      <ExcludeApp ID="Project" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="SharePointDesigner" />
      <ExcludeApp ID="Visio" />
      <!-- <ExcludeApp ID="Word" /> -->

    </Product>
  </Add>

  <Display Level="Full" AcceptEULA="TRUE" />

  <PIDKEY Value="AAAAABBBBBCCCCCDDDDDEEEEE" />

  <Setting Id="AUTO_ACTIVATE" Value="1" />

  <USERNAME Value="ユーザー名" />

  <USERINITIALS Value="U" />

  <COMPANYNAME Value="会社名" />

</Configuration>


● Product IDに指定出来る文字列の一覧

クイック実行用の Office 展開ツールでサポートされる製品 ID

次の Office 365 製品 ID は、Office 365 展開でクイック実行用の Office 展開ツールでサポートされています。
O365ProPlusRetail
O365BusinessRetail
VisioProRetail
ProjectProRetail
SPDRetail (SharePoint Designer 2013)
AccessRuntimeRetail
LanguagePack
Office 2016 展開ツールの構成オプション

クイック実行用の Office 展開ツールでは、上記の製品 ID のほかに、以下の Office 365 以外の製品 ID もサポートされています。
AccessRetail
ExcelRetail
HomeBusinessRetail
HomeStudentRetail
InfoPathRetail
ProfessionalRetail
O365HomePremRetail
O365SmallBusPremRetail
OneNoteRetail
OutlookRetail
PowerPointRetail
ProjectProXVolume
ProjectStdRetail
ProjectStdXVolume
PublisherRetail
VisioProXVolume
VisioStdRetail
VisioStdXVolume
WordRetail


● SETUPコマンドをコマンドプロンプトから実行します。

> SETUP /?

Office Deployment Tool

SETUP [mode] [path]

SETUP /download [path to configuration file]
SETUP /configure [path to configuration file]
SETUP /packager [path to configuration file] [output path]
SETUP /help

 /download Downloads files to create an Office installation source
 /configure Adds, removes, or configures an Office installation
 /packager Produces an Office App-V package from an Office installation source
 /help Displays this message


● Microsoft Office 2016 Professionalのクイック実行用のインストールファイルをダウンロードする方法

 Microsoft Office 2016 Professionalのクイック実行用のインストールファイルをダウンロードする方法

SETUP.exeと configuration.xmlを同じディレクトリに置いて、そのディレクトリでコマンドプロンプトを開いて、下記を実行します。
> SETUP /download configuration.xml
 上記の設定ファイルの場合は C:\C2R\2016_ProR_32\ ディレクトリに 32bit版の Microsoft Office 2016 Professionalのインストールファイルをダウンロードします。

● Microsoft Office 2016 Professionalのクイック実行用でインストールする方法

SETUP.exeと configuration.xmlを同じディレクトリに置いて、そのディレクトリでコマンドプロンプトを開いて、下記を実行します。
> SETUP /configure configuration.xml
 上記の設定ファイルの場合は C:\C2R\2016_ProR_32\ ディレクトリから 32bit版の Microsoft Office 2016 Professionalのインストールファイルを読み込んでインストールします。

※ 上記 Office 2016 C2R用の configuration.xmlファイルは Office 2013 C2R用 setup.exe(2017年6月12日、9:39:54、Ver. 16.0.8311.3600)でも使用出来ました。

 Add SourcePathと PIDKEYのプロダクトキーの部分を適宜書き換えれば 2013と 2016の C2R用 configuration.xmlファイルを共通に使いまわし出来ます。



● Microsoft Office 2016不要?なサービス

ClickToRunSvc

Microsoft Office クイック実行サービス

‪Microsoft Office 製品のリソースの調整、バックグラウンド ダウンロード、システム統合、関連する更新プログラムを管理します。このサービスは、Microsoft Office プログラムの使用中、最初のダウンロード インストールとそれ以降の更新プログラムのインストール中に実行されている必要があります。‬

"C:\Program Files\Common Files\Microsoft Shared\ClickToRun\OfficeClickToRun.exe" /service
sc stop ClickToRunSvc
timeout /T 10 /NOBREAK
sc config ClickToRunSvc start= demand



Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽に出来ます MSオフィス 2013

Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽に出来ます MSオフィス 2007

Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽に出来ます MSオフィス 2003

Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントも事前に設定する事で同一環境の構築が楽に出来ます

vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)
vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)

  Vista SP2をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化が出来ます

vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)
vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)

  Windows 7をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化が出来ます

Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう
Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう

  1枚のCDから複数のFDイメージを選択起動で究極無敵CD、他

Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する
Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する

  新バージョンの検証や保守用の旧バージョンの開発環境を独立して構築

Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築
Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築

  PXEブート対応の CDドライブの無い軽量ノートにネットワーク経由で Windowsがインストール可能



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外はweb構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2017 FREE WING, Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/microsoft_office_2016_unattend_auto_install/