HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2017/09/15

Visual Studio 2013 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。 Visual Studio 2013 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。

(VS2013を Update 5適用済みとコンポーネント選択の事前設定でインストール時の手間を省く。)

Tags: [Windows], [無人インストール]





● Microsoft Visual Studio 2013を全自動でインストールする方法

 Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法

 Visual Studio 2013 Professionalを無人インストール

Welcome to Visual Studio 2013
Visual Studio 2013 Update 5 (2013.5) RTM 2015年 7月 20日

Visual Studio 95 = Ver. 5.0
Visual Studio 98 SP6 = Ver. 6.0
Visual Studio 2005 = 8
Visual Studio 2008 = 9
Visual Studio 2010 = 10
Visual Studio 2012 = 11
Visual Studio 2013 Update 5 = 12 ★
Visual Studio 2015 Update 3 = 14
Visual Studio 2017 Update 15.3 = 15

※ 無償版の Visual Studio 2013 Communityエディションは MFCの開発が可能。(機能的には Professionalエディション相当)
※ 無償版の Expressエディションは Visual Studio 2005から Visual Studio 2015まで存在。
 2013の Communityは英語版のみ。
Visual Studio Community 2013 with Update 5 (x86) - DVD (English)
リリース済み: 2015/11/13
SHA1: B78E03D4036702AC947AE506A212B07E49A68FF6
ファイル名: en_visual_studio_community_2013_with_update_5_x86_dvd_6816332.iso


●必要な物

 ・Microsoft Visual Studio 2013 Professional Update 5適用済み ISOイメージ
Visual Studio Professional 2013 with Update 5 (x86) - DVD (Japanese)
リリース済み: 2015/07/20
SHA1: B8F0FFB5E21D99E6098BBC8A3BF92666FED160BD
ファイル名: ja_visual_studio_professional_2013_with_update_5_x86_dvd_6815755.iso

Visual Studio ダウンロード(要ログイン)
Visual Studio のダウンロード
以前のバージョンの Visual Studio のダウンロード
Visual Studio 2013 のシステム要件
Visual Studio 2013年更新 5

・Visual Studio 2013 Professional Update 5適用済み ISOイメージのダウンロード
Visual Studio 2013 Professional Update 5適用済み ISOイメージのダウンロード


・Visual Studio 2013 Professional Update 5適用済み ISOイメージのダウンロード
Visual Studio 2013 Professional Update 5適用済み ISOイメージのダウンロード


 ※ exe版のインストーラで /Layoutオプションを付けてインストールに必要なファイル一式全部をダウンロードする方法も有ります。この場合は ISOファイルは不要。


● Microsoft Visual Studio 2013のカスタマイズ方法

 インストールメディアのルートに在る AdminDeployment.xmlファイルを必要に応じて書き換えて、vs_professional.exeを実行します。

素の状態の AdminDeployment.xmlの中身
<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<AdminDeploymentCustomizations xmlns="http://schemas.microsoft.com/wix/2011/AdminDeployment">
   <BundleCustomizations TargetDir="default" NoWeb="default"/>

   <SelectableItemCustomizations>
     <SelectableItemCustomization Id="Blend" Hidden="no" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="LightSwitch" Hidden="no" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VC_MFC_Libraries" Hidden="no" Selected="yes" />

   ~~~ 長いので省略 ~~~
   ~~~ 長いので省略 ~~~

     <SelectableItemCustomization Id="WinJSHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="WinSDKHidden" Selected="yes" />
  </SelectableItemCustomizations>

</AdminDeploymentCustomizations>

SelectableItemCustomization Id=の各内容について、
 インストールする場合は Selected="yes"
 インストールしない場合は Selected="no"
 を設定します。

 カスタマイズ方法は下記のサイトを頑張って総合的に読み込めば理解が可能。
方法: Visual Studio の無人インストールを作成して実行する
方法: Visual Studio の展開時にプロダクト キーを自動的に適用する
Visual Studio のインストール
How to: Create and Run an Unattended Installation of Visual Studio
Missing Documentation on AdminDeployment.xml
Visual Studio Administrator Guide

●編集後の AdminDeployment.xmlの中身

 Visual C++と Visual C#のみをインストール対象としています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<AdminDeploymentCustomizations xmlns="http://schemas.microsoft.com/wix/2011/AdminDeployment">
   <BundleCustomizations TargetDir="default" NoWeb="default"/>

   <SelectableItemCustomizations>
     <SelectableItemCustomization Id="Blend" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="LightSwitch" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VC_MFC_Libraries" Hidden="no" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="OfficeDeveloperTools" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQL" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WebTools" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SilverLight_Developer_Kit" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="Win8SDK" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WindowsPhone80" Hidden="no" Selected="no" />

     <SelectableItemCustomization Id="BlissHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="HelpHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="LocalDBHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="NetFX4Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="NetFX45Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="PortableDTPHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveDotfuscatorHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveAnalyticsHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="ProfilerHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="ReportingHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools3Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools4Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="Silverlight5DRTHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLCEHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLCLRTypesHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDACHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDOMHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLSharedManagementObjectsHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="TSQLHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCCompilerHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCCoreHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCDebugHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCDesigntimeHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCExtendedHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="WinJSHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WinSDKHidden" Selected="yes" />
  </SelectableItemCustomizations>

</AdminDeploymentCustomizations>

 その他の情報では下記も "no"に出来る。
     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveDotfuscatorHidden" Selected="no" />
PreEmptive Dotfuscator
http://www.preemptive.com/products/dotfuscator/overview

     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveAnalyticsHidden" Selected="no" />
PreEmptive Analytics
http://www.preemptive.com/products/runtime-intelligence/overview

     <!-- SQL Server CLR data types -->
     <SelectableItemCustomization Id="SQLCLRTypesHidden" Selected="no" />
     <!-- SQL Server data access component -->
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDACHidden" Selected="no" />
     <!-- SQL Server document object model -->
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDOMHidden" Selected="no" />
     <!-- SQL Server shared management objects -->
     <SelectableItemCustomization Id="SQLSharedManagementObjectsHidden" Selected="no" />

     <!-- WCFDataServicesHiddenの指定を追加 -->
     <SelectableItemCustomization Id="WCFDataServicesHidden" Selected="no" />

● Id="SDKTools3Hidden"と "SDKTools4Hidden"を "no"にすると、AxImp.exeが無くなる。

 AxImp.exeが無いと MSHTMLや SHDocVw等が処理出来ないので BHO Browser Helper Objectが作れない。
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools3Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools4Hidden" Selected="no" />

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Bin\AxImp.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v7.0A\Bin\x64\AxImp.exe

C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v8.0A\bin\NETFX 4.0 Tools\AxImp.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v8.0A\bin\NETFX 4.0 Tools\x64\AxImp.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v8.1A\bin\NETFX 4.5.1 Tools\AxImp.exe
C:\Program Files (x86)\Microsoft SDKs\Windows\v8.1A\bin\NETFX 4.5.1 Tools\x64\AxImp.exe

● Id="VCExtendedHidden" Selected="no"にすると VC++の MFCアプリで atltrace.hが無いよエラーになる。

 VCExtendedHiddenは ATL関係のコンポーネントフラグ。
  <SelectableItemCustomization Id="VCExtendedHidden" Selected="no" />

 エラー 1 error C1083: include ファイルを開けません。'atltrace.h':No such file or directory c:\program files (x86)\microsoft visual studio 12.0\vc\atlmfc\include\afx.h 335 1 MFCApplication1


●と言う事でインストール定義ファイル AdminDeployment.xmlの最終形態。2018/03版

 Visual C++と Visual C#のみをインストール対象としています。

<?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
<AdminDeploymentCustomizations xmlns="http://schemas.microsoft.com/wix/2011/AdminDeployment">
   <BundleCustomizations TargetDir="default" NoWeb="default"/>

   <SelectableItemCustomizations>
     <SelectableItemCustomization Id="Blend" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="LightSwitch" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VC_MFC_Libraries" Hidden="no" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="OfficeDeveloperTools" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQL" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WebTools" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SilverLight_Developer_Kit" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="Win8SDK" Hidden="no" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WindowsPhone80" Hidden="no" Selected="no" />

     <SelectableItemCustomization Id="BlissHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="HelpHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="LocalDBHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="NetFX4Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="NetFX45Hidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="PortableDTPHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveDotfuscatorHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="PreEmptiveAnalyticsHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="ProfilerHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="ReportingHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools3Hidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SDKTools4Hidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="Silverlight5DRTHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLCEHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLCLRTypesHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDACHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLDOMHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="SQLSharedManagementObjectsHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="TSQLHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCCompilerHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCCoreHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCDebugHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCDesigntimeHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="VCExtendedHidden" Selected="yes" />
     <SelectableItemCustomization Id="WCFDataServicesHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WinJSHidden" Selected="no" />
     <SelectableItemCustomization Id="WinSDKHidden" Selected="yes" />
  </SelectableItemCustomizations>
</AdminDeploymentCustomizations>


● vs_professional.exeコマンドをコマンドプロンプトから実行します。

 コマンドプロンプトのカレントディレクトリをインストールメディアのドライブに
移動して下記を実行します。
vs_professional.exe /NoRefresh /NoWeb /AdminFile /PromptRestart X:\SETUP_FILE\VS2013PRO\AdminDeployment.xml /Log C:\TMP\VS2013\VS2013_Log.txt /ProductKey AAAAABBBBBCCCCCDDDDDEEEEE /Passive

 1時間くらい辛抱すると全自動でインストールが完了しています。

 Update 5で Windows Phone 8.1 Emulators - ENU 12.0.31010.0 755MBがインストールされるのでアンインストール。
echo ファイルの確認
"C:\ProgramData\Package Cache\{166a69f6-6512-47ea-a342-17d954fc059a}\MobileTools_EmulatorWP81.exe" /?

echo アンインストール
"C:\ProgramData\Package Cache\{166a69f6-6512-47ea-a342-17d954fc059a}\MobileTools_EmulatorWP81.exe" /Uninstall /Passive

・Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール
Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール


・Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール
Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール


・Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール
Update 5で Windows Phone 8.1 Emulatorsがインストールされるのでアンインストール




● Microsoft Visual Studio 2013を全自動でインストールする方法

・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法


・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
 /Passiveを付けた場合は表示しません。

・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
 /Passiveを付けた場合は表示しません。

・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
 /Passiveを付けた場合は表示しません。

・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法


・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法


・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法


・Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法
Microsoft Visual Studio 2013を無人インストールする方法




・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5


・Microsoft Visual Studio 2013 Update 5
Microsoft Visual Studio 2013 Update 5




● Microsoft Visual Studio 2013で C++ MFCを開発

・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C++ with MFC




● Microsoft Visual Studio 2013で C# Windowsアプリを開発

・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#


・Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#
Microsoft Visual Studio 2013 Visual C#




● vs_professional.exe /?でヘルプが出ます。

 Visual Studio 2013 Professional
E:\> vs_professional.exe /?

セットアップ - 使用法

    このセットアップでは次のスイッチを使用できます。

    /Help              使用法を表示します。
    /H
    /?

    /Quiet             画面に表示されない、ユーザー操作なしの非表示出力モードです。
    /Q
    /Silent
    /S

    /Passive           進行状況を表示しますが、ユーザーの入力を待機しません。

    /PromptRestart     システムを再起動する前にユーザーに確認メッセージを表示します。

    /NoRestart         インストール中またはインストール後に再起動しません。

    /ForceRestart      インストール後に常にシステムを再起動します。

    /Log               <ファイル名> ログ ファイルの位置を指定します。
    /L

    /Uninstall         製品をアンインストールします。
    /U

    /Uninstall /Force  他の製品と共有されている製品と機能をアンインストールします。
    /U /Force          警告: このスイッチを使用すると、このコンピューターにインストールされている他の製品が正常に機 能しなくなる場合があります。

    /Repair            製品を修復します。

    /Layout            指定のフォルダーにメディアのコピーを作成します。

    /NoRefresh         セットアップ中にインターネットからの更新プログラムの確認を禁止します。

    /NoWeb             セットアップ中にインターネットからのダウンロードを禁止します。

    /Full              製品のすべての機能をインストールします。

    /AdminFile         <ファイル名> インストール制御ファイルを指定します。

    /AddRemoveFeatures インストール済み製品のどの機能を追加または削除するかを選択します。

    /CustomInstallPath <パス>
                       カスタム インストールの場所を設定します。

    /ProductKey        <25 文字のプロダクト キー>
                       カスタム プロダクト キー (ダッシュなし) を設定します。

    詳細については、http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=542801&clcid=0x411 を参照してください
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=542801&clcid=0x411


● Visual Studio 2013 Update 5をインストールした後に出てくるアップデート VSU1

 Windows 10の Windows Updateでインストールします。

Update for Microsoft Visual Studio 2013 Update 1 (KB2932965)
 Microsoft Visual Studio 2013 VSU1 用更新プログラム (KB2932965)
Version: 2013
Date Published: 3/10/2014
File Name: VS12-KB2932965.exe
File Size: 1.4 MB

 この Microsoft Update は、通知ハブで Visual Studio またはインストールされている Visual Studio の拡張機能の更新プログラムに関する通知が表示されなくなるという、Visual Studio 2013 Update 1 の問題を修正します。



● Visual Studio 2013の環境設定をコマンドラインで行なう方法

 あらかじめ Visual Studio 2013の設定を .vssettingsファイルにエクスポートしておき、必要な時にコマンドラインで
cd /D "C:\Program Files (x86)\Microsoft Visual Studio 12.0\Common7\IDE\"
devenv /ResetSettings C:\Hoge\Fuga.vssettings


[設定のインポートとエクスポート] コマンド Visual Studio 2013
 Visual Studio 設定をインポート、エクスポート、またはリセットします。

Tools.ImportandExportSettings [/export:filename | /import:filename | /reset]
 ※これは Visual Studio内のコンソールで実行する物?



● Visual Studio 2013の MFC C++で MBCSを扱うには別途 MFC MBCS DLL アドオンのインストールが必要

 _UNICODE
 _MBCS

エラー 1 error MSB8031: Building an MFC project for a non-Unicode character set is deprecated. You must change the project property to Unicode or download an additional library. See http://go.microsoft.com/fwlink/p/?LinkId=286820 for more information. C:\Program Files (x86)\MSBuild\Microsoft.Cpp\v4.0\V120\Microsoft.CppBuild.targets 376 5 MFCApplication1
MFC MBCS DLL アドオン Visual Studio 2013
Multibyte MFC Library for Visual Studio 2013
 Visual Studio 2013 のマルチバイト MFC ライブラリ
Version: 2013
Date Published: 10/11/2013
File Name: vc_mbcsmfc.exe
File Size: 64.3 MB

 Visual Studio 2013 のこのアドオンには、マルチバイト文字セット (MBCS) バージョンの MFC (Microsoft Foundation Class) ライブラリが含まれています。
 インストールには約 440 MB のディスク容量が必要

 ただし、vc_mbcsmfc.exeをインストールした後は deprecated and may be removedの警告が出る。
警告 1 warning C4996: 'MBCS_Support_Deprecated_In_MFC': MBCS support in MFC is deprecated and may be removed in a future version of MFC. c:\program files (x86)\microsoft visual studio 12.0\vc\atlmfc\include\afx.h 38 1 MFCApplication1

 無人インストール方法
vc_mbcsmfc.exe /Passive /NoRestart

● Visual Studio 2013の MBCS関係

Support for Multibyte Character Sets (MBCSs) Visual Studio 2013
Support for Multibyte Character Sets (MBCS)
MBCS Support in Visual C++
MFC MBCS DLL アドオン

 ※ Visual Studio 2015には MBCS対応の MFC ライブラリが含まれている。
  (おいおい、「deprecated and may be removed」じゃないのかよ?)


● Visual Studio 2013 の既知の問題

Visual Studio 2013 の既知の問題



● Visual Studio 2013のカスタマーフィードバックのオプション

 Visual Studio 2013のカスタマーフィードバックのオプション
 Visual Studio エクスペリエンス向上プログラム(Visual Studioファミリの品質向上にご協力ください)

 下記のレジストリで「参加しない(マイクロソフトに情報を送信しない)」に設定出来る。
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WOW6432Node\Microsoft\VSCommon\12.0\SQM]
"OptIn"=dword:00000000



● StyleCopでVisual Studioのコーディング規約をチェック

 StyleCopは Visual Studioのコーディング規約チェックアプリで Visual Studioのパッケージマネージャの nugetからインストール出来る。

StyleCop 5.0.0

 StyleCop 5.0.0
 The core StyleCop library that is used to create and use parsers and analyzers.


● C#言語の場合 Stringと stringの違い

 答え:公式には 「string」を使うらしい。

String.Format Method

What is the difference between String and string in C# ?

object:  System.Object
string:  System.String
bool:    System.Boolean
byte:    System.Byte
sbyte:   System.SByte
short:   System.Int16
ushort:  System.UInt16
int:     System.Int32
uint:    System.UInt32
long:    System.Int64
ulong:   System.UInt64
float:   System.Single
double:  System.Double
decimal: System.Decimal
char:    System.Char


●マイクロソフトが提供しているアイコン画像素材やフォント、商品画像素材など

 マイクロソフト謹製のアプリケーション用アイコン画像素材の詰め合わせ。
 アプリ用アイコンセット。

Visual Studio Image Library
 Visual Studio Image Library には、Microsoft Visual Studio、Microsoft Windows、Office system などの Microsoft ソフトウェアに表示されるアプリケーション イメージが格納されています。 この 1000 を超えるイメージのセットを使用して、Microsoft ソフトウェアと同じ外観のソフトウェアを作成できます。

 ※ライセンスの確認をしていませんが、この手の素材の利用規約のあるあるとして Visual Studio以外での使用は禁止されていると思われます。

● Visual Studio Image Library 2012, 2013, 2015, 2017
Visual Studio Image Library をダウンロードする
Date Published: 11/28/2017
VS2012 Image Library.zip 19.4 MB
VS2013 Image Library.zip 285.6 MB
VS2015 Image Library.zip 2.9 GB
VS2017 Image Library.zip 12.5 MB

Visual Studio でのイメージの使用
 アプリ用アイコンの設計、アイコンの配置、アイコンの組み合わせ、アイコンの構築方法、アイコンに使用する色見本などのマイクロソフトのガイドライン。

● Microsoft Azure, Cloud and Enterprise Symbol / Icon Set
Microsoft Azure, Cloud and Enterprise Symbol / Icon Set - Visio stencil PowerPoint PNG, SVG

● New Office Visio Stencil
New Office Visio Stencil
 300以上のアイコン

● Microsoft Typography
Microsoft Typography
 Segoe UI Symbol Fontなど。

● Microsoft Image Gallery
Microsoft Image Gallery



Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Visual Studio 2015 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。
Visual Studio 2015 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。

  VS2015を Update 3適用済みとコンポーネント選択の事前設定でインストール時の手間を省く。

Visual Studio 2017 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。
Visual Studio 2017 Professionalを無人インストールする方法、完全自動でインストール。

  VS2017を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする。

ZIPファイル解凍ツールをソースリスト 1行で作る方法、Windows専用
ZIPファイル解凍ツールをソースリスト 1行で作る方法、Windows専用

  Visual Studio 2013の C#で ZipFile.ExtractToDirectoryを使います



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外はweb構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2017-2018 FREE WING, Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/visual_studio_2013_unattend_auto_install/