HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
LINK
BACK
 

[NEW] 2021/02/13

OpenCoreの使い方、Windowsパソコンで macOSを動かす Hackintosh用のブートローダー OpenCoreの使い方、Windowsパソコンで macOSを動かす Hackintosh用のブートローダー

(OpenCoreは新しいオープンソースの Hackintosh用のブート ローダーです)

Tags: [Apple], [MacBook], [Hackintosh]




● macOS Big Sur 11.2の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを OpenCoreで作成する方法

 【成功】macOS Big Sur 11.2の Bootable USBデバイスを作成する方法 OpenCore 0.6.6【USB OK】

acidanthera / OpenCorePkg
Opencore Gen-X

 Cloverで USBポート問題が解決できないので OpenCoreにしたらアッサリと解決しました。
 全く同じ設定で macOS Catalina 10.15.7もアッサリできた!!
 (と言うか、先に macOS Catalina 10.15.7で動いたので macOS Big Sur 11.2にしたらそのまま動いた)
 macOS Big Sur 11.2から macOS Big Sur 11.2.1へのアップデートもできました!!

 なお Cloverでは Catalina 10.15.1では問題なく動作していました。

 2021/4 追記
  その後の検証で USBポート問題は ESSENCORE KLEVV製の USBメモリが原因と言う事が分かりました。
 USBメモリは SanDisk製が安心です!

 環境:Core i3-6100U Skylake Intel HD Graphics HD520
 macOS Big Sur 11.2 20D64

 Opencore Gen-Xを起動する
 ・「Skylake」を選ぶ
 ・「Kext」を選ぶ(必要な物を入れる)

● OpenCoreの config.plistの設定

 Opencore Gen-Xで生成した config.plistの設定内容を編集します。

 OpenCoreの config.plistの設定や SSDTのファイル類はここのガイドの通りにしました。
Laptop Skylake

 なお、config.plistの編集は ProperTreeが無料なので使いました。
corpnewt / ProperTree

設定名ファイル名SHA1
SSDT-PLUGSSDT-PLUG-DRTNIA.aml0694E904C8E8D6AB7B2E40355BE1577F3AC338FC
SSDT-EC-USBXSSDT-EC-USBX-LAPTOP.amlD7797066C258C7831716231BDC29F429C44EB1B0
SSDT-GPIOSSDT-XOSI.amlDB230338AA28B4CBAF30FE66B09CD3B05134EA55
SSDT-PNLFSSDT-PNLF.aml0B788658EB01E62E6AB8289776C5EB064A56C5AD


● EFIパーティションの /EFI/OCの中身
● /EFI/OC
config.plist
OpenCore.efi

● /EFI/OC/ACPI
SSDT-PLUG-DRTNIA.aml
SSDT-EC-USBX-LAPTOP.aml
SSDT-XOSI.aml
SSDT-PNLF.aml

● /EFI/OC/Drivers
・ Firmware Drivers - UEFI
OpenRuntime.efi - 絶対に必要
HfsPlus.efi - 絶対に必要

● /EFI/OC/Kexts
・ Essential
Lilu.kext - 絶対に必要
VirtualSMC.kext - 絶対に必要

・ VirtualSMC Plugin
(無し)

・ Graphics
WhateverGreen.kext - 絶対に必要
(Boot-Args 無し)

・ Audio
AppleALC.kext - オーディオ用に必要
(BootArgs 無し)

・ Ethernet
RealtekRTL8111.kext - LAN用に必要(Realtekの場合)
IntelMausiEthernet.kext - Intelの場合
AtherosE2200Ethernet.kext - Atherosの場合

・ USB
USBInjectAll.kext - 絶対に必要

・ WiFi and Bluetooth
AirportBrcmFixup.kext - WiFiと Bluetoothに必要(AzureWave AW-NB290 Broadcom BCM943225HMB mini PCI Express)

・ Extra's
(無し)
必要な Kextファイル2021/2現在の最新バージョン
AirportBrcmFixup.kext2.1.3
AppleALC.kext1.5.7
Lilu.kext1.5.1
RealtekRTL8111.kext2.3.0
USBInjectAll.kext0.7.5
VirtualSMC.kext1.2.0
WhateverGreen.kext1.4.7
IntelMausiEthernet.kext1.0.5
AtherosE2200Ethernet.kext2.3.0

●別途必要な Kextと思ったら igfxonln=1でスリープで黒画面状態の問題は解決!!
 これらが無いとスリープモードになった後、画面が復帰しない感じ。漢字。igfxonln=1で解決!!
 Clover時代にこれらが有るとスリープからの復帰で全く問題が発生しなかった。無いと同じ問題が発生していた。
HibernationFixup.kext

NullCPUPowerManagement.kext

CPUFriend.kext ? これは必要かな?
 ※ OpenCoreの場合 config.plistの追加修正も必要です。


● macOS OSX86で読み込んでいる(有効になっている) Kextを確認する方法
kextstat | grep WhateverGreen
 読み込んでいない場合は表示しません

下記は第三者の Kextを表示しない?
kextfind -e


● OpenCore 0.6.6で Skylakeで設定した場合の config.plistの追加、変更箇所

● ACPI - Add
<dict>
	<key>ACPI</key>
	<dict>
		<key>Add</key>
↓↓↓ここから
		<array>
			<dict>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>Comment</key>
				<string>SSDT-PLUG-DRTNIA.aml</string>
				<key>Path</key>
				<string>SSDT-PLUG-DRTNIA.aml</string>
			</dict>
			<dict>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>Comment</key>
				<string>SSDT-EC-USBX-LAPTOP.aml</string>
				<key>Path</key>
				<string>SSDT-EC-USBX-LAPTOP.aml</string>
			</dict>
			<dict>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>Comment</key>
				<string>SSDT-PNLF.aml</string>
				<key>Path</key>
				<string>SSDT-PNLF.aml</string>
			</dict>
			<dict>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>Comment</key>
				<string>SSDT-XOSI.aml</string>
				<key>Path</key>
				<string>SSDT-XOSI.aml</string>
			</dict>
		</array>
↑↑↑ここまで
		<key>Delete</key>
		<array/>

● ACPI - Patch
		<key>Patch</key>
↓↓↓ここから
		<array>
			<dict>
				<key>Comment</key>
				<string>Change _OSI to XOSI</string>
				<key>Count</key>
				<integer>0</integer>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>Find</key>
				<data>X09TSQ==</data>
				<key>Limit</key>
				<integer>0</integer>
				<key>Mask</key>
				<data></data>
				<key>OemTableId</key>
				<data></data>
				<key>Replace</key>
				<data>WE9TSQ==</data>
				<key>ReplaceMask</key>
				<data></data>
				<key>Skip</key>
				<integer>0</integer>
				<key>TableLength</key>
				<integer>0</integer>
				<key>TableSignature</key>
				<data></data>
			</dict>
		</array>
↑↑↑ここまで
		<key>Quirks</key>
...

● BIOSで DVMT preallocのメモリ設定を 128MBに変更できない場合のパッチ


2018/11/11
OSX86 Hackintoshで DVMT Pre-Allocated 32MBでも動く様にする WhateverGreen.kextでのパッチ方法
OSX86 Hackintoshで DVMT Pre-Allocated 32MBでも動く様にする WhateverGreen.kextでのパッチ方法

  BIOSに DVMT Pre-Allocatedの設定項目が無いノートパソコンでも Mac Mojaveの夢を見る方法

 Core i3-6100U HD520用。
 DVMT-preallocが 32MBでも動くようになるパッチ。
PciRoot(0x0)/Pci(0x2、0x0)
AAPL、ig-platform-id00001619
framebuffer-patch-enable01000000AQAAAA==
framebuffer-stolenmem00003001AAAwAQ==STOLEN19MB stolen framebuffer (0x01300000)
framebuffer-fbmem00009000AACQAA==FBMEM9MB (9 * 1024 * 1024 = 0x00900000)
framebuffer-unifiedmem00000080AAAAgA==VRAMunifiedmem 1536MBを 2048MBに変更する
 ※ framebuffer-unifiedmem = 00000080は非推奨 (VRAM, it is not recommended to use this patch)
 ※ 上の表はカンマ文字が「、」全角文字なので注意

● DeviceProperties - Add
...
	<key>DeviceProperties</key>
	<dict>
		<key>Add</key>
↓↓↓ここから WhateverGreen.kext DVMT-prealloc 32MB patch Skylake i3 6100U
		<dict>
			<key>PciRoot(0x0)/Pci(0x2,0x0)</key>
			<dict>
				<key>AAPL,ig-platform-id</key>
				<data>AAAWGQ==</data>
				<key>framebuffer-patch-enable</key>
				<data>AQAAAA==</data>
				<key>framebuffer-stolenmem</key>
				<data>AAAwAQ==</data>
				<key>framebuffer-fbmem</key>
				<data>AACQAA==</data>
				<key>framebuffer-unifiedmem</key>
				<data>AAAAgA==</data>
			</dict>
↑↑↑ここまで

● AppleALC.kextの設定(boot-argsに設定すれば不要)

 layout-idに設定する値はパソコンの機種毎(使用している Realtekのオーディオチップの型番)に異なる。
↓↓↓ここから AppleALC.kextの設定
			<key>PciRoot(0x0)/Pci(0x1b,0x0)</key>
			<dict>
				<key>layout-id</key>
				<integer>7</integer>
			</dict>
		</dict>
↑↑↑ここまで
		<key>Delete</key>
		<dict/>
	</dict>
 ※ NVRAM - Add - boot-argsで alcid=7を設定しているので上記の layout-id=7の設定は無意味です

● Kernel - Add
 手動で Kextファイルをコピーした場合に必要。
 私の場合は igfxonln=1で解決したので不要。

 Kextファイルを /EFI/OC/Kextsにコピーしただけでは読み込んでくれません。
 config.plistの追加修正も必要です。(なんて不便なの!?)
 私の場合は igfxonln=1で解決したので不要。
	<key>Kernel</key>
	<dict>
		<key>Add</key>
		<array>
...
↓↓↓ここから
			<dict>
				<key>Arch</key>
				<string>x86_64</string>
				<key>BundlePath</key>
				<string>NullCPUPowerManagement.kext</string>
				<key>Comment</key>
				<string></string>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>ExecutablePath</key>
				<string>Contents/MacOS/NullCPUPowerManagement</string>
				<key>MaxKernel</key>
				<string></string>
				<key>MinKernel</key>
				<string></string>
				<key>PlistPath</key>
				<string>Contents/Info.plist</string>
			</dict>
			<dict>
				<key>Arch</key>
				<string>x86_64</string>
				<key>BundlePath</key>
				<string>HibernationFixup.kext</string>
				<key>Comment</key>
				<string></string>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>ExecutablePath</key>
				<string>Contents/MacOS/HibernationFixup</string>
				<key>MaxKernel</key>
				<string></string>
				<key>MinKernel</key>
				<string></string>
				<key>PlistPath</key>
				<string>Contents/Info.plist</string>
			</dict>
↑↑↑ここまで
↓↓↓ここから
			<dict>
				<key>Arch</key>
				<string>x86_64</string>
				<key>BundlePath</key>
				<string>CPUFriend.kext</string>
				<key>Comment</key>
				<string></string>
				<key>Enabled</key>
				<true/>
				<key>ExecutablePath</key>
				<string>Contents/MacOS/CPUFriend</string>
				<key>MaxKernel</key>
				<string></string>
				<key>MinKernel</key>
				<string></string>
				<key>PlistPath</key>
				<string>Contents/Info.plist</string>
			</dict>
↑↑↑ここまで
		</array>
		<key>Block</key>
		<array/>

● Misc - Boot - Timeout
 -1でタイムアウトしない(キー入力を永遠に待つ)にする
	<key>Misc</key>
	<dict>
...
		<key>Boot</key>
		<dict>
...
			<key>Timeout</key>
			<integer>-1</integer>

● OpenCoreのデバグログ表示
OpenCore Debugging
ValuedecComment
0x011Enable Logging
0x022Enable Onscreen debug
0x044Enable logging to Data Hub.
0x088Enable serial port logging.
0x1016Enable UEFI variable logging.
0x2032Enable non-volatile UEFI variable logging.
0x4064Enable logging to file.
 ex. 67 = 0x40 + 0x2 + 0x1
 ex. 3 = 0x2 + 0x1

● Misc - Debug - Target
	<key>Misc</key>
	<dict>
...
		<key>Debug</key>
		<dict>
...
			<key>Target</key>
			<integer>3</integer>


● NVRAM - Add - boot-args

-v画面にログを出す設定
keepsyms=1設定しておくと良い
debug=0x100設定しておくと良い
alcid=7Audioの AppleALC.kextの layout-id=7の設定と同じ
igfxonln=1スリープ後に黒画面のままで復帰しない問題を修正
	<key>NVRAM</key>
	<dict>
		<key>Add</key>
...
			<key>7C436110-AB2A-4BBB-A880-FE41995C9F82</key>
			<dict>
...
				<key>boot-args</key>
				<string>-v keepsyms=1 debug=0x100 alcid=7 igfxonln=1</string>

● UEFI - AddQuirks - ReleaseUsbOwnership
	<key>UEFI</key>
...
		<key>Quirks</key>
		<dict>
...
			<key>ReleaseUsbOwnership</key>
			<true/>

● PlatformInfo - Generic

CloverOpenCore設定例
ProductNameSystemProductNameiMac17、1
BoardSerialNumberMLBCxxxxxxxxxxxxxxxZ
SerialNumberSystemSerialNumberCxxxxxxxxxxN
SmUUIDSystemUUID00000000-1111-2222-3333-444444444444
 ※ Skylakeの場合 iMac17,1が良い
 ※ 上の表はカンマ文字が「、」全角文字なので注意

	<key>PlatformInfo</key>
	<dict>
...
		<key>Generic</key>
		<dict>
			<key>AdviseWindows</key>
			<false/>
			<key>MLB</key>
			<string>Cxxxxxxxxxxxxxxxx</string>
			<key>MaxBIOSVersion</key>
			<false/>
			<key>ProcessorType</key>
			<integer>0</integer>
			<key>ROM</key>
			<data>xxxxxxxx</data>
			<key>SpoofVendor</key>
			<true/>
			<key>SystemMemoryStatus</key>
			<string>Auto</string>
			<key>SystemProductName</key>
			<string>iMac17,1</string>
			<key>SystemSerialNumber</key>
			<string>Cxxxxxxxxxxx</string>
			<key>SystemUUID</key>
			<string>00000000-1111-2222-3333-444444444444</string>
		</dict>


● HDMIディスプレイの音声出力ができない

HYSTOU FMP03 Intel Skylake Core i3-6100U Realtek ALC892
Realtek ALC892
 HDMIディスプレイの音声出力ができない。


● macOSの config.plistファイルを見易く整形するツール PListToText

 C#で開発したので Windowsと macOSの両方で動きます。

[NEW] 2021/02/13
Hackintoshで使用する config.plistの設定内容を目視する時に便利な PListToTextツール
Hackintoshで使用する config.plistの設定内容を目視する時に便利な PListToTextツール

  C#で macOSの config.plistファイルを見易く整形するツール PListToTextを作る、ソースリスト付き



Tags: [Apple], [MacBook], [Hackintosh]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

2021年 Windowsパソコンで macOSを動かす OSX86 Hackintoshの夢のまとめ!
2021年 Windowsパソコンで macOSを動かす OSX86 Hackintoshの夢のまとめ!

  Hackintosh用のブートローダー、Clover、OpenCoreの情報のまとめ

macOS Big Sur 11.2の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを OpenCoreで作成する方法
macOS Big Sur 11.2の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを OpenCoreで作成する方法

  【成功】macOS Big Sur 11.2の Bootable USBデバイスを作成する方法、OpenCore 0.6.6【USB OK】

macOS Catalina 10.15.7の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを OpenCoreで作成する方法
macOS Catalina 10.15.7の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを OpenCoreで作成する方法

  【成功】macOS Catalina 10.15.7の Bootable USBデバイスを作成する方法、OpenCore 0.6.6【USB OK】

macOS Catalina 10.15.7の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを Cloverで作成する方法
macOS Catalina 10.15.7の OSX86 Hackintosh用インストール USBメディアを Cloverで作成する方法

  【不完全・失敗】macOS Catalina 10.15.7の Bootable USBデバイスを作成する方法、Clover r5129【USBエラー】

macOS Big Sur 11.0.1の完全インストールイメージを公式からダウンロードして、USBブートメディアを作成
macOS Big Sur 11.0.1の完全インストールイメージを公式からダウンロードして、USBブートメディアを作成

  Install macOS Big Surのフルインストールイメージのダウンロードと USBインストールメディアの作成方法

Windowsパソコンで最新 macOS Catalina 10.15.5の OSイメージをダウンローどする夢
Windowsパソコンで最新 macOS Catalina 10.15.5の OSイメージをダウンローどする夢

  最新の macOS Catalina 10.15.5を Windowsパソコンでダウンローdゲフンゲフンの夢

VirtualBoxに Mac OS X macOS Sierraをインストールの夢
VirtualBoxに Mac OS X macOS Sierraをインストールの夢

  Windowsの VirtualBoxに Mac環境を作り OS Xをインストールして動かす夢を見る

Windows 10、macOS Mojave対応のキーボード、マウス共用アプリ
Windows 10、macOS Mojave対応のキーボード、マウス共用アプリ

  マウスとキーボードを 1台で複数のパソコンを操作できます

macOSでキーボードの修飾キーの設定変更をターミナルのコマンドラインから行なう方法、Caps Lockを Controlキーに変更
macOSでキーボードの修飾キーの設定変更をターミナルのコマンドラインから行なう方法、Caps Lockを Controlキーに変更

  macOSのキーボードの修飾キーの設定変更をコマンドラインから行なう方法、スクリプトで全自動で行ないたい!

OSX86 Hackintoshで DVMT Pre-Allocated 32MBでも動く様にする WhateverGreen.kextでのパッチ方法
OSX86 Hackintoshで DVMT Pre-Allocated 32MBでも動く様にする WhateverGreen.kextでのパッチ方法

  BIOSに DVMT Pre-Allocatedの設定項目が無いノートパソコンでも Mac Mojaveの夢を見る方法

macOS Mojaveを高速化する 20の効果的な設定、Macを買ったら最初に設定する俺チューン設定項目
macOS Mojaveを高速化する 20の効果的な設定、Macを買ったら最初に設定する俺チューン設定項目

  macOSの無駄なアニメーション効果や半透明処理を無効化してメモリ節約と高速化する方法

macOS Mojaveの「コントラストを上げる」「透明度を下げる」をターミナルのコマンドラインで設定する方法
macOS Mojaveの「コントラストを上げる」「透明度を下げる」をターミナルのコマンドラインで設定する方法

  Macを買ったら最初に設定する項目、コントラストを上げて視認性を向上、半透明処理を無効化して高速化

macOSのスクリーンキャプチャ機能を便利にカスタマイズする。周囲の影無し、数秒後にキャプチャ等
macOSのスクリーンキャプチャ機能を便利にカスタマイズする。周囲の影無し、数秒後にキャプチャ等

  macOSのスクリーンキャプチャで周囲の影を無くす、任意のファイル名で保存、キャプチャ後に加工等

Macに BootCampを使って Windows 10 May 2019 Update 1903をインストールする方法
Macに BootCampを使って Windows 10 May 2019 Update 1903をインストールする方法

  BootCampを使って macOSに Windows 10 May 2019 Update 1903をインストールする方法

macOSの Boot Campに Windows 10をインストールしたら macOSが起動しなくなった!!
macOSの Boot Campに Windows 10をインストールしたら macOSが起動しなくなった!!

  BootCampを使って Macに Windows 10をインストールした後に macOSと Windowsの起動を切り替える方法

Macに BootCampを使って Windows 10 1903をインストールしてベンチマーク Core i7 8559Uの実力
Macに BootCampを使って Windows 10 1903をインストールしてベンチマーク Core i7 8559Uの実力

  BootCampを使って macOSに Windows 10 May 2019 Update 1903のベンチマーク Core i7-8559U

MacBook Proのタッチパッドの設定をターミナルのコマンドラインで行なう方法
MacBook Proのタッチパッドの設定をターミナルのコマンドラインで行なう方法

  Macのタッチパッドの設定変更をコマンドラインで簡単に行なう方法、スクリプトで全自動で行ないたい

macOS用の無料で使える Diffアプリの一覧 TextWrangler、FileMerge、KDiff3か?
macOS用の無料で使える Diffアプリの一覧 TextWrangler、FileMerge、KDiff3か?

  Mac用の高性能のテキストファイル差分表示アプリ、テキスト比較で差分を表示するアプリ

macOS OSX86で使用する各種パッチの kext拡張をワンクリックで最新に保つアプリ Kext Updater
macOS OSX86で使用する各種パッチの kext拡張をワンクリックで最新に保つアプリ Kext Updater

  Kext Updater - Hackintosh Kexts up to Date

Apple MacBook Proにマグネットタイプの 87W PD対応の USB Type-Cケーブルを購入して MagSafe化したら捗った話
Apple MacBook Proにマグネットタイプの 87W PD対応の USB Type-Cケーブルを購入して MagSafe化したら捗った話

  MacBook Proをマグネット接続で MagSafe化して充電ができて便利、充電するのに USB Type-Cを差すのが面倒な場合に!

Intel NUC Kit NUC8I5BEH BOXNUC8I5BEHを買ってみた、Coffee Lake Core i5-8259U搭載、テレワークに最適な小型筐体
Intel NUC Kit NUC8I5BEH BOXNUC8I5BEHを買ってみた、Coffee Lake Core i5-8259U搭載、テレワークに最適な小型筐体

  Intel NUC NUC8I5BEH Coffee Lake Core i5-8259U搭載、HDD、M2 SSD搭載可能で超高速 CPU

HYSTOU FMP03 Intel Skylake Core i3-6100U搭載 ファンレス 中華ベアボーン
HYSTOU FMP03 Intel Skylake Core i3-6100U搭載 ファンレス 中華ベアボーン

  AliExpress.comで中華ベアボーンを買ってみた HYSTOU FMP03 Fanless Mini PC

Apple MacBook Airを買ってみた。開発者必須アプリの紹介
Apple MacBook Airを買ってみた。開発者必須アプリの紹介

  Xcodeで iPhoneの開発の為に、Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法

Xcodeで Mac OSX用のクリップボード共有&履歴アプリを作る
Xcodeで Mac OSX用のクリップボード共有&履歴アプリを作る

  Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法、MacOSXでクリップボード監視で変化が有ったら取得

Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーンマスコットアプリを作る
Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーンマスコットアプリを作る

  Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法、デスクトップ画面に画像をオーバーレイで描画する方法

Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーンキャプチャアプリ&画像保存を作る
Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーンキャプチャアプリ&画像保存を作る

  Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法、デスクトップの画像をキャプチャする方法

Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーン拡大鏡アプリを作る
Xcode SWIFTで Mac OSX用のスクリーン拡大鏡アプリを作る

  Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法、マウスカーソルの位置をリアルタイムで取得する方法

Xcode SWIFTで Mac OSX用の Finderからドラッグ&ドロップを受け付けるアプリを作る
Xcode SWIFTで Mac OSX用の Finderからドラッグ&ドロップを受け付けるアプリを作る

  Mac OS X用アプリを Swift言語で作る方法、ドラッグ&ドロップを受け付ける方法



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2021 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/osx86_hackintosh_2021_opencore/