HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2020/03/01

Raspberry Pi Busterに Laravel 6 PHP 7.3のフレームワークで Webサーバを構築する方法 Raspberry Pi Busterに Laravel 6 PHP 7.3のフレームワークで Webサーバを構築する方法

(ラズパイで Hello Laravel 6 + PHP7.3 PHPサーバを構築する、Laravel v6は LTSの長期サポート)

Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]





● Laravel v7のインストール方法

 Laravel v7は LTS(長期サポート)じゃ無いので注意!


[NEW] 2020/03/01
Raspberry Pi Busterに Laravel 7 PHP 7.3のフレームワークで Webサーバを構築する方法
Raspberry Pi Busterに Laravel 7 PHP 7.3のフレームワークで Webサーバを構築する方法

  ラズパイで Hello Laravel 7 + PHP7.3 PHPサーバを構築する、PHP7.3インストール方法も解説


● Laravelフレームワークは v5と v6以降とで互換性が無い部分が多い

 Laravelフレームワークを使うのにブログ等の記事を参考にする場合は v5系の記事が多い Laravelの v5系をインストールするのがオススメ。
 v5系の解説記事の内容は v6系では動きません。


2018/03/14
Raspberry Piに Laravel 5.5 PHP 7.0フレームワークで Webサーバを構築する方法
Raspberry Piに Laravel 5.5 PHP 7.0フレームワークで Webサーバを構築する方法

  ラズパイで Hello Laravel 5.5 + PHP7.0サーバを構築する、Apache2で PHP-FPMを有効にする方法

2018/03/14
Raspberry Piに Laravel 5.6 PHP 7.1のフレームワークで Webサーバを構築する方法
Raspberry Piに Laravel 5.6 PHP 7.1のフレームワークで Webサーバを構築する方法

  ラズパイで Hello Laravel 5.6 + PHP7.1 PHPサーバを構築する、PHP7.1インストール方法も解説


●ラズパイで PHPフレームワークの Laravelサーバを構築する方法

 使用した Raspbian OSのバージョン
Raspbian Buster Lite
Minimal image based on Debian Buster
Version:February 2020
Release date:2020-02-13

pi@raspberrypi:~ $ uname -a
Linux raspberrypi 4.19.97-v7+ #1294 SMP Thu Jan 30 13:15:58 GMT 2020 armv7l GNU/Linux

pi@raspberrypi:~ $ lsb_release -a
No LSB modules are available.
Distributor ID: Raspbian
Description:    Raspbian GNU/Linux 10 (buster)
Release:        10
Codename:       buster


● Laravelとは?

 Laravelとは Symfonyをベースにした PHPフレームワーク。

ウェブ職人のためのPHPフレームワーク。

 必要になりそうなので自分専用の実験環境を作成します。


● Laravelのバージョンと必要な PHPのバージョンの関係

Laravelのバージョン時期必要な PHPのバージョン
Laravel v5.42017年1月PHP 5.6.4以上
Laravel v5.52017年8月 LTSPHP 7.0以上LTS
Laravel v5.62018年2月PHP 7.1.3以上
Laravel v62019年9月PHP 7.2以上LTS
Laravel v6.17.12020年2月PHP 7.2以上LTS
Laravel v72020年3月PHP 7.2.5以上
 ラズパイの Raspbian Buster OSは 2020年 3月現在 PHP 7.3.14に対応しています。
 LTS(Long Term Support) のリリースはバグフィックスが2年間、セキュリティフィックスは3年間

 Laravelを軽量化したマイクロフレームワークとして、Lumenがある。
Lumen - PHP Micro-Framework By Laravel



● Laravel Framework 6

 Laravel Framework 6は LTSリリース

Laravel 6.x


● Laravelに必要なパッケージ

 PHP 7.2以上
PHP is a popular general-purpose scripting language

 Composer
Composer - Dependency Manager for PHP

 MySQLまたは MariaDBデータベース
 MySQL データベース
MySQL

 MariaDB creates open source database
MariaDB creates open source database

 HTTP Serverは任意(PHPビルトインサーバ機能でも動かせる)
PHPのビルトインサーバで動かしたい

 Apache2または nginx HTTP Server

 Apache HTTP Server
Apache HTTP Server

 nginx HTTP Server
nginx HTTP Server



● ラズパイの俺専用初期設定

# ラズパイの IPv6を無効化
sudo bash -c "echo \# Disable IPV6 >> /etc/sysctl.conf"
sudo bash -c "echo net.ipv6.conf.all.disable_ipv6 = 1 >> /etc/sysctl.conf"

# ===
# bashのコマンドラインヒストリの設定
# echo export HISTCONTROL=ignoreboth >> ~/.bashrc
# ラズパイの bashでは HISTCONTROL=ignorebothは正しく動きません。
# ラズパイの bashでは HISTCONTROL=ignorespace:ignoredups:erasedupsとします。
echo export HISTCONTROL=ignorespace:ignoredups:erasedups >> ~/.bashrc

# ===
free
#              total        used        free      shared  buff/cache   available
#Mem:         948300      113392      234248       14672      600660      758508
#Swap:        102396           0      102396

# CPUの使用メモリ空間の確認方法
vcgencmd get_mem arm
# arm=948M

# GPUの使用メモリ空間の確認方法
vcgencmd get_mem gpu
# gpu=76M

#  VRAMのサイズを 64MBから 16MBに減らす
# sudo bash -c "echo gpu_mem=16>> /boot/config.txt"
# sudo sed -i -e "s/^gpu_mem=.*/gpu_mem=16/g" /boot/config.txt
# raspi-config nonintコマンドで gpu_memを設定する方が簡単で確実
sudo raspi-config nonint do_memory_split 16

# ===
# 初期設定 ACT-LEDをハートビート動作
sudo bash -c "echo dtparam=act_led_trigger=heartbeat >> /boot/config.txt"

# ===
# ラズパイを最新の状態にする
bash -c "echo \#\!/bin/sh > update.sh"
bash -c "echo df -h >> update.sh"
bash -c "echo sudo apt-get update >> update.sh"
bash -c "echo sudo apt-get -y upgrade >> update.sh"
bash -c "echo sudo apt-get -y dist-upgrade >> update.sh"
bash -c "echo echo \$\'\\\a\' >> update.sh"
bash -c "echo df -h >> update.sh"
bash -c "echo sudo reboot >> update.sh"
bash -c "echo \# sudo poweroff >> update.sh"
chmod +x update.sh
./update.sh
# 自動的に再起動する

# ===
free
#               total        used        free      shared  buff/cache   available
# Mem:         999028      102924      756540       21540      139564      823396
# Swap:        102396           0      102396

vcgencmd get_mem arm
# arm=998M

vcgencmd get_mem gpu
# gpu=16M


● Laravel 6.xでの構築手順

# お決まりの sudo apt-get update
sudo apt-get update

# MySQLのインストール
# mysql-serverから mariadb-serverに変わった
# sudo apt-get -y install mysql-server
sudo apt-get -y install mariadb-server

# MySQLのバージョンの確認
# コマンドラインはそのまま mysqldと mysqlが使える
mysqld -V
# mysqld  Ver 10.3.22-MariaDB-0+deb10u1 for debian-linux-gnueabihf on armv8l (Raspbian 10)
mysql -V
# mysql  Ver 15.1 Distrib 10.3.22-MariaDB, for debian-linux-gnueabihf (armv8l) using readline 5.2
# PHP 7.3のインストールを一行で一括で行なう場合
# mcryptと php7.1-mcryptは php 7.2から廃止になった
sudo apt-get -y install php7.3 php7.3-common php7.3-mbstring php7.3-xml php7.3-mysql php7.3-zip php7.3-gd php7.3-curl php7.3-json

# libc-bin
# Configuring libc6:armhf

# PHPのバージョンの確認 PHP 7.3.14
php -v
# PHP 7.3.14-1~deb10u1 (cli) (built: Feb 16 2020 15:07:23) ( NTS )
# Copyright (c) 1997-2018 The PHP Group
# Zend Engine v3.3.14, Copyright (c) 1998-2018 Zend Technologies
# with Zend OPcache v7.3.14-1~deb10u1, Copyright (c) 1999-2018, by Zend Technologies
# Apache 2 Web Serverのインストール(不要)
# sudo apt-get -y install apache2

# Apache 2 Web Serverのバージョンの確認
apache2 -v
# Server version: Apache/2.4.38 (Raspbian)
# Server built:   2019-10-15T19:53:42
# Composerのインストール
sudo apt-get -y install composer

# Composerのバージョンの確認
composer -V
# Composer 1.8.4 2019-02-11 10:52:10

 Composerを使って Laravelをインストールする時に明示的に Laravel v6を指定します。
 (指定しないと最新の Laravel v7がインストールされる)
# Composerを使って Laravelをインストールする
# /var/www/laravelに作成する
sudo rm -rf /var/www/laravel
sudo mkdir /var/www/laravel
# 本来であれば chownでファイル権限のユーザーで許可を与えるが、自分だけの開発環境なので chmodで安易に済ませている。
sudo chmod 777 /var/www/laravel
composer create-project "laravel/laravel=6.*" /var/www/laravel
# Installing laravel/laravel (v6.18.0)
#   - Installing laravel/laravel (v6.18.0): Downloading (100%)

# Created project in /var/www/laravel
# > @php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
# Loading composer repositories with package information
# Updating dependencies (including require-dev)
# Laravelのバージョンを確認する Laravel Framework 6.18.1
cd /var/www/laravel/
php artisan --version
# Laravel Framework 6.18.1

# apache2の mod_rewriteモジュールを a2enmodコマンドで有効化する
# これを有効化しないと /のルートディレクトリ以外にアクセスすると 404 Not Foundになる
# (間違った使い方だが /index.php/hogeとするとアクセスできる)
sudo a2enmod rewrite

# apache2の mod_rewriteモジュールの有効化を確認する
ls -l /etc/apache2/mods-enabled/ | grep rewrite
# lrwxrwxrwx 1 root root 30 Mar  5 06:06 rewrite.load -> ../mods-available/rewrit .load

# 000-default.confの DocumentRoot設定を書き換える
# 000-default.confの DocumentRoot設定の下に AllowOverride All設定を追加する
sudo nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

<VirtualHost *:80>
#       DocumentRoot /var/www/html
        DocumentRoot /var/www/laravel/public

        <Directory "/var/www/laravel/public">
          AllowOverride All
        </Directory>

# apache2の設定ファイルを書き換えたので apache2を再起動する
sudo systemctl restart apache2

# failed to open stream: Permission deniedになるので 757にする
# UnexpectedValueException
# The stream or file "/var/www/laravel/storage/logs/laravel.log" could not be opened: failed to open stream: Permission denied
# Monolog\Handler\StreamHandler::write
# vendor/monolog/monolog/src/Monolog/Handler/StreamHandler.php:110
# 本来であれば chownでファイル権限のユーザーで許可を与えるが、自分だけの開発環境なので chmodで安易に済ませている。
# sudo chown -R www-data:www-data /var/www/laravel/storage
sudo chmod -R 757 /var/www/laravel/storage
・failed to open stream: Permission deniedになるので 757にする
failed to open stream: Permission deniedになるので 757にする



 パソコンの Webブラウザでラズパイの IPアドレスにアクセスする。
http://192.168.1.123

 Bonjourを入れている場合は(sudo apt-get install avahi-daemon)
http://raspberrypi.local

 白い画面に灰色の文字で下記が出れば成功。
Laravel
DOCUMENTATION LARACASTS NEWS FORGE GITHUB
・ラズパイで PHPフレームワークの Laravelサーバを構築する方法
ラズパイで PHPフレームワークの Laravelサーバを構築する方法




● phpinfoでサーバの PHPの状態を確認する方法

cd /var/www/laravel/public
nano /var/www/laravel/public/phpinfo.php
<?php
  phpinfo();
?>
 上記の内容をコマンドラインで1行の実行でお手軽に済ませる方法。
sudo echo '<?php phpinfo(); ?>' > /var/www/laravel/public/phpinfo.php

 パソコンの Webブラウザでラズパイの IPアドレスにアクセスする。
http://192.168.1.123/phpinfo.php

 Bonjourを入れている場合は(sudo apt-get install avahi-daemon)
http://raspberrypi.local/phpinfo.php


● Laravelフレームワークを使う為のミドルウェア部分の初期設定等

 ラズパイで PHPフレームワークの Laravelサーバを構築したので、次に Laravelフレームワークを使う為のミドルウェア部分の初期設定等を行ないます。


[NEW] 2020/03/01
Laravel 6の初期設定、.envの MySQLの DB定義、MySQLに Laravelユーザー追加等
Laravel 6の初期設定、.envの MySQLの DB定義、MySQLに Laravelユーザー追加等

  Laravel 6の初期設定、.envの MySQLの DB定義、MySQLに Laravelユーザー追加等


● Apache 2サーバで PHPの起動実行が「高速」になる php-fpmを使う場合

 PHPの起動実行が「高速」になる。
 個人で Laravelの勉強に使う場合は「不要」。

# php7.3-fpmのインストール
sudo apt-get -y install php7.3-fpm
# Creating config file /etc/php/7.3/fpm/php.ini with new version
# NOTICE: Not enabling PHP 7.3 FPM by default.
# NOTICE: To enable PHP 7.3 FPM in Apache2 do:
# NOTICE: a2enmod proxy_fcgi setenvif
# NOTICE: a2enconf php7.3-fpm
# NOTICE: You are seeing this message because you have apache2 package installed.
# Created symlink /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/php7.3-fpm.service → /lib/systemd/system/php7.3-fpm.service.
# Processing triggers for man-db (2.8.5-2) ...
# Processing triggers for systemd (241-7~deb10u3+rpi1) ...

# php7.3-fpmの有効化
sudo a2enmod proxy_fcgi setenvif
sudo a2enconf php7.3-fpm
# Enabling conf php7.3-fpm.
# To activate the new configuration, you need to run:
#   systemctl reload apache2

# PHPの www.confファイルを書き換える
sudo nano /etc/php/7.3/fpm/pool.d/www.conf

; listen = /run/php/php7.3-fpm.sock
listen = 127.0.0.1:9000

# php-fpmのサービスを再起動する
sudo service php7.3-fpm stop
sudo service php7.3-fpm start

# apache2の 000-default.confファイルを書き換える
sudo nano /etc/apache2/sites-available/000-default.conf

#       DocumentRoot /var/www/html
        DocumentRoot /var/www/laravel/public

        <FilesMatch "\.php$">
            SetHandler "proxy:fcgi://127.0.0.1:9000/"
        </FilesMatch>

# apache2の設定を変更したので apache2を再起動する
sudo systemctl restart apache2

 phpinfo()で下記になっていれば Apache 2の php-fpm化が成功
# Server API: FPM/FastCGI

 通常は下記(php-fpmが動いていない)
# Server API: Apache 2.0 Handler

・Apache 2サーバで PHPの起動実行が「高速」になる php-fpmを使う場合
Apache 2サーバで PHPの起動実行が「高速」になる php-fpmを使う場合




● Raspberry Pi 4 4GBモデル、ラズベリーパイ用 タッチパネル液晶モニタ


【国内正規代理店版】Raspberry Pi 4 Model B/4GB OKdo版【技適マーク付】
ASIN: B07TC2BK1X

4GBモデル
KSY = 日本国内正規代理店

Raspberry Pi4 ModelB 4GB ラズベリーパイ4 ベーシックセット(Pi4本体・クリアケース・5V/3A電源アダプタ・ヒートシンク)
ASIN: B0833KSD2S

4GBモデル
【商品の構成】 Raspberry Pi 4 4G Model B
USB電源アダプター 5V/3A 1.0m Type C コネクタ
3分割タイプクリアケース
ヒートシンク3種

LABISTS Raspberry Pi 4 Model B 4GB RAM MicroSDHCカード32G/NOOBSシステムプリインストール/カードリーダ /5.1V/3A Type-C スイッチ付電源/MicroHDMI-to-HDMIケーブルライン/三つヒートシンク/簡単に取り付けケース/日本語取扱説明書/24ヶ月保証
ASIN: B07ZNTX1R5

4GBモデル セット

Kuman IPS 178°全視角タッチパネル 7インチ 1024*600解像度 HDMI モニター ラズパイ 液晶 Kuman Raspberry Pi用ディスプレイ 小型モニター ラズベリーパイ Raspberry Pi 4 B 3B+ A A+ B B+ 2B 3Bに対応 Banana Pi Windows 10 8 7
ASIN: B07L3QCYNQ

HDMI接続
7インチ、1024×600
タッチパネル機能付き



● Laravelのインストールで何らかの原因でメモリが足りない場合

 メモリが 1GBの環境だと厳しいです。
 composerで Laravelのインストールには 650MB程度を必要とします。

sudo mkdir /var/www/laravel
sudo chmod 777 /var/www/laravel
composer create-project laravel/laravel /var/www/laravel
# Installing laravel/laravel (v7.0.0)
#   - Installing laravel/laravel (v7.0.0): Downloading (100%)

#  Created project in /var/www/laravel
# > @php -r "file_exists('.env') || copy('.env.example', '.env');"
# Loading composer repositories with package information
# Updating dependencies (including require-dev)
# Package operations: 93 installs, 0 updates, 0 removals
#   - Installing voku/portable-ascii (1.4.8): Downloading (100%)
# The following exception is caused by a lack of memory or swap, or not having swap configured
# Check https://getcomposer.org/doc/articles/troubleshooting.md#proc-open-fork-failed-errors for details

# In Process.php line 344:
                                                     .
#   proc_open(): fork failed - Cannot allocate memory
                                                     .


● composerを sudo付きで実行すると「警告」が出ます
pi@raspberrypi:~ $ sudo composer create-project laravel/laravel /var/www/html/laravel
Do not run Composer as root/super user! See https://getcomposer.org/root for details



Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Raspberry Piで Googleの Go言語 + Gin Webフレームワークをインストールして Webアプリを作る
Raspberry Piで Googleの Go言語 + Gin Webフレームワークをインストールして Webアプリを作る

  Raspberry Piで Googleの Go言語 + Gin Webフレームワークをインストールして Webアプリを作る

Raspberry Piで WebAPIモックサーバー JSON Serverを動かしてみるテスト
Raspberry Piで WebAPIモックサーバー JSON Serverを動かしてみるテスト

  Raspberry Piで APIモックサーバー JSON Serverを動かしてみるテスト

Raspberry Piに LAMP構成の Apache MySQL PHP Perl phpMyAdminの Webサーバを構築する方法
Raspberry Piに LAMP構成の Apache MySQL PHP Perl phpMyAdminの Webサーバを構築する方法

  ラズパイで一般的な Webサービスを動かす場合に必要なアプリが入った LAMP stackを構築

Raspberry Piに LLMP Lighttpd + MySQL + PHP + Perl 構成の Webサーバを構築する方法
Raspberry Piに LLMP Lighttpd + MySQL + PHP + Perl 構成の Webサーバを構築する方法

  ラズパイで Webサービスを動かす、Lighttpd + PHP + Perl + Python + Ruby CGIの LLMP stackを構築

Raspberry Piに nginx + MySQL + PHP + Perl 構成の LEMP Webサーバを構築する方法
Raspberry Piに nginx + MySQL + PHP + Perl 構成の LEMP Webサーバを構築する方法

  ラズパイで Webサービス LEMP Stackを構築、nginx + PHP + Perl(UNIXドメインソケット方式)

Raspberry Piの Webサーバに PHP MySQL PDOを入れて PHP CGIから MySQLを操作する方法
Raspberry Piの Webサーバに PHP MySQL PDOを入れて PHP CGIから MySQLを操作する方法

  Raspberry Piの Webサーバに PHP MySQL PDOを入れて PHP CGIから MySQLを操作する方法

Raspberry Pi 3 Model Bで CMSフレームワーク WordPressをセットアップする方法
Raspberry Pi 3 Model Bで CMSフレームワーク WordPressをセットアップする方法

  ラズパイ3で WordPressをインストールする方法

Raspberry Pi3を Gitサーバとして設定する方法、Git単体と GitLabを使用する方法
Raspberry Pi3を Gitサーバとして設定する方法、Git単体と GitLabを使用する方法

  ラズパイ3でローカルの Gitサーバを動かす方法。GitLabをインストールする方法

Raspberry Pi3に Postfixメールサーバーを Gmailの SMTPをリレーとして立てる方法
Raspberry Pi3に Postfixメールサーバーを Gmailの SMTPをリレーとして立てる方法

  Raspbian Jessieで Postfix Mail serverを Gmailの SMTPを中継サーバとして設定する方法

Gitでリモートにプッシュした内容を完全に無かった事にする方法
Gitでリモートにプッシュした内容を完全に無かった事にする方法

  いわゆる Gitでやらかした時に使える最強奥義 git reset --hard HEAD~; git push -f

Raspberry Piに Avahi Bonjourサービスを入れて、ホスト名で接続できる様にする方法
Raspberry Piに Avahi Bonjourサービスを入れて、ホスト名で接続できる様にする方法

  ラズパイに Bonjourサービスを入れて IPアドレスが分からなくてもホスト名で簡単に接続する方法

Raspberry Piや Jetson NANO等をネットワークに接続した場合の IPアドレスの便利ツール xfinder
Raspberry Piや Jetson NANO等をネットワークに接続した場合の IPアドレスの便利ツール xfinder

  DHCPで自動で IPアドレスが割り当てられる場合に、ワンボードマイコンの IPアドレスを調べる場合に便利

Apache Webサーバを過剰なアクセスや DoS攻撃から守る modモジュールの紹介
Apache Webサーバを過剰なアクセスや DoS攻撃から守る modモジュールの紹介

  対 DoS攻撃用の Apache2モジュール mod_evasive、mod_dosdetector、mod_limitipconn、fail2ban等の紹介

Raspberry Pi Zero Wを海外通販の Pimoroni等での購入方法、購入できる通販ショップ一覧まとめ
Raspberry Pi Zero Wを海外通販の Pimoroni等での購入方法、購入できる通販ショップ一覧まとめ

  ラズパイゼロW ワイヤレスモデルを海外通販でサクッと簡単に個人輸入で入手。技適通過でも国内販売は常に品切れ

Raspberry Pi 3で安定して使える相性の無い最適な microSDカードの種類のまとめ
Raspberry Pi 3で安定して使える相性の無い最適な microSDカードの種類のまとめ

  ラズパイ3で安定して使える microSDカードを購入する Teamと SanDiskは絶対に買わない

Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュール RaspiCamを接続する方法
Raspberry Pi 3 Model Bに専用カメラモジュール RaspiCamを接続する方法

  ラズパイに専用カメラモジュールを接続して Raspbianで写真の静止画撮影や動画を録画する方法

Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ
Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ

  ラズパイの Raspbian OSのコマンドラインで使用する便利コマンド、負荷試験や CPUシリアル番号の確認方法等も

Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳
Raspberry Pi 3公式フォーラムの FAQの内容の日本語訳

  ラズパイ公式フォーラムの「The Raspberry Pi 3 Model B Q&A thread」の日本語訳

ラズパイを意識した別物製品 Orange Pi Zeroを買ってみた、Allwinner H2+ Cortex-A7 4core
ラズパイを意識した別物製品 Orange Pi Zeroを買ってみた、Allwinner H2+ Cortex-A7 4core

  オレンジパイはラズパイよりもコスパは良いが情報が無いので利用者側に一定のスキルが必要

Orange Pi PC 2を買ってみた、Allwinner H5 Cortex-A53 4core ARM64
Orange Pi PC 2を買ってみた、Allwinner H5 Cortex-A53 4core ARM64

  ラズパイを意識した別物製品、オレンジパイはラズパイよりもコスパが良い、でも情報が無い

Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板
Espressif ESP8266 Arduino互換でスケッチが使える ESP-12Eモジュール基板

  Espressif ESP8266 ESP-12-E NodeMCU V1 ESP12 CP2102

BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)
BangGood通販はドローン以外にも面白い商品がまだまだ有った(電子工作編)

  レーザー彫刻機、カラー液晶の DIYオシロ、Arduinoや Raspberry Pi用の小型カラー液晶



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2020 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_web_server_php_laravel_6/