HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
LINK
BACK
 

[NEW] 2021/12/30

Windows 10をカスタムしたインストール イメージを Oscdimgコマンドで作成する方法 Windows 10をカスタムしたインストール イメージを Oscdimgコマンドで作成する方法

(UEFIに対応していないパソコンでもインストールイメージとして起動可能な ISOイメージを作成する方法、VirtualBoxも OK)

Tags: [Windows], [無人インストール]




● Windows 10をカスタムしたインストール イメージを Oscdimgコマンドで作成する方法

 UEFIに対応していないパソコンでもインストールイメージとして起動可能な ISOイメージを作成する方法、VirtualBoxも OK。

 今時のパソコンは USBメディアからのインストールに対応しているので何も考えずに efiディレクトリを含めてコピーすればクリーンインストール対応の起動可能なインストールメディアに成りますが、VirtualBox等の場合は従来の BIOSブートに対応の起動可能な ISOイメージを作成する必要が有ります。

 ここでは Microsoft公式の oscdimgコマンドを使って BIOSブートに対応の起動可能な ISOイメージを作成します。

 ImgBurnでも Boot ISOイメージを作成する方法が有りますが、私の場合は { Couldn't find BOOTMGR } のエラーが出て駄目でした。(Boot Image efsboot.com、Sectors to Load 8の方法)

・ImgBurnで Non UEFIの Bootable ISOイメージを作成する方法
ImgBurnで Non UEFIの Bootable ISOイメージを作成する方法
 この方法では駄目でした。


● Oscdimgコマンドで Boot対応の ISOイメージを作成する方法

PE CD-ROM 用の UEFI プラットフォーム用の ISO Windows作成する
Oscdimg のコマンド ライン オプション

rem 下記の内容は必要に応じて書き換えます
set WIN10_DIR=C:\Windows_21H2
set WIN10_ISO=C:\TMP\Windows21H2_Custom.iso
set WIN10_LABEL=Windows21H2_Custom_ISO

"C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\amd64\Oscdimg\oscdimg.exe" ^
  -m -o -h -u2 -udfver150 ^
  -os ^
  -bootdata:2#p0,e,b%WIN10_DIR%\boot\etfsboot.com#pEF,e,b%WIN10_DIR%\efi\microsoft\boot\efisys.bin ^
  -l%WIN10_LABEL% ^
  %WIN10_DIR% ^
  %WIN10_ISO%
※ -udfver200 UDF revision 2.00を指定した場合は VirtualBox 6.1.30が起動メディアとして認識しませんでした。

 Windows 10の場合は下記のファイルが起動時に意味を持ちます。
\boot\etfsboot.com
\efi\microsoft\boot\efisys.bin


● Oscdimgコマンドの入手方法

 ADK for Windows 11をインストールします。(Windows 10にもインストール可能)

 「インストールを行なう機能」は「Deployment Tools」だけを選びます。

C:\Program Files (x86)\Windows Kits\10\Assessment and Deployment Kit\Deployment Tools\
 の
x86\Oscdimg\
amd64\Oscdimg\
 に oscdimg.exeが有ります。

・ADK for Windows 11をインストールして Oscdimgコマンドを入手する方法
ADK for Windows 11をインストールして Oscdimgコマンドを入手する方法


ADK for Windows 11をインストールして Oscdimgコマンドを入手する方法


ADK for Windows 11をインストールして Oscdimgコマンドを入手する方法
 x86\Oscdimgの例


● ADK for Windows 11
Windows ADK のダウンロードとインストール
adksetup.exe

> oscdimg.exe
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

For option information, use -help with one of the following categories
        ISO      Options for the ISO 9660 file system
        Joliet   Options for the Joliet file system
        UDF      Options for the UDF file system
        Boot     Options for bootable CDs
        Optimize Options for optimization
        Order    Options for ordering the files
        DVD      Options for DVD video and audio
        Mesg     Options for displaying warnings and messages
        Other    Options that do not fit in any other category

> oscdimg.exe -help UDF
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

UDF options: These options cannot be combined with ISO 9660 options

        -u1  This option is used to produce an image that has both the UDF file
             system and the ISO 9660 file system.  The ISO 9660 file system
             will be written with DOS compatible 8.3 file names.  The UDF file
             system will be written with Unicode file names.
        -u2  This option is used to produce an image that has only the UDF
             file system on it.  Any system not capable of reading UDF will
             only see a default text file alerting the user that this image is
             only available on computers that support UDF.
        -ur  This option overrides the default text file used with the (-u2)
             option.  Example: -urc:\readme.txt
        -us  This option will create sparse file when available.  This can only
             be used with the (-u2) option.
        -ue  This option will create embedded files.  This can only be used
             with the (-u2) option.
        -uf  This option will embed UDF file identifier entries.  This can
             only be used with the (-u2) option.
        -yl  This option will use long allocation descriptors instead of short
             allocation descriptors.

Three revisions of the UDF file system supported by CDIMAGE.
The default version is 1.50.
        -udfver102 Writes UDF revision 1.02  (Supported: Windows 98 and later)
        -udfver150 Writes UDF revision 1.50  (Supported: Windows 2K and later)
        -udfver200 Writes UDF revision 2.00  (Supported: Windows XP and later)

NOTE:  See DVD help for information on UDF and DVD Video/Audio images.

> oscdimg.exe -help Boot
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

Boot options: These options can be used to create bootable CD/DVD images

The following options may only be used for single boot entry images and may
not be combined with any multi-boot entry switches.

        -b  This option is used to specify the file that will be written in the
            boot sector(s) of the disk.  Example: -bc:\location\cdboot.bin
        -p  This option specifies the value to use for the Platform ID in the
            El Torito catalog.  The default is 0x00 to represent the x86
            platform.
        -e  This option means not to use floppy disk emulation in the El Torito
            catalog.

The following options may be used to generate multi boot entry images and may
not be combined with any single boot entry switches.

Each multi-boot entry is seperated via a # token, as well as the number of
boot entries.  The options for a boot entry are seperated via a comma token.
Each boot option must specify the boot code for that option.

        -bootdata:<num>#defaultbootentry#bootentry2#bootentryN

BootEntryOptions:
        b   This option is used to specify the file that will be written in the
            boot sector(s) of the disk.  Example: -bc:\location\cdboot.bin
        p   This option specifies the value to use for the Platform ID in the
            El Torito catalog.  The default is 0x00 to represent the x86
            platform. 0xEF represents an EFI-based system
        e   This option means not to use floppy disk emulation in the El Torito
            catalog.

        t   Specifies the El Torito load segment.  If not specified, defaults to
            0x7C0

Example:
 -bootdata:2#p0,bc:\location\etfsboot.com#pEF,bc:\location\ESPBootFile
This specifies a multi-boot image with the default image having an x86 boot
sector that launches the ETFSBOOT.com bootcode, and a secondary EFI boot
image that launches ESPBootFile when booted

> oscdimg.exe -help Optimize
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

Optimize options: These options configure optimizations

        -o  This option will encode duplicate files only once.  This uses
            a MD5 hashing algorithm to compare files.
        -oc This option will encode duplicate files only once.  It does
            a binary compare on the files and is slower.
        -oi This option will ignore diamond compression timestamps when
            comparing files.

> oscdimg.exe -help Other
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

General Options: These are general options on image creation

        -l  This options specifies the volume label.  This should be 32
            characters or less.  There is no space after this option.
            Example: -lMyVolume
        -t  This option specifies a time stamp for all files and directories
            on the image.  Example: -t12/31/2000,15:01:00
        -g  This option  makes all times encoded in GMT time rather than the
            local time.
        -h  This option will include all hidden files and directories under the
            source path for this image.
        -c  This option will use ANSI file names instead of OEM file names.
        -y6 This options allows directory records to be exactly aligned at the
            end of sectors.
        -yw This option opens source files with write sharing.
        -k  This option creates an image even if it fails to open some of the
            source files.
        -q  This option just scans the source files only; it does not create
            an image.
        -m  This option is used to ignore the maximum size limit or an image.
        -maxsize This option overrides the default maximum size of an image.
                 The default value is a 74 minute CD unless UDF is used, in
                 which case the default is no maximum size.  The value
                 specified here is represented in MB.
                 Example: -maxsize:4096 limits the image to 4096MB.
        -r  This option resolves symbolic links to their target location.

NOTE: Option (-m) cannot be used with option (-maxsize).

> oscdimg.exe -help Mesg
OSCDIMG 2.56 CD-ROM and DVD-ROM Premastering Utility
Copyright (C) Microsoft, 1993-2012. All rights reserved.
Licensed only for producing Microsoft authorized content.

Usage: OSCDIMG [options] sourceroot targetfile

Mesg options: These options allow customization for what information is shown

        -w1 This option reports all non-ISO or non-Joliet compliant file names
            or depths
        -w2 This option reports all non-DOS compliant file names.
        -w3 This option reports all zero-length files.
        -w4 This option reports each file name copied to the image.
        -yd This option suppresses warnings for non-identical files with the
            same initial 64K.
        -a  This option displays the allocation summary for files and
            directories.
        -os This option will show duplicate files when creating the image.



Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Windows 10のメジャー バージョンを固定して、21H2や Windows 11へのアップグレードを阻止する方法
Windows 10のメジャー バージョンを固定して、21H2や Windows 11へのアップグレードを阻止する方法

  Windows Updateによるアップグレードを無効にする方法、Windowsを固定のバージョンで使い続ける方法

Windows 10 パソコンでブルーレイを無料で再生する方法
Windows 10 パソコンでブルーレイを無料で再生する方法

  日向坂46の Blu-Rayを買ったので Blu-Rayの再生環境が必要になりました、Leawo、VLC libaacs.dll

重たい Windows 10を軽くする方法、 古いパソコンでも高速・軽快に動かすウラ技とは?
重たい Windows 10を軽くする方法、 古いパソコンでも高速・軽快に動かすウラ技とは?

  アニメーションや透明効果をオフ、通知やヒントをオフ、バックグラウンドアプリの無効化等の設定を瞬時に済ませる方法

Windows 10のコマンドラインを「管理者権限」で実行する方法
Windows 10のコマンドラインを「管理者権限」で実行する方法

  Windows 10のコマンドラインを「管理者権限」で実行する方法

Windows 10の裏メニュー ゴッドモード(神モード)を出現させる方法
Windows 10の裏メニュー ゴッドモード(神モード)を出現させる方法

  Windows 10の裏コマンド 神モード GodModeを使う方法、{ED7BA470-8E54-465E-825C-99712043E01C}

【2021年版】Windows 10 May 2021 Update 21H1 Build 19043の Windows Update情報まとめ
【2021年版】Windows 10 May 2021 Update 21H1 Build 19043の Windows Update情報まとめ

  【都度更新】Windows 10 May 2021 Update 21H1 Build 19043の Windows Update速報

【2020年版】Windows 10で Windows Update適用後に自動的に再起動するのを阻止する方法【永久保存版】
【2020年版】Windows 10で Windows Update適用後に自動的に再起動するのを阻止する方法【永久保存版】

  自動更新のインストールで、ログオンしているユーザーがいる場合には自動的に再起動しない設定方法

Windows 10 May 2020 Update 2004 20H1で Wireless Connect ミラキャスト接続を有効にする方法
Windows 10 May 2020 Update 2004 20H1で Wireless Connect ミラキャスト接続を有効にする方法

  Windows 10 2004はミラキャスト接続が無効になっている、コマンドラインで「接続」を有効にする方法

Windows 10 May 2020 Update 2004 20H1で予約済みストレージを無効にして空き領域を 8GB増やす方法
Windows 10 May 2020 Update 2004 20H1で予約済みストレージを無効にして空き領域を 8GB増やす方法

  Windows 10 2004で予約済みストレージを DISMコマンドで無効にして削除し、ストレージの空き領域を増やす方法

Windows 10を全自動で最後まで手間要らずでインストールする方法
Windows 10を全自動で最後まで手間要らずでインストールする方法

  autounattend.xmlの応答ファイルを使用して Windows 10を無人インストールする。大量展開時に便利

ここが変だよ Windows 10!Windows 10の不可解な挙動やバグの解決方法
ここが変だよ Windows 10!Windows 10の不可解な挙動やバグの解決方法

  Windows 10の変な挙動のまとめとその解決方法、不具合やバグを「仕様」と言い張るマイクソソフト

Windows 10の ISOを無料でダウンロードする方法、インストール DVD・USBを作成する方法
Windows 10の ISOを無料でダウンロードする方法、インストール DVD・USBを作成する方法

  マイクロソフトの公式サイトから最新版の Windows 10のインストール ISOイメージをダウンロード

Windows 10 April 2018 Update Build 1803にマイナーバージョンの存在
Windows 10 April 2018 Update Build 1803にマイナーバージョンの存在

  MediaCreationToolでダウンロードした Windows.isoは微妙に更新されています

2020年対応 Windows 7や 8.1から Windows 10 April 2018 Updateへ無償で公式アップグレードする方法
2020年対応 Windows 7や 8.1から Windows 10 April 2018 Updateへ無償で公式アップグレードする方法

  2020年現在も Windows 7から Win10への無料アップグレードが可能です、Windows10Upgrade24074.exe

Windows 10をインストールする時にできる 500MBの「回復パーティション」を削除する方法
Windows 10をインストールする時にできる 500MBの「回復パーティション」を削除する方法

  500MBの領域が勿体無いので Windows 10の回復パーティションを削除する手順(再インストール必要)

Windows Insider Programに参加して最新の Windows 10を入手する方法、17763.107が欲しい!!
Windows Insider Programに参加して最新の Windows 10を入手する方法、17763.107が欲しい!!

  Windows 10 October 2018 Update 1809 RS5の最新パッチを入手する為に Windows Insider Programに参加

Intel CPUで有名な Meltdownと Spectreの脆弱性を InSpectreアプリでチェックする
Intel CPUで有名な Meltdownと Spectreの脆弱性を InSpectreアプリでチェックする

  Windows OS上で CPUのスペクターとメルトダウンの脆弱性をチェックできるアプリ InSpectre

Windows 10用の Spectre脆弱性対応の CPUマイクロコード更新プログラム KB4465065
Windows 10用の Spectre脆弱性対応の CPUマイクロコード更新プログラム KB4465065

  Intel CPUの Spectreの脆弱性を修正するマイクロソフト Windows用 更新プログラム KB4465065

Microsoft Office 365を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 365を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 365

Adobe Acrobat Reader関係のまとめ 2018年版、自動インストール、無人インストール方法
Adobe Acrobat Reader関係のまとめ 2018年版、自動インストール、無人インストール方法

  アップデート手順など、Adobe Reader XI、X、Acrobat Reader 9、Acrobat Reader 8

【2022年対応】 Microsoft Visual C++ ランタイムライブラリ 再頒布可能パッケージのまとめ 2005~2022まで
【2022年対応】 Microsoft Visual C++ ランタイムライブラリ 再頒布可能パッケージのまとめ 2005~2022まで

  Microsoft Visual C++ 2005、2008、2010、2012、2013、2015、2017、2019、2022の各バージョンの最新版 MSVC Runtime librariesのまとめ

Visual Studio 2019 Professional v16.4を無人インストールする方法、完全自動でインストール
Visual Studio 2019 Professional v16.4を無人インストールする方法、完全自動でインストール

  VS2019 v16.4を完全オフラインインストール&コンポーネント選択の事前設定で自動インストールする

PIP機能付きの 4K対応の 4入力 1出力の HDMIセレクターを買ってみた、HDMI機器が複数有る場合に便利
PIP機能付きの 4K対応の 4入力 1出力の HDMIセレクターを買ってみた、HDMI機器が複数有る場合に便利

  ピクチャ イン ピクチャ機能付き 4K入力対応の 4入力 1出力 HDMI切り換え機 HDSFX0401P

EDID保持機能付きの 4K対応の 4入力 2出力の マトリックス切り替え HDMIセレクター、液晶画面 2台と使用で最強
EDID保持機能付きの 4K対応の 4入力 2出力の マトリックス切り替え HDMIセレクター、液晶画面 2台と使用で最強

  TESmart HMA0402A30 マトリックス切り替えで液晶画面 2台に接続できて更に EDID保持の便利機能付き HDMI切り換え機


2021/02/14
2021年 現行機種のほとんど全てのインテル製パソコンのグラフィックス ドライバーに脆弱性が有ります
2021年 現行機種のほとんど全てのインテル製パソコンのグラフィックス ドライバーに脆弱性が有ります

  Intel HD Graphics device driverをアップデートして脆弱性 INTEL-SA-00438に対応する、各 CPU毎のバージョンまとめ

2020/01/16
2020年 インテル ワイヤレス WiFi Bluetooth デバイス ドライバ
2020年 インテル ワイヤレス WiFi Bluetooth デバイス ドライバ

  Intel Wireless WiFi Bluetooth BT device driverをアップデートする



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2021 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/windows_10_create_boot_iso_image_non_uefi/