HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2018/12/31

Microsoft Office 2013や 2016のサインインやオンラインコンテンツを無効にする方法 Microsoft Office 2013や 2016のサインインやオンラインコンテンツを無効にする方法

(Officeのオンライン テンプレートやサインイン機能を無効にするレジストリ設定の方法)

Tags: [Windows], [無人インストール]





● Microsoft Office 2013や 2016のサインインやオンラインコンテンツを無効にする方法

Office 2013 = OFFICE15
Office 2016 = OFFICE16


● Officeアプリを起動時にスタート画面を開かずに直接新規ドキュメントの画面を開く設定方法

 Officeアプリのスタート画面をオフにする方法。

 「ファイル」「オプション」「基本設定」「起動時の設定」
 「このアプリケーションの起動時にスタート画面を表示する」のチェックを無くす。

スタート画面をオフにする



● Officeのオンライン テンプレートを無効にするレジストリ設定の方法

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General
Disablehyperlinkstowebtemplates
0 = (既定値)オンラインテンプレートを有効
1 = オンラインテンプレートを無効

rem Office 2013のオンラインテンプレートを無効にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\General" /v "Disablehyperlinkstowebtemplates" /t REG_DWORD /d "1" /f

rem Office 2016のオンラインテンプレートを無効にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General" /v "Disablehyperlinkstowebtemplates" /t REG_DWORD /d "1" /f



● Office 2013/ Office 2016のサインイン ボタンを非表示にするレジストリをコマンドラインで変更する方法

 Officeのサインイン機能を無効にします。

 レジストリエディタ RegEditを使用する方法は面倒なのでコマンドラインで変更する方法です。
 コマンドラインは「管理者権限」が必要です。

・ Officeのサインイン ボタンを非表示にする
rem Office 2013のサインイン ボタンを非表示にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "3" /f

rem Office 2016のサインイン ボタンを非表示にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "3" /f


・ Officeのサインイン ボタンを表示する(元に戻す)
rem Office 2013のサインイン ボタンを表示する(元に戻す)
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "0" /f

rem Office 2016のサインイン ボタンを表示する(元に戻す)
reg add "HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn" /v "SignInOptions" /t REG_DWORD /d "0" /f



● Officeの保存先で OneDriveの表示を消す方法

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General
SkyDriveSignInOption
0 = OneDrive のみが非表示

rem Office 2013の保存先で OneDriveの表示を消す
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\General" /v "SkyDriveSignInOption" /t REG_DWORD /d "0" /f

rem Office 2016の保存先で OneDriveの表示を消す
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General" /v "SkyDriveSignInOption" /t REG_DWORD /d "0" /f



● Office 2013/ Office 2016のオンラインコンテンツ機能を無効にするレジストリをコマンドラインで変更する方法

 Officeのオンラインコンテンツ機能を無効にします。

 挿入メニュータブの「オンライン画像」や「アドイン」の「ストア」「アドインを入手」等のオンラインコンテンツを無効にします。

rem Office 2013のオンラインコンテンツ機能を無効にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Internet" /v "UseOnlineContent" /t REG_DWORD /d "0" /f

rem Office 2016のオンラインコンテンツ機能を無効にする
reg add "HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet" /v "UseOnlineContent" /t REG_DWORD /d "0" /f


Office によるオンライン コンテンツの使用を禁止している環境で Outlook 2013 の更新プログラムの適用後に Exchange アカウントの設定が失敗する

Outlook が起動するたびにパスワードの入力を求められる、またはプロファイルを作成できない

Office によるインターネットへの接続を管理者が禁止した環境で Outlook を起動するたびに認証ダイアログが表示される、認証が失敗する現象の対処方法


● Microsoft Officeのオンラインアクセス、ネットワーク接続に関係する記事

「最初に行う設定です」 ダイアログの制御

※ Office 2013の場合は 16.0を 15.0に変更する。

・推奨設定ダイアログを表示しない(グループ ポリシー)
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\General
OptInDisable
1 = 「推奨設定ダイアログを表示しない」を「有効」にする

・ Office 365 使用許諾契約書への同意(グループ ポリシー)
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Registration
AcceptAllEulas
1 = 同意

・「最初に行う設定です」 の画面を非表示にする
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General
ShownFirstRunOptin
1 = 初回起動済み

・ Office 365 使用許諾契約書への同意
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Registration
AcceptAllEulas
1 = 同意

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\General]
"OptInDisable"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0\Registration]
"AcceptAllEulas"=dword:00000001


Office 2016でインターネットへの接続をブロックしたい - Microsoft
Windows7でOffice2016を使うようになって,ワークシート・スライド・文章に「挿入」を使おうとすると,
WindowsセキュリティのPopUpウインドウが出て,何度もキャンセルをクリックしなければ挿入作業ができません。
 Office 2016
・Officeのサインインを許可なしにする
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn\SignInOptions を 4

・Officeにインターネットへの接続を許可しない
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet\UseOnlineContent を 0
 にする。

Office 2016 における ID、認証、承認

・ Office 2016 のログオンの種類
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn\SignInOptions
0 = (既定値)許可する
1 = Microsoft アカウントのみ
2 = 組織のみ
3 = Active Directory ドメイン サービスのみ
4 = 許可なし

・インターネット上の Office 2016 リソースに接続
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet\UseOnlineContent
0 = 許可しない
1 = 選択ダイアログを表示する
2 = (既定値)許可する

・キャッシュされていることを Office のプロファイル
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Identity\Identities
 削除したい idを削除する

Office 2013 および 2016」この機能は、管理者によって無効になっていますが」のエラー

 Microsoft Office 2013の場合は 15.0
 Microsoft Office 2016の場合は 16.0
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Internet
HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet
UseOnlineContent

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\SignIn
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\SignIn
SignInOptions
3 = ユーザーがいずれかの ID を使用してサインインできません。
※ 上の「Active Directory ドメイン サービスのみ」と食い違っているな。

Office 2016 が行うインターネット接続について
 Office 2016 では起動時や一部の機能でインターネットへ接続する動作になっています。

 Office 365 ProPlus でのネットワーク要求
Office 365 URLs and IP address ranges

Office 365 ProPlus アプリケーションでバックステージビューのオンラインストレージを非表示にする方法について

 Officeの保存先で OneDrive のオンラインストレージを無効にする。
 Officeの保存先候補で OneDriveを非表示にする。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet
OnlineStorage
0 = 無効 (すべての場所が表示されます)
1 = 個人向け OneDrive を非表示にします
2 = OneDrive for Business と SharePoint Online を非表示にします
3 = Microsoft のオンライン機能をすべて非表示にします

・個人用の OneDrive のみを非表示にする方法
 (SharePoint と OneDrive for Business は表示)
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General
SkyDriveSignInOption
0 = OneDrive のみが非表示

 グループ ポリシー版
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\General
SkyDriveSignInOption
0 = OneDrive のみが非表示


● Microsoft Office 2010のアップロード センターを無効にする方法

Micosoft Office アップロードセンターの起動停止について
 海外のコミュニティに投稿されたスレッドで、 MSOUC.EXE を削除するという方法が紹介されていました。


 MsoSync.exeプロセスを停止したい場合に。

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\RUN
OfficeSyncProcess
 の項目を削除(それ以外は無関係なので削除しない)

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\14.0\Common\Internet
OfficeSyncProcessAutostart
0 = 自動起動を無効

● Microsoft Office 2013のアップロード センターを無効にする方法

タスクスケジューラーで「Microsoft Office 15 Sync Maintenance for PC名」を右クリックして無効にする。

● Microsoft Office 2016のアップロード センターを無効にする方法
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\UEV\Agent\Configuration\Applications
MicrosoftOffice2016Win32.UploadCenter
MicrosoftOffice2016Win64.UploadCenter
0 = 無効


● Office 2016のテレメトリ 個人情報の送信を無効にする

Performance issue caused by Office Telemetry

Disable Office Telemetry Data Collection ?

Manage privacy settings in Telemetry Dashboard

テレメトリ ダッシュボードを展開する


● IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法

・IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法
IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法


・IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法
IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法


・IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法
IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法


・IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法
IE11の右上の黄色いニコちゃんマーク(フィードバック)を消す方法

Locking down IE11

; Disable IE11 Send Feedback Smile Icon Remove Smiley Button Internet Explorer 11 Toolbar
[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Internet Explorer\Restrictions]
"NoHelpItemSendFeedback"=dword:00000001

● Office 2013の「フィードバック」を無効にする方法

 動作未確認
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Feedback]
"Enabled"=dword:00000000

● Office 2016の「フィードバック」を無効にする方法

How can I turn the Office 2016(office365) feedback send a smile/frown function off ?

 下記方法で駄目でした。
[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\Common\Restrictions]
"NoHelpItemSendFeedback"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\Restrictions]
"NoHelpItemSendFeedback"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Feedback]
"Enabled"=dword:00000000

 下記の方法では「フィードバック」項目は残ったままですが、クリックしたら「フィードバック Hub」が起動する様になりました。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\Common\Feedback]
"Enabled"=dword:00000000

※ Policiesが必要

● Windows 10の「フィードバックの間隔」を「許可しない」に設定するレジストリ

 設定 - プライバシー - 診断&フィードバック - フィードバックの間隔
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Siuf\Rules]
"NumberOfSIUFInPeriod"=dword:00000000


● Excel 2013のセル選択のカーソルのヌルッとしたアニメーションを無しにする方法

 Microsoft Office 2013の Excelはセルを移動した時や選択動作の時にヌルヌルとアニメーションします。
 そのうざったいアニメーションを止める方法となります。
[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Graphics]
"DisableAnimations"=dword:00000001

Officeアニメーションの無効化(DisableAnimations)

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Graphics]
"DisableAnimations"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Graphics]
"DisableAnimations"=dword:00000001


● Excel 2016のセル選択のカーソルのヌルッとしたアニメーションを無しにする方法

 Microsoft Office 2016の Excelはセルを移動した時や選択動作の時にヌルヌルとアニメーションします。
 そのうざったいアニメーションを止める方法となります。

 「オプション」の「簡単操作」「操作の結果のオプション」で「操作をアニメーションで表示する」のチェックをオフにする事でも設定可能です。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Excel\Options]
"EnableAnimations"=dword:00000000

● Word 2016の場合のアニメーションを無効にするレジストリ

 Excelと同様に「オプション」の「簡単操作」の項目でも設定できます。
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Options]
"AnimateScreenMove"=dword:00000000

 ※ いずれの場合も Windowsの「システム」「詳細設定」「パフォーマンスオプション」「視覚効果」でアニメーション関係をオフにしている場合はセル選択のカーソルはアニメしないでキビキビ・サクサク動きます。


● Office 2013、Office 2016両用俺設定レジストリ

Windows Registry Editor Version 5.00

; Office Common
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Common\ClientTelemetry]
"DisableTelemetry"=dword:00000001
"VerboseLogging"=dword:00000000

; Office 2013
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\Internet]
"UseOnlineContent"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\General]
"ShownFirstRunOptin"=dword:00000001
"Disablehyperlinkstowebtemplates"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\15.0\osm]
"Enablelogging"=dword:00000000
"EnableUpload"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common]
"qmenable"=dword:00000000
"sendcustomerdata"=dword:00000000
"updatereliabilitydata"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\ptwatson]
"ptwoptin"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Common\AutoCorrect]
"CorrectTwoInitialCapitals"=dword:00000000
"CapitalizeSentence"=dword:00000000
"CapitalizeNamesOfDays"=dword:00000000
"ToggleCapsLock"=dword:00000000
"ReplaceText"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\15.0\Common\Graphics]
"DisableAnimations"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Excel\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\Word\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\15.0\PowerPoint\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001


; Office 2016
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\Internet]
"UseOnlineContent"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\General]
"ShownFirstRunOptin"=dword:00000001
"Disablehyperlinkstowebtemplates"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\16.0\osm]
"Enablelogging"=dword:00000000
"EnableUpload"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common]
"qmenable"=dword:00000000
"sendcustomerdata"=dword:00000000
"updatereliabilitydata"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\ptwatson]
"ptwoptin"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Common\AutoCorrect]
"CorrectTwoInitialCapitals"=dword:00000000
"CapitalizeSentence"=dword:00000000
"CapitalizeNamesOfDays"=dword:00000000
"ToggleCapsLock"=dword:00000000
"ReplaceText"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\SOFTWARE\Microsoft\Office\16.0\Common\Graphics]
"DisableAnimations"=dword:00000001

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Excel\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001
"EnableAnimations"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\Word\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001
"AnimateScreenMove"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\16.0\PowerPoint\Options]
"DisableBootToOfficeStart"=dword:00000001



● Microsoft公式の Office C2R用 Configuration.xml作成ツール

 Office カスタマイズ ツール
Office 365 Customization Tool
Office カスタマイズ ツールの概要

 MSI版のインストール済み Officeを残す設定や、アプリの設定を同時にできます。
 Office 2019 Volume License用ですが、応用を利かせて修正すれば 2016や 2013の通常の Retail版用としても転用可能です。
 死ぬほど多くの設定項目が有ります。

個人情報の送信sendcustomerdata = 0
校正ツールを改善する
(使用状況データを Microsoftに送信)
ptwoptin = 0
カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを有効にするqmenable = 0
信頼性向上のために小規模な更新プログラムを自動的に受信するupdatereliabilitydata = 0
オンライン コンテンツのオプションuseonlinecontent = 0
Office ドキュメントを
 Office アプリケーションで直接開く
(Webブラウザで開かない)
opendirectlyinapp = 1
Web アドインの使用を禁止disableallcatalogs =1
Office ストアの Web アドインの使用または挿入を禁止disableomexcatalogs = 1
入力中に自動修正するreplacetext = 0
曜日の先頭文字を大文字にするcapitalizenamesofdays = 0
文の先頭文字を大文字にする を「しない」capitalizesentence = 0
 等の設定が可能です。

<Configuration>
  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="PerpetualVL2019" Version="-1" AllowCdnFallback="TRUE" ForceUpgrade="TRUE">
    <Product ID="Standard2019Volume">
      <Language ID="MatchOS" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Excel" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="Word" />
      <ExcludeApp ID="PowerPoint" />
    </Product>
  </Add>
  <Property Name="SharedComputerLicensing" Value="0" />
  <Property Name="PinIconsToTaskbar" Value="TRUE" />
  <Property Name="SCLCacheOverride" Value="0" />
  <Updates Enabled="TRUE" />
  <RemoveMSI All="TRUE" />
  <AppSettings>
 // オンライン コンテンツのオプション
 セキュリティ センターの [プライバシー オプション] セクションにある [Office にインターネットへの接続を許可する] チェックボックスをオフにして、この動作を変更できます。
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\internet" Name="useonlinecontent" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_Onlinecontentoptions" />
 // 個人情報の送信
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common" Name="sendcustomerdata" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_Sendcustomerdata" />
 // Office ドキュメントを Office アプリケーションで直接開く
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\internet" Name="opendirectlyinapp" Value="1" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_OpenOfficeDocumentDirectlyInOfficeApplication" />
 // カスタマー エクスペリエンス向上プログラムを有効にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common" Name="qmenable" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_EnableCustomerExperienceImprovementProgram" />
 // 校正ツールを改善する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\ptwatson" Name="ptwoptin" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_ImproveProofingTools" />

 // Web アドインのブロック
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\wef\trustedcatalogs" Name="disableallcatalogs" Value="1" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_DisableAllCatalogs" />
 // Office ストアのブロック
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\wef\trustedcatalogs" Name="disableomexcatalogs" Value="1" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_DisableOfficeStore" />

 // 入力中に自動修正する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\autocorrect" Name="replacetext" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_Replacetextasyoutype" />
 // CapsLock キーの押し間違いを修正する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\autocorrect" Name="togglecapslock" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_CorrectaccidentaluseofcAPSLOCKkey" />
 // 曜日の先頭文字を大文字にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\autocorrect" Name="capitalizenamesofdays" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_Capitalizenamesofdays" />
 // 文の先頭文字を大文字にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\autocorrect" Name="capitalizesentence" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_Capitalizefirstletterofsentence" />
 // 2 文字目を小文字にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common\autocorrect" Name="correcttwoinitialcapitals" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_CorrectTWoINitialCApitals" />

 // 信頼性向上のために小規模な更新プログラムを自動的に受信する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\common" Name="updatereliabilitydata" Value="0" Type="REG_DWORD" App="office16" Id="L_UpdateReliabilityPolicy" />

 // Excel の Office スタート画面を無効にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\excel\options" Name="disableboottoofficestart" Value="1" Type="REG_DWORD" App="excel16" Id="L_DisableOfficeStartExcel" />
 // Excel の Office スタート画面と [ファイル] | [新規作成] に既定でカスタム テンプレート タブを表示する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\excel\options" Name="officestartdefaulttab" Value="0" Type="REG_DWORD" App="excel16" Id="L_DefaultCustomTab" />
 // Word の Office スタート画面を無効にする
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\word\options" Name="disableboottoofficestart" Value="1" Type="REG_DWORD" App="word16" Id="L_DisableOfficeStartWord" />
 // Word の Office スタート画面と [ファイル] | [新規] に既定でカスタム テンプレートを表示する
    <User Key="software\microsoft\office\16.0\word\options" Name="officestartdefaulttab" Value="0" Type="REG_DWORD" App="word16" Id="L_DefaultCustomTab" />


  </AppSettings>
</Configuration>



Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Microsoft Office 2019を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2019を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2019

Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2016

Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2013

Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2007

Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2003

Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントも事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます

vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)
vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)

  Vista SP2をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化ができます

vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)
vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)

  Windows 7をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化ができます

Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう
Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう

  1枚のCDから複数のFDイメージを選択起動で究極無敵CD、他

Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する
Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する

  新バージョンの検証や保守用の旧バージョンの開発環境を独立して構築

Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築
Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築

  PXEブート対応の CDドライブの無い軽量ノートにネットワーク経由で Windowsがインストール可能



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2018 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/microsoft_office_disable_signin_network_online/