HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2007/08/14

Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法 Microsoft Office 2000を無人インストール(自動インストール)する方法

(インストールするコンポーネントも事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます)

Tags: [Windows], [無人インストール]





●Microsoft Office 2000の無人インストールの設定方法
Office 2000/97 ツールボックス

Office 2000 リソース キット / ジャーナル / 管理者用アップデート
Office Custom Installation Wizard

CIWJ.EXEファイルサイズ: 372 KB をダウンロードして解凍

Custwiz.exeを実行する

Office2000のCD-ROMの DATA1.MSIを指定する

インストール情報定義ファイルの MSTファイルを指定する。

コンポーネントを選ぶ。

その他の項目は適当に設定する。

・インストール方法
完了ダイアログのみ出る
setup.exe TRANSFORMS="Custom.MST" /qn+

途中経過表示有り
setup.exe TRANSFORMS="Custom.MST" /qb+

プロダクトキーも
setup.exe TRANSFORMS="00_Custom.mst" /qb+ COMPANYNAME={会社名} USERNAME={ユーザー名} PIDKEY=ABCDE12345ABCDE12345ABCDE

※ PIDKEYはハイフン無しの 25桁

●SETUP.INIにプロダクトキーを埋め込む方法
SETUP.INIにプロダクトキーを埋め込む方法
(SETUP.INIは隠しファイル)

[Options]
; If a value is present, the [Options] section gives the values of properties to apply to
; this installation.  Specify them in the format:
; PropName=PropValue
; Remember to uncomment both the section name and the value names.
;
;USERNAME=Customer

COMPANYNAME={会社名}
USERNAME={ユーザー名}
PIDKEY=ABCDE12345ABCDE12345ABCDE

・自動インストールする物を設定する
自動インストールする物を設定する




●レジストリ設定

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\9.0\Common\Toolbars]
"AdaptiveMenus"=dword:00000000
"AutoExpandMenus"=dword:00000000
"CustomizeDlgTab"=dword:00000003


[-HKEY_CLASSES_ROOT\.doc\Word.Document.8\ShellNew]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\.xls\Excel.Sheet.5\ShellNew]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\.xls\Excel.Sheet.8\ShellNew]
[-HKEY_CLASSES_ROOT\.xls\ExcelWorksheet\ShellNew]



2009/10版
Service Release 1(SR-1)と Service Pack 3 (SP-3)を導入後の Office 2000の セキュリティ更新プログラムの一覧。
※ Excelと Wordのみインストール指定

Microsoft Excel 2000 セキュリティ更新プログラム: KB969683
Microsoft Word 2000 セキュリティ更新プログラム: KB969600
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB957838
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB944425
Microsoft Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB947361
Microsoft Outlook 2000 セキュリティ更新プログラム: KB946986
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB921606 (日本語版)
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB921595 (日本語版)
Microsoft Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB957838 (日本語版)
Microsoft Publisher 2000 セキュリティ更新プログラム: KB950682
Outlook 2000 セキュリティ更新プログラム: KB905646 (日本語版)



●バッチファイル例
@ECHO OFF

echo //==============================================

ECHO Microsoft Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB947361
start /wait KB947361.exe /Q:A /R:N

ECHO Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB944425
start /wait KB944425.exe /Q:A /R:N

ECHO Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB921595 (日本語版)
start /wait KB921595.exe /Q:A /R:N

ECHO Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB921606 (日本語版)
start /wait KB921606.exe /Q:A /R:N

ECHO Microsoft Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB957838 (日本語版)
start /wait KB957838.exe /Q:A /R:N

ECHO Microsoft Excel 2000 セキュリティ更新プログラム: KB969683
start /wait KB969683.exe /Q:A /R:N

ECHO Microsoft Word 2000 セキュリティ更新プログラム: KB969600
start /wait KB969600.exe /Q:A /R:N

ECHO 更新終了:再起動してください。
PAUSE
exit


2007/08版

Word 2000 セキュリティ更新プログラム: KB934392
Excel 2000 セキュリティ更新プログラム: KB940596
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB914797 (日本語版)
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB934526
Office 2000 セキュリティ更新プログラム: KB920822
Publisher 2000 セキュリティ更新プログラム (KB894540)
Outlook 2000 セキュリティ更新プログラム: KB905646 (日本語版)
Outlook 2000 セキュリティ更新プログラム: KB921593
Office 2000 WordPerfect 5.x コンバータ セキュリティ更新プログラム: KB873380 (日本語版)


●情報リンク

Office2000 OfficeXP SR(サービスリリース),SP(サービスパック)適用済みの新規インストール(統合インストール 管理者用アップデート)
SR-1と SP3を統合済みのインストールファイルを作成する方法

Office アップデートのダウンロード

過去のバージョン : Office 2000

Microsoft Office 以前のバージョン情報


・Office Update Active X
http://office.microsoft.com/officeupdate/content/opuc4.cab
http://go.microsoft.com/fwlink/?linkid=58813

・信頼サイトに追加
http://office.microsoft.com/
http://go.microsoft.com/

http://support.microsoft.com/kb/270920/ja

Property Name             Description
------------------------------------------------------------------------
TARGETDIR                 Used as the location to copy the Installer
                          installation package during an administrative
                          installation.

ALLUSERS                  Determines where configuration information will
                          be stored.

ARPCOMMENTS               Provides Comments for the Add/Remove Control
                          Panel.

ARPCONTACT                Provides Contact for the Add/Remove Control
                          Panel.

ARPNOREPAIR               Disables the Repair button in the Programs
                          Wizard.

ARPPRODUCTICON            Specifies the primary icon for the installation
                          package.

ARPREADME                 Provides ReadMe for the Add/Remove Control
                          Panel.

ARPSYSTEMCOMPONENT        Prevents display of application in Add/Remove
                          programs list.

ARPURLINFOABOUT           URL for application's home page.

ARPURLUPDATEINFO          URL for application update information.

ARPNOMODIFY               Disables functionality that would modify the
                          product from the Add/Remove Control Panel.

ARPNOREMOVE               Disables functionality that would remove the
                          product from the Add/Remove Control Panel.

DISABLEADVTSHORTCUTS      Set to disable the generation of certain
                          shortcuts supporting installation-on-demand.

DISABLEMEDIA              Prevents the installer from registering media
                          sources, such as a CD-ROMs, as valid sources
                          for the product.

DISABLEROLLBACK           Disables rollback for the current configuration.

INSTALLLEVEL              Initial "level" at which features will be
                          installed.

PROMPTROLLBACKCOST        Action if there is insufficient disk space for
                          the installation.

REBOOTPROMPT              Suppresses the display of prompts for reboots
                          to the user. Any reboots that are needed happen
                          automatically.

SHORTFILENAMES            Causes short file names to be used.

TRANSFORMS                List of transforms to be applied to the database.

TRANSFORMSSECURE          Setting the TRANSFORMSECURE property to 1
                          informs the installer that transforms are to
                          be cached locally on the user's computer in a
                          location where the user does not have write
                          access.

LIMITUI                   UI level capped as Basic. If LIMITUI is set,
                          the ARPNOMODIFY property should be set as
                          well.

ADDLOCAL                  List of features to be installed locally. The
                          list of features comes from FileList.xls of the
                          ORK.

ADVERTISE                 List of features to be advertised. The list of
                          features comes from FileList.xls of the ORK.

ADDDEFAULT                List of features to be installed in their
                          default configuration.  The list of features
                          comes from FileList.xls of the ORK.

ADDSOURCE                 List of features to be run from source.  The
                          list of features comes from FileList.xls of the
                          ORK.

REMOVE                    List of features to be removed. The list of
                          features comes from FileList.xls of the ORK.

REINSTALL                 List of features to be reinstalled.

REINSTALLMODE             A string containing letters that specify the
                          type of reinstall to perform.

COMPADDLOCAL              List of component IDs to be installed locally.

COMPADDSOURCE             List of component IDs to run from source media.

FILEADDDEFAULT            Property List of file keys of files that are to
                          be installed in their default configuration.

FILEADDLOCAL              List of file keys of the files to be run locally.

FILEADDSOURCE             List of file keys to be run from the source
                          media.

NOUSERNAME                Suppresses the automatic setting of the USERNAME
                          property.

NOCOMPANYNAME             Suppresses the automatic setting of the USERNAME
                          property.

ARPHELPLINK               Internet address, or URL, for technical support.

ARPHELPTELEPHONE          Technical support phone numbers.

COMPANYNAME               Organization of user performing the installation.

PIDKEY                    Part of the Product ID entered by user.

USERNAME                  User performing the installation.

DONOTMIGRATEUSERSETTING   Directs Setup to not copy the user's
                          application settings when upgrading from an
                          earlier version.

INSTALLIME                Installs the Input Method Editor (IME). If this
                          property is set to False, the IME is not
                          installed during Office installation. If the
                          property is not set, the IME is installed.
                          This property only applies to versions of Office
                          that include the IME.

INSTALLLANGUAGE           Language used by Setup to configure
                          language-dependent user settings.

INSTALLLOCATION           Installation location. Default for Office 2000
                          is /Microsoft Office in the user's Program Files
                          folder.

NOPROFILESETTINGS         Setup does not copy the settings from the OPS
                          file in the transform to the user's computer.

OPCREMOVAL                Disables the action by Setup of removing
                          earlier versions of Office. If the setting is
                          OFF, earlier versions of Office will not be
                          removed.

SKIPREMOVEPROGRAMSDIALOG  Hides the Remove Previous Versions panel of
                          Office Setup.

SOURCELIST                Specifies a list of network server shares for
                          the Windows Installer to search if the primary
                          server is unavailable. This list is equivalent
                          to the list in the Identify Additional Servers
                          panel of the Custom Installation Wizard.
                          Separate multiple server shares with semi-colons.

CUSTOMINSTALLDESCRIPTION  Descriptive text displayed by Setup for the
                          Custom installation option.

CUSTOMINSTALLHEADER       Text displayed above the Custom installation
                          option button in Setup.

CUSTOMINSTALLTEXT         Text used for the Custom installation option
                          button in Setup.

TYPICALINSTALLDESCRIPTION Descriptive text displayed by Setup for the
                          Typical installation option.

TYPICALINSTALLHEADER      Text displayed above the Typical installation
                          option button in Setup when you are installing
                          Office.

TYPICALINSTALLTEXT        Text used for the Typical installation option
                          button in Setup when you are installing Office.

TYPICALUPGRADEHEADER      Text displayed above the Typical installation
                          option button in Setup.

TYPICALUPGRADETEXT        Text used for the Typical installation option
                          button in Setup when running in maintenance mode.

OUTLOOKASDEFAULTAPP       Registers Outlook as the default manager of
                          various types of information.

NOIE                      Directs Internet Explorer 5 Setup to not upgrade
                          to Internet Explorer 5 during Office Setup. This
                          is the same action that Setup performs if the
                          user chooses not to install Internet Explorer 5
                          during Office Setup.

IEMODE                    Directs the Internet Explorer 5 Setup to use
                          the specified upgrade mode. Use the Internet
                          Explorer 5 Administrator Kit to customize which
                          Internet Explorer 5 components are installed in
                          each mode.

IEXVALUE                  By default, when Setup installs Internet
                          Explorer 5 on the user's computer, it registers
                          Internet Explorer 5 as the default browser and
                          installs icons for Internet Explorer 5 on the
                          user's computer.

IESETUPLOCATION           Contains the file path of Internet Explorer 5
                          Setup.

SKIPDIALOG                Hides the Internet Explorer 5 installation
                          panel of Office Setup.

ALTERNATEMSOFFICEDIR      Specifies an alternate installation location to
                          be used if the folder specified by the
                          INSTALLLOCATION property contains an Access 97
                          runtime application. The default value is
                          Office2K.

REBOOT                    Specifies whether the computer is to be rebooted
                          during or at the end of intallation. Three
                          options are available:

                          Force: Always prompt for a reboot at the end of
                          the installation.


●OFFICE 2003用 設定レジストリ
OFFICE 2003用 設定レジストリ

Windows Registry Editor Version 5.00
[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\DWS]
"ShowDWSPane"=dword:00000000
"ShowDWSPaneAlerts"=dword:00000000
"SyncOnOpen"=dword:00000000
"SyncOnClose"=dword:00000000
"ShowUpdates"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Common\Internet]
"ShowSpotlight"=dword:00000000
"UseOnlineContent"=dword:00000000

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\Common]
"QMEnable"=dword:00000000


●Microsoft Office 互換機能パック

ダウンロードの詳細 Word-Excel-PowerPoint 用 Microsoft Office 互換機能パック

Microsoft Office 互換機能パックの自動インストール(無人インストール)
FileFormatConverters.exe /passive


●PowerPoint Viewer 2007 を起動しようとしても実行されない

PowerPoint Viewer 2007が動かない時の対処方法。
PowerPoint Viewer 2007 を起動しようとしても実行されない

C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\1041
 に移動する。

ppvwintl.dll もしくは ppvwintl
 と言うファイルを見つけて、そのファイル名の上で [右クリック]→[切り取り]をする。

 一つ上のフォルダに移動する。
C:\Program Files\Microsoft Office\Office12

 フォルダ名 1033を作成して、1033に移動する。(既にある場合は作成不要)
C:\Program Files\Microsoft Office\Office12\1033

 フォルダの上で [右クリック]→[貼り付け]をする。
 ※ ppvwintl.dllのファイルを 1041から 1033に移動すれば良い。


PowerPoint Viewer 2007のインストール

 元祖 → SP2の順番


PowerPoint Viewer 2007
PowerPoint Viewer 2007
ファイル名 : PowerPointViewer.exe
公開された日付 : 2006/11/09

PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 (SP2)
PowerPoint Viewer 2007 Service Pack 2 (SP2)
ファイル名 : powerpointviewer2007sp2-kb953332-fullfile-ja-jp.exe
サポート技術情報 (KB) の記事 : KB953332
公開された日付 : 2009/04/24



●Visio Viewer 2003 / Visio 2007 Viewer を起動しようとしても実行されない

Visio Viewer 2003 / Visio 2007 Viewerが動かない時の対処方法。

 「ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム」の影響で Visio Viewerの 2003や 2007のSP2以外は動作しない。
 (IEのブラウザの左上に赤バッテンしか表示しない。)

 下記のレジストリを削除する。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveX Compatibility\{279D6C9A-652E-4833-BEFC-312CA8887857}

 その後、再起動して Visio Viewerの動作を確認する。
 動かない場合は、Visio Viewerを再インストールする。

Visio Viewer 2003
Visio Viewer 2003(VVIEWER.EXE)

Visio 2007 Viewer
Visio 2007 Viewer(visioviewer.exe)
Visio 2007 Viewer SP2(visioviewer2007sp2-kb953335-fullfile-ja-jp.exe)
KB973709(office2007-kb973709-fullfile-x86-glb.exe)

ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム
ActiveX の Kill Bit の累積的なセキュリティ更新プログラム (973525)
Microsoft Office Visio Viewer 2007 セキュリティ更新プログラム: KB973709


下記レジストリ設定で COM オブジェクトが Internet Explorer で実行されることを防ぐ
コントロールの Kill Bit をレジストリで設定することにより、Internet Explorer で COM オブジェクトのインスタンス化が試行されるのを無効にできます。

Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Internet Explorer\ActiveX Compatibility\{XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}]
"Compatibility Flags"=dword:00000400

 ※ {XXXXXXXX-XXXX-XXXX-XXXX-XXXXXXXXXXXX}は該当するプログラムのクラス識別子(CLSID)
 と言う訳なので該当のクラス識別子(CLSID)のレジストリを削除する。

説明:Visio Viewer 2002-2007
ファイル:vviewer.dll
クラス識別子(CLSID):{279D6C9A-652E-4833-BEFC-312CA8887857}



●一部のモニタで Microsoft Word 2003 文書のテキストが不鮮明に表示される

一部のモニタで Microsoft Word 2003 文書のテキストが不鮮明に表示される

Office Word 2003のアンチエイリアス無しのレジストリ設定

HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Options
[新規] -> [DWORD 値] -> NoClearTypeNW -> 1

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Word\Options]
"NoClearTypeNW"= dword:00000001

Office Word 2007のアンチエイリアス無しのレジストリ設定

[HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\12.0\Word\Options]
"NoClearTypeNW"= dword:00000001
"ClearTypeThreshold"= dword:00000000
"FontSmoothingThreshold"= dword:00000000
"BoldFontSmoothingThreshold"= dword:00000000



※みなさまの情報をお待ちします。




Tags: [Windows], [無人インストール]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

Microsoft Office 2019を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2019を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2019

Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2016を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2016

Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2013を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2013

Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2007を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2007

Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法
Microsoft Office 2003を無人インストール(自動インストール)する方法

  インストールするコンポーネントを事前に設定する事で同一環境の構築が楽にできます MSオフィス 2003

vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)
vLite Windows Vistaの不要なコンポーネントを削除する(Vista SP2版)

  Vista SP2をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化ができます

vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)
vLite Windows 7の不要なコンポーネントを削除する(Windows 7版)

  Windows 7をインストール段階で省メモリ、省スペースに軽量化ができます

Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう
Windows2000 SP4適用+hotfix統合の完全自動インストールCDを作ろう

  1枚のCDから複数のFDイメージを選択起動で究極無敵CD、他

Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する
Virtual PC 2004で複数のバージョンの開発環境を構築する

  新バージョンの検証や保守用の旧バージョンの開発環境を独立して構築

Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築
Windows Server 2003 SP2をホストに使った RIS/WDSの構築

  PXEブート対応の CDドライブの無い軽量ノートにネットワーク経由で Windowsがインストール可能



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2007 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/software/office2000/