HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2017/08/11

Raspberry Pi 3の Bluetooth BLEで TI SensorTagと接続してセンサーの測定値を読み取る方法 Raspberry Pi 3の Bluetooth BLEで TI SensorTagと接続してセンサーの測定値を読み取る方法

(ラズパイ3の BLEと Node.jsで、TIの SensorTag CC2541DKに接続してセンサーの状態を取得)

Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]






● Raspberry Pi 3 Model Bを遂に購入

 Raspberry Pi3 Model B RPI2 RPI3

 大人気の CPUボードの Raspberry Piに WiFiと Bluetoothが搭載されたモデルが新発売となりました。
 以前から Raspberry Pi 2を買おうかどうか迷っていましたが、Raspberry Pi 3 Model Bの発売を機に購入を決意してラズベリアンになる事にしました。

 ※ ラズパイの OS Raspbianはバージョンが上がる毎に過去の版と OSの内部の作りが変わり、過去に書かれた製作記事(例えば Raspbian Wheezyの時代の記事)がそのままではエラーが出たりして動かない事が有ります。
 ※ 当方のホームページのラズパイ記事は全て Raspberry Pi 3 Model Bと Raspbian Jessieの組み合わせで動作確認をしております。
(ただし、将来的に新しい Raspbian OSが出た場合に、当方の Raspbian Jessieを基にした内容がそのままでは動かない可能性が有ります。)
 ※ 2017/08/16から Raspbian OSは Raspbian Jessieから Raspbian Stretchに変わりました。

Download Raspbian for Raspberry Pi

ちなみに、歴代のバージョンと名称は
Debianコードネーム年月備考
Debian 9Stretch2017/08/16~
Debian 8Jessie2015~2016/02からラズパイ3対応
Debian 7Wheezy2013~2016
Debian 6.0Squeeze2011~2014
Debian GNU/Linux 5.0Lenny2009~2012


●ラズパイ3の Bluetooth BLEで TI SensorTagと接続してセンサーの測定値を読み取る方法

 ラズパイ3の BLE + Node.jsで擬似環境を作成する必要性が出てきました。
 ここでは BLEや Node.jsに慣れる為にサンプルを動かして BLEと Node.jsに対して免疫をつけていきます。

 ラズパイで BLEをプログラムから自由に扱う手段としては Node.jsを使う方法が一般的な様です。
 ここでも Node.jsを使って TIの SensorTagと BLE接続します。
 (と言うか、SensorTagと接続するサンプルライブラリが Node.js前提にしています。)
sensortag - Node.js lib for the TI SensorTag and TI CC2650 SensorTag
sandeepmistry/node-sensortag - Node.js lib for the TI SensorTag

 この場合はラズパイ3と TI SensorTagの役割は下記の様になります。
ラズパイ3セントラル(通信のホスト、マスター)
TI SensorTagペリフェラル(周辺機器、スレーブ)

 接続に使用する TI SensorTag キット。
 TIのページから直接 $29で PayPal支払いで簡単に購入出来ます。
IoT を容易に実現 - TI SensorTag キット

 CC2650 SensorTagの前バージョンの CC2541 SensorTag(2014年 8月購入)でも動きました。
CC2541DK-SENSOR - CC2541 SensorTag 開発キット

2014/08/01
TIの 8051マイコン内臓の BLE CC2540/CC2541を使ってみる
TIの 8051マイコン内臓の BLE CC2540/CC2541を使ってみる

  Bluetooth Low Energyの SensorTagや iBeacon、CC Debuggerの使い方など

 BLE = Bluetooth Low Energy

 GATT Characteristicsの一覧表。Bluetooth SIGで決めた決まりきった UUIDの一覧表。
GATT Characteristics - Bluetooth SIG

 SensorTag User Guide CC2541DK SENSORの UUIDの一覧表。
SensorTag User Guide


●ラズパイ3に Node.jsをインストールする方法

・ uname -aで環境を確認する。
 (RASPBIAN STRETCH WITH DESKTOP Release date:2017-08-16)
$ uname -a
Linux raspberrypi 4.9.41-v7+ #1023 SMP Tue Aug 8 16:00:15 BST 2017 armv7l GNU/Linux

$ nodejs -v
v4.8.2

$ npm -v
-bash: npm: command not found

 2017/08版の Raspbian OSには Node.js v4.8.2がインストールされています。
 が、不要なので削除して Node.js v7をインストールします。
# autoremove nodejsで既存の nodejsを削除する。
sudo apt-get -y autoremove nodejs

# setup Node.js v7
curl -sL https://deb.nodesource.com/setup_7.x | sudo -E bash -
# install Node.js v7
sudo apt-get -y install nodejs

# node -vでバージョンを確認する。
# $ node -v
# v7.10.1 (node-v51 ABI)

# npm -vでバージョンを確認する。
# $ npm -v
# 4.2.0

 npm install sensortagで Node.jsの SensorTagライブラリをインストールします。
npm install sensortag

# インストールの途中で下記のエラーが出ますが、発生原因や対処方法等が不明なので放置します。
# node-pre-gyp ERR! Tried to download: https://github.com/tessel/node-usb/releases/download/1.2.0/usb_bindings-v1.2.0-node-v51-linux-arm.tar.gz
# node-pre-gyp ERR! Pre-built binaries not found for usb@1.2.0 and node@7.10.1 (node-v51 ABI) (falling back to source compile with node-gyp)

# インストール後は ./node_modules/ディレクトリが作成されています。
cd
ls -l ./node_modules/
ls -l ./node_modules/sensortag

# sensortagライブラリを sudo node test.jsで実行します。
cd
cd ./node_modules/sensortag
sudo node test.js

# Error: Cannot find module 'async'

# asyncモジュールが無いのでインストールします。
# $ npm list -g async
# /usr/lib
# └── (empty)

# asyncモジュールが無いのでインストールします。
npm install async
# sensortag@1.3.0 /home/pi/node_modules/sensortag
# └── async@0.2.10


 CC2541 SensorTagの側面のボタンを押して Advertising状態にしてから、sensortagライブラリを sudo node test.jsで実行します。
sudo node test.js

 SensorTagを認識すると下記の様にセンサーの測定値が表示され、最後は左右ボタンの押下待ちになります。
discovered: {"id":"bc6a29xxxxxx","type":"cc2540"}
connectAndSetUp
readDeviceName
        device name = TI BLE Sensor Tag
readSystemId
        system id = bc:6a:29:xx:xx:xx:xx:xx
readSerialNumber
        serial number = N.A.
readFirmwareRevision
        firmware revision = 1.5 (Oct 23 2013)
readHardwareRevision
        hardware revision = N.A.
readSoftwareRevision
        software revision = N.A.
readManufacturerName
        manufacturer name = Texas Instruments
enableIrTemperature
readIrTemperature
        object temperature = 25.7 °C
        ambient temperature = 30.1 °C
disableIrTemperature
enableAccelerometer
readAccelerometer
        x = 0 G
        y = -0.4 G
        z = 0.9 G
disableAccelerometer
enableHumidity
readHumidity
        temperature = 30.4 °C
        humidity = 63.5 %
disableHumidity
enableMagnetometer
readMagnetometer
        x = 0 μT
        y = 0 μT
        z = 0 μT
disableMagnetometer
enableBarometricPressure
readBarometricPressure
        pressure = 1013.9 mBar
disableBarometricPressure
enableGyroscope
readGyroscope
        x = 0.9 °/s
        y = 3.1 °/s
        z = -0.1 °/s
disableGyroscope
readTestData
        data = 59
readTestConfiguration
        configuration = 0
readSimpleRead - waiting for button press ...
left: true
right: false
disconnect
disconnected!


● npm install sensortagでインストールされるモジュール郡

 npm install sensortagでインストールされるモジュール郡
$ ls -l ./node_modules/
total 32
drwxr-xr-x 6 pi pi 4096 Aug  7 05:56 bluetooth-hci-socket
drwxr-xr-x 3 pi pi 4096 Aug  7 05:54 bplist-parser
drwxr-xr-x 2 pi pi 4096 Aug  7 05:54 debug
drwxr-xr-x 2 pi pi 4096 Aug  7 05:54 ms
drwxr-xr-x 4 pi pi 4096 Aug  7 05:54 nan
drwxr-xr-x 6 pi pi 4096 Aug  7 05:54 noble
drwxr-xr-x 5 pi pi 4096 Aug  7 05:54 noble-device
drwxr-xr-x 4 pi pi 4096 Aug  7 05:57 sensortag

$ ls -l ./node_modules/sensortag/
total 60
-rw-r--r-- 1 pi pi  1547 Feb 13  2017 CHANGELOG.md
-rw-r--r-- 1 pi pi    45 Mar 25  2015 index.js
drwxr-xr-x 2 pi pi  4096 Aug  7 05:54 lib
-rw-r--r-- 1 pi pi  1081 Nov 14  2013 LICENSE
drwxr-xr-x 3 pi pi  4096 Aug  7 05:57 node_modules
-rw-r--r-- 1 pi pi  2198 Aug  7 05:54 package.json
-rw-r--r-- 1 pi pi  6730 Feb 13  2017 README.md
-rw-r--r-- 1 pi pi  1515 Sep 13  2015 test-cc2650-io.js
-rw-r--r-- 1 pi pi   573 Oct  2  2016 test-continous-discover-connect.js
-rw-r--r-- 1 pi pi   363 Aug 29  2015 test-discover.js
-rw-r--r-- 1 pi pi 13946 Oct  2  2016 test.js



Tags: [Raspberry Pi], [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

TIの 8051マイコン内臓の BLE CC2540/CC2541を使ってみる
TIの 8051マイコン内臓の BLE CC2540/CC2541を使ってみる

  Bluetooth Low Energyの SensorTagや iBeacon、CC Debuggerの使い方など

Raspberry Pi 3の gatttoolのコマンドラインで TIの SensorTagを直接操作する方法
Raspberry Pi 3の gatttoolのコマンドラインで TIの SensorTagを直接操作する方法

  ラズパイ3と gatttoolのコマンドラインで TIの SensorTagに直接接続して gatttoolの使い方を覚える

Raspberry Pi 3に Nodejs blenoをインストールして Bluetooth BLEのペリフェラルを作成する
Raspberry Pi 3に Nodejs blenoをインストールして Bluetooth BLEのペリフェラルを作成する

  ラズパイ3と Node.js blenoで Bluetooth BLEの周辺機器機能を実装する

Raspberry Pi 3の Nodejs blenoで BLE接続して GPIOで Lチカ制御やボタン状態を読み取る
Raspberry Pi 3の Nodejs blenoで BLE接続して GPIOで Lチカ制御やボタン状態を読み取る

  ラズパイ3と Node.js blenoで BLEの周辺機器機能を実装する GPIO編

Raspberry Pi 3の Python BLE pygattlibライブラリで TIの SensorTagに接続して制御する方法
Raspberry Pi 3の Python BLE pygattlibライブラリで TIの SensorTagに接続して制御する方法

  ラズパイ3と Python BLE pygattlibで TIの SensorTagのセンサーの値を取得とボタン状態の通知を受信する

Raspberry Pi 3に Bluetooth BlueZ Version 5.42 BLE
Raspberry Pi 3に Bluetooth BlueZ Version 5.42 BLE

  ラズパイで Bluetooth 4.0の BLE gatt通信を行なう TIの SensorTagや iBeacon実験など

Amazon Dash Buttonをハックして IoTボタンとして使う方法を解説
Amazon Dash Buttonをハックして IoTボタンとして使う方法を解説

  Amazon Dash Buttonをハック。ARP要求を監視、DNSハック、IPアドレスハック等。

Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。node-dash-button方法
Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。node-dash-button方法

  ラズパイ + Node.jsで Amazon Dash Buttonをハックして IoTボタンとして使う方法を解説

Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。tcpdump libpcap方法
Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。tcpdump libpcap方法

  ラズパイ + libpcap Packet Capture libraryで Amazon Dash Buttonをハックして IoTする

Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。Python Scapyライブラリ方法
Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。Python Scapyライブラリ方法

  ラズパイ + Python Scapyライブラリで ARPパケット検出からの Amazon Dash Buttonをハック

Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。Node.js Dasher方法
Raspberry Piで Amazon Dash Buttonを自在にハックする方法。Node.js Dasher方法

  ラズパイ + Node.js Dasherライブラリで ARPパケット検出からの Amazon Dash Buttonをハック

Raspberry Pi 3で安定して使える相性の無い最適な microSDカードの種類のまとめ
Raspberry Pi 3で安定して使える相性の無い最適な microSDカードの種類のまとめ

  ラズパイ3で安定して使える microSDカードを購入する Teamと SanDiskは絶対に買わない

Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ
Raspberry Pi 3の Linuxコンソール上で使用する各種コマンドまとめ

  ラズパイの Raspbian OSのコマンドラインで使用する便利コマンド、負荷試験や CPUシリアル番号の確認方法等も

Raspberry Pi 3で GPIO端子の I2C機能を有効化する方法
Raspberry Pi 3で GPIO端子の I2C機能を有効化する方法

  ラズパイ3の GPIO端子の I2C機能を有効にして各種センサーを繋げる方法まとめ



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外はweb構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2017 FREE WING, Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/raspberry_pi/raspberry_pi_nodejs_ble_ti_sensortag/