HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

[NEW] 2020/11/04

MS2109で有名なバグ、ステレオの音声がモノラルになるのを修正するアプリ mono-to-stereo MS2109で有名なバグ、ステレオの音声がモノラルになるのを修正するアプリ mono-to-stereo

(MS2109の音声バグを修正する mono-to-stereoをデフォルトで日本語 Windows対応に改造してみた)

Tags: [パソコン周辺機器], [通信販売], [SSD、HDD、DVD]





●最近流行の 1000円で買える USBで HDMI映像信号をキャプチャする MS2109ドングルを買ってみた

[NEW] 2020/10/02
最近流行の 1000円で買える USBで HDMI映像信号をキャプチャする MS2109ドングルを買ってみた
最近流行の 1000円で買える USBで HDMI映像信号をキャプチャする MS2109ドングルを買ってみた

  接続してすぐに使える USB接続式 HDMI信号キャプチャ(映像+音声) MS2109使用

★今回購入

【 第2世代 チップ採用 】 HDMI キャプチャーボード USB2.0 1080P HDMI ゲームキャプチャー、 ビデオキャプチャカード ゲーム実況生配信、画面共有、録画、医用撮像、ライブ会議に適用 Nintendo Switch、Xbox One、OBS Studio対応 電源不要 軽量小型 簡単接続
ASIN: B08HN2XR3C
★今回購入

軽量小型 電源不要 キャプチャー 持ち運びに便利
ASIN: B08K9875WJ

海外発送なので時間は掛かるが、480円と激安!

HDMI キャプチャーボード ゲームキャプチャー USB2.0 ビデオキャプチャカード 1080P30Hz ゲーム実況生配信、画面共有、録画、ライブ会議に適用 小型軽量
ASIN: B08HQ97XM6

Y&H HDMIキャプチャカード HD 1080P 録画 配信用、HDMI キャプチャー、ビデオキャプチャ DSLR ビデオカメラ ミラーレス Xbox 360 One PS4 Wii U Switch 対応 HDVC2
ASIN: B088T5M7GX

USB ビデオ デバイス

MacroSilicon HDMI Capture Device VID=0x534D PID=0x2109
MacroSilicon MS2109

USB\VID_534D&PID_2109&MI_00\6&19E539F2&0&0000

USB\VID_534D&PID_2109&REV_2100&MI_00
USB\VID_534D&PID_2109&MI_00


● MS2109での動画キャプチャは OBS Studioが無料で使え、その界隈では有名らしい

OBS Studio

Add an option to convert high sample rate mono audio to interleaved stereo audio
 MS2109の音声モノラルのバグを OBS側で正常なステレオに戻すオプションを追加してくれ、と言う提案。
 VOTE(賛同)が多いと前向きに検討してくれるかも?


● MS2109で有名なバグ(仕様)、ステレオの音声がモノラルになるのを修正する方法

 実際には 48kHzのステレオの音声のオーディオ入力が、MS2109でキャプチャする際に左右の音声をガッチャンコした 96kHzのモノラルになってしまう。

 なので、臨場感のあるゲームを動画キャプチャする場合、音声がモノラルになるので実質的に使い物にならない。

 下記の mono-to-stereoは、それを修正するアプリで、96kHzのモノラルを正常な 48kHzのステレオの音声にしてくれる。

ToadKing / mono-to-stereo

 ※ Genki ShadowCastの中身も MS2109で、上記アプリが使えます。
 USBID 298F:1996
 534D:2109

●対応デバイス

 Macro Silicon MS2109を使用した USB 2.0/ USB 3.0 HDMIキャプチャ
 サウンドハウス CLASSIC PRO CHD201 HDMIビデオキャプチャー
 GENKI ShadowCast
 ※ 中身は全部 Macro Silicon MS2109


● mono-to-stereoアプリの --out-deviceはどうするの?

 mono-to-stereoアプリの --out-deviceは VB-CABLE Virtual Audio Device "CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)"を指定します。

VB-CABLE Virtual Audio Device
 VBCABLE_Driver_Pack43.zip
 (1.09 MB - OCT 2015 / XP to WIN10 32/64 bits)

mono-to-stereo.exe --out-device "CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)"
> mono-to-stereo.exe --list-devices
Active render endpoints found: 2
    CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)
    スピーカー (Takaratomy2)

Active capture endpoints found: 2
    マイク (Realtek(R) Audio)
    CABLE Output (VB-Audio Virtual Cable)


● MS2109の音声バグを修正する mono-to-stereoアプリの使い方(FREE WING改造版) 0.52jp

  FREE WING改造版は --in-device, --out-deviceの引数指定が不要

mono-to-stereo Releases
 から、
 (2021/02現在の最新版は 0.52jp)
mono-to-stereo-0.52jp-32bit.zip
 をダウンロードして ZIPファイルを解凍する。

※ 64bit版 Windowsでも 32bit版の mono-to-stereoが動きます
  (64bit版を動かしたい場合は mono-to-stereo-0.52jp-64bit.zipをダウンロードします)

0.52jp
for Windows Japanese Language Shift-JIS Localize

 デフォルトの出力デバイス名を
"CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)"
 にした。
 存在しない場合はデフォルトを出力デバイスにします。
 これで、面倒な引数の指定が一切不要になりました。

 また、引数指定の指定子を
-l
-i
-o
-b
 も受け付ける様にした。


● mono-to-stereoアプリが動かない場合のチェックポイント

・ Error: Could not find a device named CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)
Error: Could not find a device named CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)
Press Enter to quit...Probably spurious glitch reported after 1920 frames

「CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)」デバイスが見つからないってエラーなので、コマンドラインで -lでデバイス一覧を表示してみて、
Active render endpoints found: に「CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)」が有る事を確認してみてください。
※ VB-Audio Virtual Cableのインストールが失敗している可能性が高い

実行例:(下記は VB-Audio Virtual Cableが正常にインストールされている場合)
C: > mono-to-stereo.exe -l
Active render endpoints found: 2
    スピーカー (2- Takaratomy2)
    CABLE Input (VB-Audio Virtual Cable)

Active capture endpoints found: 3
    CABLE Output (VB-Audio Virtual Cable)
    マイク (High Definition Audio Device)
    デジタル オーディオ インターフェイス (2- USB Digital Audio)


● MS2109の音声バグを修正する mono-to-stereoアプリの使い方(FREE WING改造版) 0.51jp

0.51jp
for Windows Japanese Language Shift-JIS Localize

 日本語 Windowsで --in-deviceの引数指定を無しで動く様にデフォルトの入力デバイス名を
 "デジタル オーディオ インターフェイス"
 に変更し、省略時のデバイス名の比較を前方一致にした。
 ※ 正確には部分一致

 前方一致にする事で USB 2.0と USB 3.0のキャプチャデバイスの両方に対応します。
 例:
 "デジタル オーディオ インターフェイス (USB Digital Audio)"
 "デジタル オーディオ インターフェイス (USB3. 0 capture)"

 また、同一デバイスの場合でも USBの差し込みを変更した場合に数字が付与される場合にも対応します。
 例:
 "デジタル オーディオ インターフェイス (2- USB Digital Audio)"

 ・mono-to-stereo.exeを下記の通り実行する。
 ・キャプチャアプリでビデオをキャプチャする。
  (キャプチャアプリの音声の入力デバイスをデフォルト出力のループバック等、適当に設定する)
mono-to-stereo.exe

Press Enter to quit...
(キャプチャが完了したら「リターンキー」を押すと終了する)
Stopping capture...
Received stop event after 344640 frames


● MS2109の音声バグを修正する mono-to-stereoアプリの使い方(オリジナル版)

Releases
 から、
mono-to-stereo-0.5-32bit.zip
 をダウンロードして ZIPファイルを解凍する。

※ 64bit版 Windowsでも 32bit版の mono-to-stereoが動きます
  (64bit版を動かしたい場合は mono-to-stereo-0.5jp-64bit.zipをダウンロードします)

 ・mono-to-stereo.exeを下記の通り実行する。
 MS2109が USB 2.0の場合 --in-deviceの引数指定が必要、--in-device "デジタル オーディオ インターフェイス (USB Digital Audio)"
 MS2109が USB 3.0の場合 --in-deviceの引数指定が必要、--in-device "デジタル オーディオ インターフェイス (USB3. 0 capture)"
 ・キャプチャアプリでビデオをキャプチャする。
  (キャプチャアプリの音声の入力デバイスをデフォルト出力のループバック等、適当に設定する)
mono-to-stereo.exe --in-device "デジタル オーディオ インターフェイス (USB Digital Audio)"
 または、
mono-to-stereo.exe --in-device "デジタル オーディオ インターフェイス (USB3. 0 capture)"

Press Enter to quit...
(キャプチャが完了したら「リターンキー」を押すと終了する)
Stopping capture...
Received stop event after 344640 frames
> mono-to-stereo.exe --list-devices
Active render endpoints found: 1
    スピーカー (Takaratomy2)

Active capture endpoints found: 2
    マイク (Realtek(R) Audio)
    デジタル オーディオ インターフェイス (USB Digital Audio)
> mono-to-stereo.exe -?
mono-to-stereo v0.5

mono-to-stereo.exe -?
mono-to-stereo.exe --list-devices
mono-to-stereo.exe [--in-device "Device long name"] [--out-device "Device long name"] [--buffer-size 128] [--no-skip-first-sample]

    -? prints this message.
    --list-devices displays the long names of all active capture and render devices.
    --in-device captures from the specified device to capture ("Digital Audio Interface (USB Digital Audio)" if omitted)
    --out-device device to stream stereo audio to (default if omitted)
    --buffer-size set the size of the audio buffer, in milliseconds (default to 64ms)
    --no-skip-first-sample do not skip the first channel sample


● Audacity Forum MS2109 fix 96kHz Mono Audio to 48kHz Stereo for Nyquist script

Convert 96khz interleaved mono audio to 48khz stereo with nyquist

;version 4
(setf ln (truncate len))
(setf input (snd-fetch-array  (aref *track* 0) ln ln))
(setf ln  (/ ln 2))
(setf left (make-array ln))
(setf right (make-array ln))
(dotimes (i ln)
  (setf (aref left i) (aref input (* 2 i)))
  (setf (aref right i) (aref input (1+ (* 2 i)))))

(vector
  (snd-from-array 0 48000 left)
  (snd-from-array 0 48000 right))



Tags: [パソコン周辺機器], [通信販売], [SSD、HDD、DVD]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

EKSA ゲーミングヘッドセットのレビュー E900Pro、2年間の品質保証
EKSA ゲーミングヘッドセットのレビュー E900Pro、2年間の品質保証

  軽量 素直な高音質 switch/PC/パソコン/Xbox One/スマホ対応、3.5mm接続、USB接続の両方に対応

EKSA ゲーミングヘッドセットのレビュー Air Joy Pro、2年間の品質保証、165gの超軽量
EKSA ゲーミングヘッドセットのレビュー Air Joy Pro、2年間の品質保証、165gの超軽量

  超軽量 素直な高音質 switch/PC/パソコン/Xbox One/スマホ対応、3.5mm接続、USB接続の両方に対応



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2020-2021 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/hardware/usb_hdmi_video_capture_macrosilicon_ms2109_fix_audio_mono_96khz/