● URL(再)変更のお知らせ
 2019/02 猫屋敷サーバ neko.ne.jpが復旧かも?なので
 ネットオウル株式会社が運営するスターサーバーフリー
http://freewing.starfree.jp/
 から
http://www.neko.ne.jp/~freewing/
 に戻しました。。。。

 
HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2005/12/31

FTDI FT2232Cの MPSSE機能の使い方と実力 FTDI FT2232Cの MPSSE機能の使い方と実力

(ジャスト・ワンチップで 4.5Mbpsの USB-シリアル・データ伝送が可能、(トラ技 2006/01掲載))

Tags: [FPGA], [電子工作]


FTDI

ヒューマンデータ
USB-008の製造販売元

FT2232C評価ボード USB-008





「FT2232CのMPSSE機能の使いかたと実力」
ジャスト・ワンチップで4.5MbpsのUSB-シリアル・データ伝送が可能


記事の執筆にあたり ヒューマンデータの USB-008 を活用しました。


詳しくは、 トランジスタ技術 2006年1月号 ●製作&一般解説コーナー(P.213~222) をご覧ください。

ソフトウェア・ダウンロード・サービス 1月号 製作&一般解説 から記事で使用のサンプルプログラムのダウンロードができます。

・記事の表紙(クリックで拡大)


・記事のアフターケア
P.221の ビット単位の説明の所でTDIのビット長の指定は1~7が良いでしょう。と解説していますが、【図3】中の説明においてビット長8を指定しております。
8を指定していても間違いではないのですが、気分的にはよろしくありません。

【図3】のビット出力コマンドの2バイト目を0x07→0x06に訂正して、波形図の一番最後のTCK動作を無くして見て頂ければと思います。

※特に”間違い”と言う訳では有りませんのでトラ技紙面での”訂正”はしておりません。

・P.221の修正画像(クリックで拡大)



・FT2232Cを使用したアプリケーションの開発承ります
こちらまでお問い合わせください 坂本までお気軽にお問い合わせください。




Tags: [FPGA], [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

アルテラの FPGAを USB経由で JTAG操作する方法
アルテラの FPGAを USB経由で JTAG操作する方法

  FT2232Cによる ISPコンフィグレーションとバウンダリスキャンによる高速簡易ロジックモニタ、(トラ技 2005/06掲載)

USB/JTAG DLC-008でALTERA/XILINX FPGAをコンフィグ
USB/JTAG DLC-008でALTERA/XILINX FPGAをコンフィグ

  ヒューマンデータ製のUSB-I/FでFPGAをコンフィグする

EZ-USBでスパルタン2をコンフィグ
EZ-USBでスパルタン2をコンフィグ

  USB経由でFPGAをコンフィグする

JTAG簡易操作ツール FJTAG.exe
JTAG簡易操作ツール FJTAG.exe

  JTAG-TAPの実験、学習、研究用に

トラ技 トランジスタ技術掲載記事
トラ技 トランジスタ技術掲載記事

  筆者のトランジスタ技術掲載記事が PDFで読めます



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2005 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/hardware/ft2232c_mpsse/