HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2009/10/12

福建旅行記、中国の福建の旅行記です。 福建旅行記、中国の福建の旅行記です。

(アモイと福州に行きました。)

Tags: [中国旅行記], [中国語]




編集中

福建省旅行の写真

●福建省(アモイ、福州)旅行記
2009年の 9月の連休に中国の福建省に行ってきました。
今回も一人で行きましたが、現地では QQ(ネットのチャットソフト)で知り合った友達が色々と案内してくれました。
この友達はわざわざ私の為に今回の私の旅行に合わせて会社の有給を取ってくれました。感謝!
(中国では 10月に国慶節の連休があるのですが、それの関係も有り有給を取るのは大変だったみたいです。)

・中国の地図
中国の地図


●福建省はこんな所
成田から直行便で 4時間程度です。距離は約 2400km。
上海と香港の中間に位置し、海峡を挟んですぐ隣には台湾があります。
9月の下旬でしたが、とても暑く半袖で丁度良いくらいでした。
ちなみにアモイ(廈門)は 中国の標準語では シャーメンと発音します。

台湾と近い事も有り台湾からの移民も多いみたいです。


●現地の友達と初次見面(はじめまして)
と言う訳で、現地の友達が 空港まで見送りに来てくれました。
お互い写真を交換していたのですぐに判り、「初次見面(はじめまして)」と挨拶をしました。
ちなみに空港は「廈門高崎国際空港」。成田空港から直行便で 4時間程度です。

アモイでは観光名所である「南普陀寺(ナンプートゥオスゥ)」「コロンス島、鼓浪嶼島(グゥランユゥタオ)」に行きました。
南普陀寺では熱心に拝んでいる人が年齢問わず大勢居ました。
コロンス島へはフェリーに乗って行きます。行きは島の周りをグルリ一周する感じで 40分位かけて行きます。
帰りのフェリーは一直線で帰り、5分程度で到着します。
私以外の乗客は全員中国人の観光客でした。南普陀寺もそうですが、観光地として人気が有るんだと思います。

他には中山路の繁華街を散策して現地の生活の様子を楽しみました。

福州へ
友達の住んでる場所が福州と言う事で福州にも行きました。
アモイから福州は距離にして 200kmで高速バスで 3時間位です。
その友達とチャットで「200km?遠いね!」と言ったら「そんなの遠いうちに入らない、私の故郷は 2000kmある。」と言い返してきました。その言葉で中国のスケールのデカさを再認識しました。

福州では「南后街」「学生街」に行きました。
南后街は「昔の町並みを再現した所」で観光スポットとして観光客が多く賑わっておりました。
復元と実際の 100年位前の建物が残っております。建物は外から見るだけで中には入れません。
建物の玄関横に石碑が建っており「○年○月 この建築物を保存する云々」と書いてあります。
中には実際に居住している建物も有りました。
なんだかスローガンらしき物が書いてありますが、政府からの立ち退き要求に反対しているんでしょうか?
土産屋などの商店の入っている建物は復元らしいです。

「学生街」は師範大学やナントカ大学が隣接している商店街通りで、主に地元の若い学生が出歩いています。
店舗もアクセサリ小物やファッション衣類、ネイルアートなどの若い女性向けが多く、景色も原宿の竹下通りに似ています。(ただし規模が竹下通りより遥かにデカイ)

●高速バス
高速バスではミネラルウォーターのサービスがあります。また、車内のテレビで映画の放映をしています。

到着地点では白タクのおじさんが「乗らないか~!」と声を掛けてきます。
白タクに乗ると「泊まる所はどこだ?」と聞いてきて、ホテルと価格の載った一覧表を渡してきます。
運が良い事に元々泊まる予定のホテルが白タクの斡旋するホテル一覧表にありました。
そこを指差して「このホテルに泊まる」と告げると素早く携帯電話で手配してくれました。
白タクの代金はホテル側が払ってくれました。ホテル斡旋のキックバックと言う事でしょう。
(ホテル代金はあらかじめネットで調べた最安値と同じなので白タク分得しました。上乗せはありませんでした。)

今まで中国のホテルは三ツ星しかありませんでしたが、今回初めて3.5星のホテルに泊まりました。
まず驚いたのがエントランス。物凄いゴージャスで池に鯉が泳いでいます。
また、なにより感動したのがお湯がすぐに出てくる!
中国のホテルは大抵 10分位出してないと熱いお湯になって出てきません。それが蛇口をひねったらすぐに出てくる。感動ものでした。
水捌けも良く、洗面台のコンセントには 100Vが有りました。
星が0.5違うだけで全然違うなあと思いました。

お湯といえばホテルチェーン店(連鎖酒店)の如家快捷酒店でもすぐにお湯が出てきてビックリしました。
ただ、このホテルでは外窓の無い部屋に泊まりまして、外窓が無く日光の当らない所為か元々他の部屋もそうなのか布団にダニがいました。
なんとなく部屋の作りと宿泊料金から近場の人はラブホテル代わりに使っているんではと思います。

●空気
大きい道路の脇など自動車の排ガスが気になる場所が多いです。呼吸器系が弱い人は何らかの対策が必要です。
ちなみに、マスクをして歩いているのは私だけで、街を歩いているとおじさんに「ナンだそれは?(どうしてそんなものしているんだの意)」と良く聞かれます。
それが縁で商店街のオヤジとも仲良くなり会話を楽しめました。
ある程度話しをしていると必ず煙草を「どうや?」と勧めてきます。
私は元々煙草を吸いませんが、この様な場面で無粋にも断る法はありません。
ありがたく頂戴して吸い(フカシ吸いですが)、さらに親睦を深めます。
ちなみに中国のオッサン煙草はタール 13mmあります。
一箱 20本で安いものは 3元から、高いものは 20元位します。
何が違うとこんなに価格差があるんでしょうか?

●道路
その友達と日本と中国の習慣の違いで「中国人は横断歩道に関係無く渡るでしょ」と言ったら「そんな事無いよ!」と怒っていました。
確かにアモイや福州では殆どの歩行者は横断歩道を渡り信号も守っていました。大連の様に信号機の無い横断歩道も有りませんでした。

ちなみに、車の方は大連と同じくアクロバチックで、タクシーに乗って「急いでくれ」と頼んだら映画さながらの豪快な運転で細道や車の間を素早く通り抜け目的地まで行ってくれました。

●両替(日本円→人民元)
今回は前回の大連の時の人民元が余っていたので両替はしませんでした。
ただ、色々な銀行で聞いてみた所、日本円を人民元に両替するのは「中国銀行」のみでその他の銀行では扱わないと言っておりました。
この辺、大連と違います。地域により何か規則や制約が有るんでしょうか?

ブローカーも居ませんでした。

ホテルはレートが悪いので最初から対象外です。


●銀行
パスポートを見せれば通帳やカードも作れます。
今回も作りました。
銀行によっては年間10元、または残高1万元未満は月 1元の口座維持費が必要なので要注意です。
この手数料、日本人の私にしてみれば口座維持費なんぞに金を払いたくないと思うのですが、中国人は普通の事と思っていて特に不満は無いそうです。


●ホテル
とりあえず日本人の場合は 三ツ星以上、またはホテルチェーン店(連鎖酒店)なら問題無いと思います。


●携帯電話
今回も現地購入しました。電話機本体は持っているので SIMカードだけ購入で。
SIMカードは現地語では「手機カード」となります。
70元で残高50元で、もっと安いの無いのか?と聞いたら、40元で残高10元の物を出してきました。
どのみちそれ程使わないので 40元の方を買いました。
残高(余額)は 10086に電話か短信で確認でき、私の買ったものは残高 10.8元ありました。

他には、たまたま見た中古携帯屋で iPhoneの偽者があったのでネタで買いました。
偽者なのに結構作り込みが良く感心します。BlueToothも内蔵されており本物よりも高機能です。
ちなみに 800元を 500元に値切って買いましたが、もっと値切れば良かったです。


●タクシー(出租車)
福建のタクシーには「相乗り」は無い様です。


●映画館
チケットは 40元でゆったりしたシートで観れます。
大連と違い予告や映画盗撮禁止のテロップが流れました。
携帯も電源を切っていた気がします。
字幕には英文も出ます。
映画は毛沢東と周恩来、蒋介石の内容でした。

「建国大業」

中国は建国60周年と言う事でテレビも映画も国威発揚の内容が多いと言っていました。
なので、友達は日本人の私に「過去の歴史から日本人と言うだけで毛嫌いする人も居るから一人で出歩く時は注意してね。」と注意てくれました。
幸い私の方はその様な人とは遭遇しませんでした。逆に大連の時と同じく全員が暖かく接してくれました。

●按摩
福建にも按摩屋が存在します。
大体 1時間 50元位です。

●インフル
中国、成田共に形式的な検査をしていました。


●その他


Tags: [中国旅行記], [中国語]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

北京旅行記、中国の北京の旅行記です。
北京旅行記、中国の北京の旅行記です。

  万里の長城や天安門など。大雪が降り大変でした。

大連旅行記、中国の大連の旅行記です。
大連旅行記、中国の大連の旅行記です。

  近いので日本から気軽に行けます。

KanjiHiragana 日本語 漢字 平仮名、超級小巧的日文学習補助軟件
KanjiHiragana 日本語 漢字 平仮名、超級小巧的日文学習補助軟件

  輸入日文,出来 日語的 平仮名。一定 学習日語有用! 日語学習方便軟件!

HiraganaKbd 鼠標日文鍵盤、超級小巧的鼠標日文輸入軟件
HiraganaKbd 鼠標日文鍵盤、超級小巧的鼠標日文輸入軟件

  用慣了鍵盤輸入法,偶爾也嘗鮮一下鼠標輸入法 日語学習方便軟件!



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2009 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/etc/fujian/