HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2005/08/10

R8C/11を使ったEIA-232ラインモニタの製作 R8C/11を使ったEIA-232ラインモニタの製作

(OAKS8-CPU使用、RS-232Cのデバグや調査に便利、(トラ技 2005/09掲載))

Tags: [電子工作]





・参考ページ
Renesas Technology 、R8C/Tiny シリーズ

オークス電子 OAKS8-CPU(R8C/11モジュール)評価ボード(OAKS8-FullKit) の製造販売元

電子生命体の館「えるむ」 LCDモジュール低電圧動作のコツ +3.3V動作させる場合のバイアスの部分を参考にしました

居酒屋ガレージ 液晶表示モジュールを4ビットモードで使ったときの空きピン処理 4ビットモードで使ったときの空きピン処理を参考にしました


本機は OAKS8-CPU を使用し、評価ボードを使用する事で簡単に自作可能です。
ファームウェアをソースリスト付きで公開しています。

詳しくは、 トランジスタ技術 2005年9月号(P.233~238) をご覧ください。

ソフトウェア・ダウンロード・サービス 2005年 9月号 一般記事*R8C/11を使ったEIA-232ライン・モニタの製作 からファームウェア(ソースリスト付き)のダウンロードができます。


・紙面の都合で削除の図表です

ブロック図
フロー図1
フロー図2
フロー図3
各動作モード毎の液晶画面表示



・主役のOAKS8



・OAKS8-FullKitを使用してRS232Cモニタを作りました。


・RS232Cモニタのメニュー画面。


・RS232Cモニタのモニタ中の画面。



OLIMEXで232Cモニタ専用基板を作りました (商品化募集中)

・基本仕様
 非同期232Cラインモニタ
 対応ボーレート:300~115200bpsの12段階(その他、UARTクロックの分周比次第)
 キャラクタ長:7ビット長、8ビット長
 パリティ:パリティ無し、偶数、奇数
 ストップビット:ストップビット1、ストップビット2
 モニタ受信バッファ容量:送受あわせて640バイト
 入力信号レベル:RS-232Cレベルのみ(TTL/C-MOSレベル可能)
 電源不要:RS232CのRTS/DTRからの簡易給電
 画面表示:20桁x4行のキャラクタLCD、
 受信データ表示:16進表示(パリティ、フレーミングエラー表示)、アスキー文字表示
 外形:現場に持ち運び可能な小型軽量

・本機の外観


・動作中の様子





Tags: [電子工作]

●関連するコンテンツ(この記事を読んだ人は、次の記事も読んでいます)

OAKS8をアセンブラで開発
OAKS8をアセンブラで開発

  アセンブリ言語を用いて開発します

トラ技 トランジスタ技術掲載記事
トラ技 トランジスタ技術掲載記事

  筆者のトランジスタ技術掲載記事が PDFで読めます



[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2005 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/hardware/oaks8_rs_monitor/