HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2002/11/25

ATMEL AVRをGNU-GCC(WinAVR) + EtherNutで開発 ATMEL AVRをGNU-GCC(WinAVR) + EtherNutで開発

(完全フリーハード&ソフトで開発)

Tags: [ワンチップCPU]





ATMEL

HERO'S Download Index AVR日本語情報サイト 有志による日本語ドキュメント、すごい便利です!

AVRfreaks.net
の The GNU Ansi C compiler for AVRからダウンロードする。

・Win32 build of avr-gcc 3.3, [11.8M] Apr.23, 2003

なお、私はWINDOWSのMS-DOSのCOMMAND.COM以外の環境(Linuxやcygwin)は眼中にない。
本当は素のDOS環境が好きなのだが、AVR-GCCそのものがロングファイル名や大文字小文字を区別するといったLinux系丸出しの仕様なのでWindows系のMS-DOSを使用する。


とりあえず、 ぐぐるリンク

あと、EtherNutで簡易ネットワークソフトも作ります。

Ethernut ここからダウンロード。

・nut321c.exe (Code)
・nut321d.exe (Documents)
現在3.21までバージョン上がっています、 V2時代の独自だった関数名や手続きが普遍的なものに変わりました。
(V2時代の既存のソースリストは書き換えが必要です。)

インストールディレクトリ
AVR-GCC:E:\WinAVR
Ethernut:E:\WinAVR\00_nut


環境変数の設定
(Nut321)egnite\nut\configure.exeを実行してMakedefsのファイルを生成する。

こんな感じで参考にどうぞ。


rem set environment variables
	set AVR=E:/WinAVR
rem	set CC=avr-gcc
	set PATH=E:\WinAVR\bin;%path%
rem	set PATH=.;E:\WinAVR\bin;%path%

@ECHO OFF
REM This batch file sets the Ethernut environment.
REM

REM *** Remove the REM in front of the second line if you're using an
REM     ATmega 128 CPU.
REM SET MCU=atmega103
SET MCU=atmega128

REM *** Set NUTWORKDIR to the full path where you installed the Ethernut
REM     sources and binaries. Use slashes, not backslashes and do not
REM     add a trailing slash.
SET NUTWORKDIR=E:/WinAVR/00_nut/egnite/nut

REM *** Set AVR to the full path where you installed AVR-GCC. Again slashes
REM     and no trailing slash.
SET AVR=E:/WinAVR

REM *** Set AVRBINPATH to the full path of the AVR-GCC directory containing
REM     the executables. You must use backslashes here, but no trailing
REM     backslash.
SET AVRBINPATH=E:\WinAVR\BIN

REM *** Set NUTBINPATH to the full path of the Ethernut tools. Again
REM     backslashes without a trailing backslash.
SET NUTBINPATH=E:\WinAVR\00_nut\egnite\nut\tools\win32

REM *** No more modifications usually required beyond this line.

IF NOT EXIST %NUTBINPATH%\CRUROM.EXE GOTO ERRNP
IF NOT EXIST %AVRBINPATH%\AVR-GCC.EXE GOTO ERRAP

SET PATH=%NUTBINPATH%;%AVRBINPATH%;%PATH%
GOTO END
rem	DOSKEY
CD %NUTBINPATH%\..\..
COPY Makerules.gcc Makerules
COPY Makedefs.gcc Makedefs
COPY app\Makerules.gcc app\Makerules
COPY app\Makedefs.gcc app\Makedefs
ECHO Ethernut environment set for %MCU% WinAVR
GOTO END

:ERRNP
ECHO ERROR: No tools found in %NUTBINPATH%
GOTO HINT

:ERRAP
ECHO ERROR: No compiler found in %AVRBINPATH%

:HINT
ECHO Please edit batch file %0

:END



http://www.ipic.co.jp/ アイ・ピイ・アイ製の NET/AT128 (ATmega128 + RTL8019AS)
\12,800円
これを購入しました。



とりあえずコンパイル&動作成功


EtherNutのパフォーマンスについて
秋月H3069-LANの方が遥かに速度が速いです。性能的にはPIC-NICと同程度です。
EtherNutの利点はハードもソフトも完全フリーという点くらいです。
EtherNutはF5連打で一定時間死んだフリをします。



Tags: [ワンチップCPU]


[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2002-2003 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/cpu/avr_gcc/