HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2013/01/26

au ISW13F Arrows Z(ICS)で root化可能 au ISW13F Arrows Z(ICS)で root化可能

(ISW13F Arrows Zで ROOT化する方法(V69R51Iは不可))

Tags: [au by KDDI], [Androidスマホ], [富士通], [Root化]





● au ISW13F Arrows Z

au ISW13F Arrows Z

快速クアッドコアCPU搭載 ハイスペック防水スマートフォン
・au ISW13F Arrows Z
au ISW13F Arrows Z





● ADB USB Driver Windows

ADB (Android Debug Bridge) を使用するためのドライバです。
各端末専用のADBドライバは、下記の各メーカーサイトよりダウンロードしてください。

KDDI au ADB (Android Debug Bridge)
FMWORLD(個人) > 携帯電話 > 開発者向けサポート情報 > ISW13F USBドライバ > ダウンロード

usb_driver_ISW13F_1.0.zip



● au ISW13F Arrowsのファーム一覧

 ISW13Fのファームの種類

2012年8月30日 「ARROWS Z ISW13F」の「ケータイアップデート」
 Wi-Fiテザリングの通信速度が低下する場合がある事象の改善など

2012年10月11日 「ARROWS Z ISW13F」の「ケータイアップデート」
 WiMAXがつながりにくい場合がある事象の改善など

2012年11月14日 「ARROWS Z ISW13F」の「ケータイアップデート」
 電源投入ができなくなる場合がある事象の改善など


 2012/07/20: V51R37G ○ 初期出荷時
 2012/08/09: V53R39C ○ 1回目
 2012/08/30: V55R41F ○ 2回目
 2012/10/11: V61R47A ○ 3回目
 2012/**/**: V67R49E ○ (V53R39Cからアップデートした場合)
 2012/11/14: V69R51I × 4回目(下記方法でroot化不可)

 私の場合 2013/01/26に購入の 2012年 7月製で
 2012/08/09: V53R39C ○ (購入時)
 2012/**/**: V67R49E ○ (アップデート 1回目)

※ V69R51Iは init.rc内の SymLink chownが止められてしまったので 下記方法で ROOTEDにできません。一時 ROOTもできません。
※ ROOT状態で V69R51Iにアップデートすると「不正なアプリケーションが~」と出る状態になり、ROOT解除もできないので大変な事になります。

 V69R51Iの ROOT化は続報を待ちましょう。

【ROM焼き】ARROWS X F10D/Z ISW13F 02



● Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)

 ・f-10d_mkdevshkit.zip
f-10d_mkdevshkit.zip


● Arrows Z ISW13Fが ICS(Ice Cream Sandwich)

 確認した ISW13Fのファームの種類
 2012/08/09: V53R39C ○ (私の購入時のファーム)
 2012/**/**: V67R49E ○ (V53R39Cからアップデートした場合のファーム)

f-10d_mkdevshkit.zip
 を使う。
 解凍して readme2.txtを良く読んで理解して実行するだけ。
 (何箇所か書き間違えがあるので注意)

 物凄く簡単に rootが取れます。

 中身的には adb restore技を使います。

 下記の通り ROOT化すると起動時などに「不正なアプリケーションが~」と出ますが、気にしない事にします。

 気になる場合は
/system/lib/libkddisecure_jni.so
 を書き換える。(バイナリエディタを文字列検索して suを xxとかに書き換える。)


(1) adb restore f-10d.ab
(2) 携帯画面に認証が出るのでOK押す
(3) リストアが終わった後に以下のことができるのを確認
(4) 一度file00 ~ file99まで削除

C:> adb restore f-10d.ab

C:> adb shell

shell@android:/ $ cd /data/data/com.android.settings/a/
cd /data/data/com.android.settings/a/

shell@android:/data/data/com.android.settings/a $ ls -l -d
ls -l -d
drwxrwxrwx system   system            2013-01-30 20:37 .

shell@android:/data/data/com.android.settings/a $ cd /data/data/com.android.settings/
com.android.settings/                                                         <

shell@android:/data/data/com.android.settings $ rm -r a/*
rm -r a/*

*/

(5) /dataのパーミッションを777にするよ
(6) /dataのパーミッションを確認

shell@android:/data/data/com.android.settings $ while : ; do ln -s /data a/file99; done
link failed File exists
link failed File exists
 ~~~ 延々と出る ~~~
 ~~~ 延々と出る ~~~

 ~~~ ↓↓↓もう一つコマンドラインを開いて実行する ~~~
C:> adb restore f-10d_2.ab
 ~~~ Android端末側で復元を許可する ~~~
 ~~~ ↑↑↑もう一つコマンドラインを開いて実行する ~~~

link failed No such file or directory ← ここで復元をした
link failed No such file or directory
link failed No such file or directory
link failed No such file or directory
link failed No such file or directory
link failed No such file or directory
link failed No such file or directory
link failed File exists
link failed File exists
link failed File exists
 ~~~ 延々と出る ~~~
 ~~~ 延々と出る ~~~
^C ← CTRL+Cで中断する。
C:>

C:> adb shell
shell@android:/ $ ls -l -d /data
ls -l -d /data
drwxrwxrwx system   system            2011-01-01 09:11 data

shell@android:/ $ exit
exit


(7) 以下のコマンドを実行

C:\> adb push mkdevsh /data/local/tmp/
764 KB/s (648486 bytes in 0.828s)

C:\> adb shell
shell@android:/ $ chmod 777 /data/local/tmp/mkdevsh
chmod 777 /data/local/tmp/mkdevsh
shell@android:/ $ mv /data/local /data/local.org
mv /data/local /data/local.org
shell@android:/ $ mkdir /data/local
mkdir /data/local
shell@android:/ $ ln -s /sys/kernel/uevent_helper /data/local/tmp
ln -s /sys/kernel/uevent_helper /data/local/tmp
shell@android:/ $ ls -l /data/local
ls -l /data/local
lrwxrwxrwx shell    shell             2013-01-30 22:38 tmp -> /sys/kernel/uevent
_helper
shell@android:/ $ exit
exit

※ 下記の 3行は素早く行う事

C:\> adb reboot

C:\> adb wait-for-device shell

$ echo /data/local.org/tmp/mkdevsh > /sys/kernel/uevent_helper

※ 上記の 3行は素早く行う事



(8) WifiをOnしたりOffしたりする(/dev/shが作成される)

C:\> adb shell

shell@android:/ $ ls -l /dev/sh
ls -l /dev/sh
-rwsr-sr-x root     root       151964 2013-01-30 22:39 sh

※ Wifiの操作をしなくても /dev/shができていました。


(9) f10dunlockの実行

C:\> adb push f10dunlock /data
329 KB/s (10548 bytes in 0.031s)

C:\> adb shell chmod 777 /data/f10dunlock

C:\> adb shell

shell@android:/ $ /dev/sh
/dev/sh

※ isw13fの場合
# /data/f10dunlock 1
/data/f10dunlock 1
use ISW13F address
fdaes = -1
open aeswipe error, so try to disable LSM without recovery g_lptsAuthContext
fdaes2 = 3


(10)これで、/systemマウントできるはずなので、su入れるなりしてください

C:\> adb push su /data/local/tmp/

C:\> adb shell

shell@android:/ $ /dev/sh
/dev/sh

# mount -o rw,remount /system /system
mount -o rw,remount /system /system

※ mount: Operation not permittedが出る場合は再度 (9)を実行する。


# cat /data/local/tmp/su > /system/xbin/su
cat /data/local/tmp/su > /system/xbin/su

# chown root.root /system/xbin/su
chown root.root /system/xbin/su

# chmod 06755 /system/xbin/su
chmod 06755 /system/xbin/su

# ls -l /system/xbin/
ls -l /system/xbin/
-rwxr-xr-x root     shell       10028 2012-07-27 22:00 agent
-rwxr-xr-x root     shell        5680 2012-07-27 22:01 attest
-rwsr-sr-x root     root       380532 2013-01-30 22:44 su
-rwxr-xr-x root     shell        9856 2012-07-27 22:01 avinfo
-rwxr-xr-x root     shell        9948 2012-07-27 22:01 avtest
-rwxr-xr-x root     shell       10028 2012-07-27 22:01 bdaddr
-rwxr-xr-x root     shell        9780 2012-07-27 22:00 dbus-monitor
-rwxr-xr-x root     shell       13992 2012-07-27 22:00 dbus-send
-rwxr-xr-x root     shell       59400 2012-07-27 21:59 dexdump
-rwxr-xr-x root     shell       67124 2012-07-27 21:57 diagbridge
-rwxr-xr-x root     shell        9796 2012-07-27 21:57 ftac
-rwxr-xr-x root     shell       18644 2012-07-27 22:01 ftad
-rwxr-xr-x root     shell        9728 2012-07-27 22:01 gaptest
-rwxr-xr-x root     shell      118876 2012-07-27 22:01 gatttool
-rwxr-xr-x root     shell        9788 2012-07-27 22:01 hstest
-rwxr-xr-x root     shell        9816 2012-07-27 22:01 l2ping
-rwxr-xr-x root     shell       18188 2013-01-30 21:39 l2test
-rwxr-xr-x root     shell        5684 2012-07-27 22:01 lmptest
-rwxr-xr-x root     shell       13992 2012-07-27 22:01 rctest
-rwxr-xr-x root     shell       24192 2012-07-27 22:00 rfcomm
-rwxr-xr-x root     shell        9856 2012-07-27 22:01 scotest
-rwxr-xr-x root     shell        5708 2012-07-27 22:01 sdptest

# mount -o ro,remount /system /system
mount -o ro,remount /system /system

# id
id
uid=2000(shell) gid=2000(shell) groups=1003(graphics),1004(input),1007(log),1009
(mount),1011(adb),1015(sdcard_rw),3001(net_bt_admin),3002(net_bt),3003(inet),300
6(net_bw_stats)

# sync;sync;sync;
sync;sync;sync;

# exit
exit

shell@android:/ $ exit
exit

C:\> adb reboot

「不正なアプリケーションが~」が気になる場合は suの代わりに auとしてコピーする方法も有ります。


(番外)お片づけ

※ 番外扱いですが、実行しないとアプリのインストールができないとか色々と不具合が出る。
※ 必ず実行する事

 ROOT状態で実行する

# rm -r /data/file99
rm -r /data/file99

# rm -r /data/data/com.android.settings/a
rm -r /data/data/com.android.settings/a

# rm -r /data/local
rm -r /data/local

# mv /data/local.org /data/local
mv /data/local.org /data/local


 ISW13Fの永久ROOT化成功

C:\> adb shell
shell@android:/ $ su
su
shell@android:/ # id
id
uid=0(root) gid=0(root) groups=1003(graphics),1004(input),1007(log),1009(mount),
1011(adb),1015(sdcard_rw),3001(net_bt_admin),3002(net_bt),3003(inet),3006(net_bw
_stats)
shell@android:/ #




● Titanium Backup root、MyBackup Root、BusyBox Installer

Titanium Backup ★ root TITANIUM TRACK

MyBackup Root RERWARE, LLC

BusyBox Installer JRummy Apps Inc.



● Arrows Z ISW13Fの root化に関するその他の情報

 V53R39Cで ROOT化して V67R49Eにアップデートした場合には
/system/xbin/su
/system/xbin/au
 の SetUIDが落とされた状態で残っていました。(755 -rwxr-xr-x)
 SetUIDが落とされているので User権限で実行しても Root権限になりません。

239 :SIM無しさん:2012/12/10(月) 17:22:28.55 ID:9GMBAlPB
FOTAのパッケージの中身が見られれば、
フレームワークとしてSetUIDされてるの
すべて落とすのか、それともsuだけ落とす
のかで、やり方ありそうな気もするね。→ISW13F

264 :SIM無しさん:2012/12/30(日) 09:47:23.28 ID:nN/6DpIE
お、久々かけるな。
suのファイル自体はSetUIDを落とされて残っているので、
どうするか考え中。


結論: SetUIDはすべて落とした状態でファイルは残る

※ この事から ROOT状態で V69R51Iにアップデートすると「不正なアプリケーションが~」と出る状態になり、しかも system領域に残った suファイルを削除できないので ROOT解除もできず大変な事になります。

※ その他:ROOTED端末でパズドラ(パズル&ドラゴンズ)は動きません。



C:\> adb pull /system/lib/libkddisecure_jni.so
602 KB/s (9644 bytes in 0.015s)
・suを文字列検索して書き換える
suを文字列検索して書き換える




● au ISW13F Arrows Zにオススメの 32GB microSDHC UHS-I規格に対応

 サンディスク
 CLASS 10に対応
 UHS-I規格に対応

 SANDISK フラッシュカード SDSDQUA-032G-U46A 通常配送無料(一部除く)

SANDISK フラッシュカード SDSDQUA-032G-U46A
ASIN: B007XZM6VG
メーカー型番: SDSDQUA-032G-U46A


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)


・Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)
Arrows Z ISW13Fの root化の方法(永久root化が可能)





● ISW13Fのバッテリー消費

 ISW13F 連続通話時間
 100%の状態から 100分通話で 30%消費

 ISW13F 付属の Sonic4を動かして放置した時。連続動作可能時間 2時間
・au ISW13F Arrowsのバッテリー消費グラフ 動作可能時間 2時間
au ISW13F Arrowsのバッテリー消費グラフ 動作可能時間 2時間





● ISW13F用のケース

 ARROWS X F-10Dと ARROWS Z ISW13Fは充電端子部分の違いだけで共通で使えます。

 ※ ARROWS X F-10Dは Qi無接点充電に対応なので ISW13Fの充電端子が有りません。



● auのパケット規制の実験、パケット通信速度の規制

> 直近3日間のスマートフォン通信ご利用パケット数が300万パケット以上のお客さまについては、スマートフォン通信の通信速度を制御し、他のお客さまの通信環境への影響を軽減致します。

 制限後の1日あたりの最大パケット通信量 およそ 2400万パケット
 (24000000*128=3072000000 およそ 3ギガバイト)
 パケット通信料 60万円程度(0.025円 ISフラット加入時)

 ※ 「コンテンツいかが」で契約した携帯にはスパムメールが死ぬほど来るので要注意。


● ISW13F スペック
プラットフォーム Android4.0
CPU Tegra 3 AP33
Wi-Fi規格IEEE802.11a/b/g/n
Bluetooth ver.4.0
グローバルパスポート(CDMA/GSM/UMTS)
Wi-Fiテザリング(最大8台)
WIN HIGH SPEED
WiMAX
サイズ(幅) 約67 サイズ(高さ) 135 サイズ(厚さ) 10.6mm
重量約145g
連続通話時間(音声通話時) 470分
連続待受時間 (3Gエリア/3GとWiMAXデュアル) 約450時間/約280時間
ディスプレーサイズ(メインディスプレー) 約4.6インチ ディスプレータイプ(メインディスプレー) TFT 液晶最大表示色数 約1,677万色
内蔵メモリ 約16GB
外部メモリ(対応カード最大容量) 2GB microSD/32GB microSDHC
バッテリー 1800mAh IPX5/IPX8等級の防水・IP5X等級の防塵



Tags: [au by KDDI], [Androidスマホ], [富士通], [Root化]


[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2013 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/android/au_isw13f_arrows_z/