HOME
  Security
   Software
    Hardware
  
FPGA
  CPU
   Android
    Raspberry Pi
  
nLite
  Xcode
   etc.
    ALL
  
English Translate 中文翻訳
LINK
BACK
 

2014/05/03

au FJL21を永久root化する方法、Android 4.1.2搭載 au FJL21を永久root化する方法、Android 4.1.2搭載

(au Fujitsu FJL21を余り SIM活用のため購入、139g とても重い)

Tags: [au by KDDI], [Androidスマホ], [富士通], [Root化]





● au FJL21を買ってみた

 auの LTE SIMが余っており、使用できる端末が無かったのでオークションで購入しました。
 重量が 139gととても重いです。

・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた


・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた


・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた


・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた


・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた


・FJL21を買ってみた
FJL21を買ってみた




● au FJL21のファームウェア ビルド番号の一覧

Android 4.0.4
V23R39X
V35R45B
V37R47A 2013年5月30日
V39R48C 2013年8月22日
V41R50K 2014年1月30日 Android 4.0.4の最終版

Android 4.1.2
V07R30B 2014年1月30日
V08R31A 2014年3月17日 Android 4.1.2の最終版

2013年5月30日 V37R47A ARROWS ef FJL21 アップデート情報
2013年8月22日 V39R48C ARROWS ef FJL21 アップデート情報
2014年1月23日 V07R30B ARROWS ef FJL21 アップデート情報
ARROWS ef FJL21 Android 4.1 OSアップデートトップ
2014年3月17日 V08R31A ARROWS ef FJL21 アップデート情報



● au FJL21用 ADB用USBドライバ

FMWORLD(個人) > 携帯電話 > 開発者向けサポート情報

 オープンソースソフトウェア、カーネルのソースコードの開示も有り。


● au FJL21 Root化

 3385676.zipをダウンロードして解凍する。

 au FJL21 Root化 対応ファーム
DEVICE_FJL21_V23R39X V23R39X Android 4.0.4
DEVICE_FJL21_V37R47A V37R47A 2013/05/30 Android 4.0.4
DEVICE_FJL21_V39R48C V39R48C 2013/08/22 Android 4.0.4
DEVICE_FJL21_V08R31A V08R31A 2014/03/17 Android 4.1.2の最終版

au ARROWS ef FJL21 part5
369 :SIM無しさん:2015/01/04(日) 01:55:12.50 ID:4vJ96eED.net[2/6]
とりあえず動いてはいるみたいなのでアップします
FJL21をadb接続可能にしてあれば、runme.batを動かせばあとは動くはず

http://www1.axfc.net/u/3385676?key=fjl21

 V08R31A 2014年3月17日 Android 4.1.2の最終版で root化を確認済み。
 ※ SuperSUを起動し、バイナリの更新をすると LSM解除等の関係で「インストール中...」の状態になったままになります。suバイナリの更新は LSM解除等を含め手動で行う必要が有ります。
 ※ suバイナリの更新をしなくても Titanium Backup rootは動きました。

> runme.bat
-- FJL21 (V08R31A) rootツール移動ワンクリ --

F-06E rootスレ292氏、fi01氏が公開されているツールを参考に作成致しました。

動作未確認テストver.です。また、一切無保証です。
また実行によりroot奪取成功するとメーカー保証が受けられなくなります。
自己責任にて実行する場合のみ何かボタンを押してください。
中止する場合はウィンドウ右上のxを押してください。

続行するには何かキーを押してください . . .
必要ファイル移動中...

1406 KB/s (1867568 bytes in 1.296s)
1826 KB/s (2483828 bytes in 1.328s)
2102 KB/s (2152968 bytes in 1.000s)
1928 KB/s (2283172 bytes in 1.156s)
1392 KB/s (89088 bytes in 0.062s)
1633 KB/s (104556 bytes in 0.062s)
1902 KB/s (5904943 bytes in 3.031s)

一時root取得&LSM解除中&su設置まで一気に・・・

/data/local/tmp/install_backdoor
/data/local/tmp/unlock_lsm_fjsec
/data/local/tmp/run_root_shell
mount -o rw,remount /system
dd if=/data/local/tmp/su of=/system/xbin/su
chown 0.0 /system/xbin/su
chmod 6755 /system/xbin/su
mount -o ro,remount /system
exit
exit
shell@android:/ $ /data/local/tmp/install_backdoor
Attempt acdb exploit...
FJL21 (V08R31A) is not supported.
Attempt put_user exploit...
install_mmap: success
shell@android:/ $ /data/local/tmp/unlock_lsm_fjsec
security_ops = 0xc0e8b210
bprm_set_creds_func <fjsec_bprm_set_creds>: not found
0xc0e8b21c = 0xc0285c0c <cap_ptrace_access_check>
0xc0e8b220 = 0xc02889dc <fjsec_ptrace_traceme>
0xc0e8b224 = 0xc02890c8 <fjsec_ptrace_request_check>
0xc0e8b228 = 0xc0285cb4 <cap_capget>
0xc0e8b22c = 0xc0285d08 <cap_capset>
0xc0e8b230 = 0xc0285b34 <cap_capable>
0xc0e8b234 = 0xc0288238 <cap_quotactl>
0xc0e8b238 = 0xc028824c <cap_quota_on>
0xc0e8b23c = 0xc0288224 <cap_syslog>
0xc0e8b240 = 0xc0285be8 <cap_settime>
0xc0e8b244 = 0xc02869ac <cap_vm_enough_memory>
0xc0e8b248 = 0xc028600c <cap_bprm_set_creds>
0xc0e8b24c = 0xc0288260 <cap_bprm_check_security>
0xc0e8b250 = 0xc0286400 <cap_bprm_secureexec>
0xc0e8b254 = 0xc0288274 <cap_bprm_committing_creds>
0xc0e8b258 = 0xc0288284 <cap_bprm_committed_creds>
0xc0e8b25c = 0xc0288294 <cap_sb_alloc_security>
0xc0e8b260 = 0xc02882a8 <cap_sb_free_security>
0xc0e8b264 = 0xc02882b8 <cap_sb_copy_data>
0xc0e8b268 = 0xc02882cc <cap_sb_remount>
0xc0e8b26c = 0xc02882e0 <cap_sb_kern_mount>
0xc0e8b270 = 0xc02882f4 <cap_sb_show_options>
0xc0e8b274 = 0xc0288308 <cap_sb_statfs>
0xc0e8b278 = 0xc028afa4 <fjsec_sb_mount>
0xc0e8b27c = 0xc028b8b8 <fjsec_sb_umount>
0xc0e8b280 = 0xc028ba5c <fjsec_sb_pivotroot>
0xc0e8b284 = 0xc02889c0 <cap_sb_set_mnt_opts>
0xc0e8b288 = 0xc028831c <cap_sb_clone_mnt_opts>
0xc0e8b28c = 0xc028832c <cap_sb_parse_opts_str>
0xc0e8b290 = 0xc028a708 <fjsec_path_unlink>
0xc0e8b294 = 0xc0289ea8 <fjsec_path_mkdir>
0xc0e8b298 = 0xc0289e5c <fjsec_path_rmdir>
0xc0e8b29c = 0xc028b384 <fjsec_path_mknod>
0xc0e8b2a0 = 0xc0289e10 <fjsec_path_truncate>
0xc0e8b2a4 = 0xc028a480 <fjsec_path_symlink>
0xc0e8b2a8 = 0xc028a1e0 <fjsec_path_link>
0xc0e8b2ac = 0xc0289ef4 <fjsec_path_rename>
0xc0e8b2b0 = 0xc028bcb8 <fjsec_path_chmod>
0xc0e8b2b4 = 0xc028beac <fjsec_path_chown>
0xc0e8b2b8 = 0xc028b6c0 <fjsec_path_chroot>
0xc0e8b2bc = 0xc0288340 <cap_inode_alloc_security>
0xc0e8b2c0 = 0xc0288354 <cap_inode_free_security>
0xc0e8b2c4 = 0xc0288364 <cap_inode_init_security>
0xc0e8b2c8 = 0xc0288378 <cap_inode_create>
0xc0e8b2cc = 0xc028838c <cap_inode_link>
0xc0e8b2d0 = 0xc02883a0 <cap_inode_unlink>
0xc0e8b2d4 = 0xc02883b4 <cap_inode_symlink>
0xc0e8b2d8 = 0xc02883c8 <cap_inode_mkdir>
0xc0e8b2dc = 0xc02883dc <cap_inode_rmdir>
0xc0e8b2e0 = 0xc02883f0 <cap_inode_mknod>
0xc0e8b2e4 = 0xc0288404 <cap_inode_rename>
0xc0e8b2e8 = 0xc0288418 <cap_inode_readlink>
0xc0e8b2ec = 0xc028842c <cap_inode_follow_link>
0xc0e8b2f0 = 0xc0288440 <cap_inode_permission>
0xc0e8b2f4 = 0xc0288454 <cap_inode_setattr>
0xc0e8b2f8 = 0xc0288468 <cap_inode_getattr>
0xc0e8b2fc = 0xc0286498 <cap_inode_setxattr>
0xc0e8b300 = 0xc028847c <cap_inode_post_setxattr>
0xc0e8b304 = 0xc028848c <cap_inode_getxattr>
0xc0e8b308 = 0xc02884a0 <cap_inode_listxattr>
0xc0e8b30c = 0xc0286514 <cap_inode_removexattr>
0xc0e8b310 = 0xc0285e94 <cap_inode_need_killpriv>
0xc0e8b314 = 0xc0285ee0 <cap_inode_killpriv>
0xc0e8b318 = 0xc02884b4 <cap_inode_getsecurity>
0xc0e8b31c = 0xc02884c8 <cap_inode_setsecurity>
0xc0e8b320 = 0xc02884dc <cap_inode_listsecurity>
0xc0e8b324 = 0xc02884f0 <cap_inode_getsecid>
0xc0e8b328 = 0xc028a98c <fjsec_file_permission>
0xc0e8b32c = 0xc0288508 <cap_file_alloc_security>
0xc0e8b330 = 0xc028851c <cap_file_free_security>
0xc0e8b334 = 0xc028852c <cap_file_ioctl>
0xc0e8b338 = 0xc028ad6c <fjsec_file_mmap>
0xc0e8b33c = 0xc0288540 <cap_file_mprotect>
0xc0e8b340 = 0xc0288554 <cap_file_lock>
0xc0e8b344 = 0xc0288568 <cap_file_fcntl>
0xc0e8b348 = 0xc028857c <cap_file_set_fowner>
0xc0e8b34c = 0xc0288590 <cap_file_send_sigiotask>
0xc0e8b350 = 0xc02885a4 <cap_file_receive>
0xc0e8b354 = 0xc0289934 <fjsec_dentry_open>
0xc0e8b358 = 0xc02885b8 <cap_task_create>
0xc0e8b35c = 0xc02885cc <cap_task_free>
0xc0e8b360 = 0xc02885dc <cap_cred_alloc_blank>
0xc0e8b364 = 0xc02885f0 <cap_cred_free>
0xc0e8b368 = 0xc0288600 <cap_cred_prepare>
0xc0e8b36c = 0xc0288614 <cap_cred_transfer>
0xc0e8b370 = 0xc0288624 <cap_kernel_act_as>
0xc0e8b374 = 0xc0288638 <cap_kernel_create_files_as>
0xc0e8b378 = 0xc028864c <cap_kernel_module_request>
0xc0e8b37c = 0xc0288a58 <fjsec_kernel_load_module>
0xc0e8b380 = 0xc0286590 <cap_task_fix_setuid>
0xc0e8b384 = 0xc0288660 <cap_task_setpgid>
0xc0e8b388 = 0xc0288674 <cap_task_getpgid>
0xc0e8b38c = 0xc0288688 <cap_task_getsid>
0xc0e8b390 = 0xc028869c <cap_task_getsecid>
0xc0e8b394 = 0xc02867e0 <cap_task_setnice>
0xc0e8b398 = 0xc02867cc <cap_task_setioprio>
0xc0e8b39c = 0xc02886b4 <cap_task_getioprio>
0xc0e8b3a0 = 0xc02886c8 <cap_task_setrlimit>
0xc0e8b3a4 = 0xc02867b8 <cap_task_setscheduler>
0xc0e8b3a8 = 0xc02886dc <cap_task_getscheduler>
0xc0e8b3ac = 0xc02886f0 <cap_task_movememory>
0xc0e8b3b0 = 0xc0288718 <cap_task_kill>
0xc0e8b3b4 = 0xc0288704 <cap_task_wait>
0xc0e8b3b8 = 0xc02867f4 <cap_task_prctl>
0xc0e8b3bc = 0xc028872c <cap_task_to_inode>
0xc0e8b3c0 = 0xc028873c <cap_ipc_permission>
0xc0e8b3c4 = 0xc0288750 <cap_ipc_getsecid>
0xc0e8b3c8 = 0xc0288768 <cap_msg_msg_alloc_security>
0xc0e8b3cc = 0xc028877c <cap_msg_msg_free_security>
0xc0e8b3d0 = 0xc028878c <cap_msg_queue_alloc_security>
0xc0e8b3d4 = 0xc02887a0 <cap_msg_queue_free_security>
0xc0e8b3d8 = 0xc02887b0 <cap_msg_queue_associate>
0xc0e8b3dc = 0xc02887c4 <cap_msg_queue_msgctl>
0xc0e8b3e0 = 0xc02887d8 <cap_msg_queue_msgsnd>
0xc0e8b3e4 = 0xc02887ec <cap_msg_queue_msgrcv>
0xc0e8b3e8 = 0xc0288800 <cap_shm_alloc_security>
0xc0e8b3ec = 0xc0288814 <cap_shm_free_security>
0xc0e8b3f0 = 0xc0288824 <cap_shm_associate>
0xc0e8b3f4 = 0xc0288838 <cap_shm_shmctl>
0xc0e8b3f8 = 0xc028884c <cap_shm_shmat>
0xc0e8b3fc = 0xc0288860 <cap_sem_alloc_security>
0xc0e8b400 = 0xc0288874 <cap_sem_free_security>
0xc0e8b404 = 0xc0288884 <cap_sem_associate>
0xc0e8b408 = 0xc0288898 <cap_sem_semctl>
0xc0e8b40c = 0xc02888ac <cap_sem_semop>
0xc0e8b410 = 0xc0285b20 <cap_netlink_send>
0xc0e8b414 = 0xc02888c0 <cap_d_instantiate>
0xc0e8b418 = 0xc02888d0 <cap_getprocattr>
0xc0e8b41c = 0xc02888e4 <cap_setprocattr>
0xc0e8b420 = 0xc02888f8 <cap_secid_to_secctx>
0xc0e8b424 = 0xc028890c <cap_secctx_to_secid>
0xc0e8b428 = 0xc0288924 <cap_release_secctx>
0xc0e8b42c = 0xc0288934 <cap_inode_notifysecctx>
0xc0e8b430 = 0xc0288948 <cap_inode_setsecctx>
0xc0e8b434 = 0xc028895c <cap_inode_getsecctx>
0xc0e8b438 = 0xc0288970 <cap_key_alloc>
0xc0e8b43c = 0xc0288984 <cap_key_free>
0xc0e8b440 = 0xc0288994 <cap_key_permission>
0xc0e8b444 = 0xc02889a8 <cap_key_getsecurity>
  20 functions are fixed.
  0 functions are modified.
shell@android:/ $ /data/local/tmp/run_root_shell


Device detected: FJL21 (V08R31A)

Attempt acdb exploit...
FJL21 (V08R31A) is not supported.

Attempt fj_hdcp exploit...

Attempt msm_cameraconfig exploit...

Attempt put_user exploit...
shell@android:/ # mount -o rw,remount /system
shell@android:/ # dd if=/data/local/tmp/su of=/system/xbin/su
204+1 records in
204+1 records out
104556 bytes transferred in 0.015 secs (6970400 bytes/sec)
shell@android:/ # chown 0.0 /system/xbin/su
shell@android:/ # chmod 6755 /system/xbin/su
shell@android:/ # mount -o ro,remount /system
shell@android:/ # exit
shell@android:/ $ exit

Superuser.apkをインストール中...

1757 KB/s (5904943 bytes in 3.281s)
        pkg: /data/local/tmp/Superuser.apk
Success


完了しました。おつかれさまでした。
続行するには何かキーを押してください . . .

/system/xbinにsuバイナリが設置されていることを確認してください。
SuperSUを起動し、バイナリの更新等出れば設置されています。
SuperSUを起動し、suバイナリがありませんの様なエラーが出たら失敗しています。
続行するには何かキーを押してください . . .

>


● au FJL21用 激安スマホ シェルカバー ケース


ELECOM au ARROWS ef FJL21 シェルカバー ラバー ブラック 【液晶保護フィルム付】 PA-FJL21PVRBK
ASIN: B009YQKV00

メーカー型番 : PA-FJL21PVRBK
対応機種 : au ARROWS ef(FJL21)
セット内容 : ケース本体×1、液晶保護フィルム×1
フィルム材質 : ケース本体:ポリカーボネート
フィルム寸法 : マットブラック
サイズ : 表面:PET、接合面:シリコン


● FJL21スペック

発売日:2012年11月2日
ディスプレイ:約4.3インチHD(720x1280 TFT液晶[1677万色])
OS:Android 4.0 → Android 4.1.2
チップセット:Qualcomm Snapdragon S4 MSM8960 デュアルコア 1.5GHz
メモリ:内蔵ストレージ 8GB / RAM 1GB
サイズ:約62×127×10.7mm
重さ:約139g
メインカメラ:約810万画素/CMOS
サブカメラ:約120万画素/CMOS
バッテリー:約1800mAh
4G LTE:○
WIN HIGH SPEED:○
Wi-Fi:IEEE802.11a/b/g/n
テザリング:○(10台まで)
Bluetooth通信:Ver.4.0
防水:○
おサイフケータイ:○
ワンセグ:◯
赤外線通信:○
緊急速報メール:○
au スマートパス:○
安心アクセス for Android:○
グローバルパスポート:○
GPS:○
NFC:○
外部メモリー(最大対応容量):microSDXC(64GB)
カラー:ソリッドブラック、ソフトブルー、ピンクゴールド




Tags: [au by KDDI], [Androidスマホ], [富士通], [Root化]


[HOME] | [BACK]
リンクフリー(連絡不要、ただしトップページ以外は Web構成の変更で移動する場合があります)
Copyright (c) 2014 FREE WING,Y.Sakamoto
Powered by 猫屋敷工房 & HTML Generator

http://www.neko.ne.jp/~freewing/android/au_fjl21/